秋田旅 Vol.2  2018-04-18

旅の話

すみません、「つづく…」から既に10日が経過してしまいました^^;
何だかタイミングを逃した感じですが、「続きを楽しみにしています!」と先日声を掛けられて…。
慌ててパソコンに向かっております。

さて、メインイベント『満月のあかあかや月 蔵出しイベント』に参加。
新月の夜(1/17)に仕込んで、満月の夜(3/31)に初蔵出し、それを皆でお祝いしながら頂くパーティー。
クラウドファンディングにて資金を集め、この企画をされたのは田沢湖湖畔にある「湖畔の杜ビール (株)トースト」さんです。

こちら↓↓クラウドファンディングページですので、ご覧になって下さい。

3月31日18時、続々と参加者がこちらの会場に集まってきました。
IMG_6918.jpg 

30176424_1620651304678121_359083806_o.jpg 
今回一緒に行ったメンバー♡
左から、関口さん・私・敦子さん・彩子さん・谷口先生。
最近よくご一緒する仲良しの皆さんです♪

田沢湖湖畔にある「レストランORAE」に到着。昨日とは打って変わって曇り空。
メインイベントに満月は出てくれるのか…と心配しながら会場入り。

まずは厳かに神事から始まりました。神様に感謝を込めて…。
IMG_6923.jpg 

IMG_6924.jpg 
経営者でもあり醸造責任者、関口久美子さん。
「酒は風土を醸すもの」というのがこちらの会社のポリシー。関口さんはこの田沢湖の景色が、自然が、人が好きで、ここで風土を活かした酒造りをしたいと20年前に社長である門脇さんと立ち上げられたそうです。月の満ち欠けの力で醸造したビールを作りたいという20年の想いをこの度実現されました。

新月(1/17)に仕込んで、2月16日後発酵終了。そして3月31日満月の夜、初蔵出し!
毎日の想いを言葉にしたためられていました。こちらを抜粋して朗読。
30710815_1889290847770467_6600244773984927744_n.jpg 

30703829_1889291167770435_1475702895495086080_n.jpg 
どういった想いでビール造りをされていたのか、聴きながら自然と涙がこぼれました。
最近谷口先生や色々素敵な皆様からお話を伺い、奥出雲で生活をする中で気付かされた「自然の中に生かされている」という事。まさに、関口さんは自然の声を聞き、自然に対峙しながらビール造りをされていました。

社長の門脇さんが仰ってました。「実は私は科学者です。色んな研究をしてきましたが、証明できないことが沢山あります。今回のこの月の満ち欠けの力で醸造したビール、酵母やビール自体に与える月の影響は数値等でハッキリ明示するものはありませんし、分かりません。ですが、確実に良いビールになるという確信があります!」と。

私自身、もう少しの知識の必要性と、でも一番大事な事は感じる力を養う事だと思いました。


こちらです↓↓ 目の前のタンクから出てきた初蔵出しビールを全員で頂きました!(感動☆彡)
30706628_1889294991103386_6708327909456609280_n.jpg 

ご存じだとは思います、私、大のお酒好き♪
しかし・・・実はビールだけ飲めないんです…。(美味しいと思えないんです。)
でも、これはお世辞抜きで美味しかった!どう表現したらいいのか、身体が喜ぶ美味しさ、とでも言いましょうか。飲めない私がぐびぐび頂ける美味しさでした!

和やかなパーティー。主催者の皆さんの計らいで、花火が上がったり、2018ミスインターナショナルのミスと準ミスの皆さんが来られていたり・・・残念ながら曇り空で満月を見る事は出来ませんでしたが、本当に素敵なパーティーでした♡
IMG_6922.jpg 


関口久美子さんと色々お話させて頂き、経営者としての想い、醸造家としての想い、葛藤をお聞きし、私自身和菓子屋として色々考えさせられることが多かったです。
今回お誘い頂いて、少し気楽な感じでビールパーティーに参加したのですが、思った以上に素晴らしい、そして考えさせられる時間となりました。

さて、私は一体どこまで本気でお菓子の事を考えているのか…。
私が伝えたいと思っている想いは、社長である兄は、ずっと頑張ってきた両親は、一緒に頑張ってくれるスタッフは。恥ずかしい・情けない・みんなの想い、これだけは伝えたい・・・色んな想いが湧き上がってきました。

そして『風土』という言葉。改めて素敵だなと思いました。
私はお菓子を通して奥出雲の風土を伝えてゆきたい…。

奥出雲讃菓松葉屋
自然豊かで人情の厚いこの地域を誇りに思い、ここで育まれたことに感謝し、
ふるさとの心、文化・歴史をお菓子に織り込み
豊かな浪漫として、現代に、そして、未来へと伝えてゆきます。
ここ私達の奥出雲を讃えたい、そんな気持ちでお届けします。

私どもの変わらない想い。
お菓子と奥出雲と自然に、もう少しちゃんと向き合う、そんな事を思って帰りました。

後日、関口久美子さんとメールでやり取りさせて頂いた時、この様なお返事を頂きました。
『私ごときの事々が、大志を抱いて事にあたっておられる内田さんに影響を与えた等と、そんなことはありません。もしそうだとしたらそれはわたしではなく、神様のなさった事です。』
『御礼参りに出雲へも伺います。』と。
謙虚な関口さんに、見習うところが沢山あります!!



さてこのビール、クラウドファンディングで支援した方しか飲むことができません。
しかし、チャンスがあります!!
IMG_6945.jpg 

いつも私達に沢山の事を教えて下さる、谷口正次先生と前田審議官のシンポジウムが5月13日(日)東京で行われます。
(以前このブログで紹介済み→http://okuizumosanka.blog.fc2.com/blog-entry-505.html

実は、こちらの懇親会にてこのビールが振る舞われるのです!!!
しかも!!!関口久美子さんがこちらのシンポジウムに参加されることが決まりました☆彡
(なんと嬉しいことでしょう。再会が楽しみです♪)
私はスタッフとして当日会場におりますので、是非谷口先生、前田審議官、そして尾本先生のお話を聴きにお越し下さい!関口久美子さんに会いにお越し下さい♡
参加希望の方は私までご連絡頂くと、申し込みをしておきます。(無理を言って咲子枠確保してあります)


最後はご紹介になりましたが、改めて、お誘い頂いた前田さん、ご一緒させて頂いた皆さん、そして関口久美子さんに御礼申し上げます。ありがとうございました!



つづく…。

















秋田旅 vol.1 2018-04-08

旅の話

さて、ようやく秋田のお話。3回に分けてご紹介しますね!


今から数か月前、331日満月の日に田沢湖に浮かぶ月を見ながらビールを飲むパーティーがあるから来ませんかとのお誘いを頂きました。こんな事でもなければ、きっと秋田に行く機会はそうそうないと思ったので月末・年度末でしたが二つ返事で行くことに。友人たちにも声を掛け、島根関係者チームとして7名で参加して来ました。

 

まずは秋田に初めて降り立った感想を。そしてVol.2ではビールパーティーのお話を、vol.3では最終日の出来事&まとめについて書きます。

 

3月30日、初日。出雲発の1便に乗り込み羽田経由で秋田空港まで、飛行機を使って移動。そして秋田空港からエアポートライナーを申し込んでいたので、乗車時刻まで先ずは腹ごしらえという事で空港内レストランに。全く秋田は何が名物で、どんな観光地があるか等、今回は旅というよりパーティー参加の為だったので特に調べる事もなくレストランに入ると、秋田の名物色々メニューがあり知りました。比内地鶏・稲庭うどん・きりたんぽ・いぶりがっこ…。そうか、これが秋田の名物か…。

「いぶりがっこ」初めて聞く名前、一体何なのか…。店員さんに聞くと「たくあんの燻製です」と。初めての味に、これはハマりました!!
IMG_6850.jpg 

IMG_6849.jpg 


食事を済ませエアポートライナー乗り場へ。想像と違い、乗り合いタクシーでした。お客さんは私一人、出発時間を15分前倒しして出発して下さり、そして「もしご希望でしたら道の駅とか寄れますよ。」となんとも嬉しい申し出。空港から目的地田沢湖近くの駒ヶ岳温泉まで約1時間ちょっと、道の駅に寄ってもらったり、色々秋田の話を聞かせてもらったり、とても楽しいドライブとなりました。そして料金がたったの3,600円!ドアtoドアでですよ…、しかも。出雲空港から奥出雲まで約1時間タクシーを使うと14千円位なので、これには驚きでした。どういう仕組みになっているのか、奥出雲にもこんなサービスがあったらいいなぁと思いながらの乗車でした!

 

初めて降り立った秋田の景色。空港から田沢湖まで、360℃山に囲まれ、もう数日で4月になるというのに、しっかりと積もった遠くの雪山。まだまだ残雪の残る風景は、山に囲まれている奥出雲とはまた違った淋しさを感じる景色でした。

IMG_6844.jpg 

 

幹線道路から舗装されていいないデコボコ道をガタガタ揺られながら5~10分。山の中にひっそり「駒ヶ岳温泉」はありました!前泊組の皆さんとここで合流。全員が揃うまで温泉入ってお風呂でのんびり…、贅沢な時間です。


IMG_6875.jpg 

 

そしてお誘い頂いた方を含め数名以外は皆さま初めましての前夜祭。東京からのお客様が多い中、三重の皆様、大分から、そして島根からは私一人…、ここでようやく今回のビールパーティーの意味が見えてきました!これは明日が楽しみだぞ・・・とワクワクしながら、秋田の美味しい地酒とここでも出てきたいぶりがっこを堪能しました!

IMG_6851.jpg 


すると思いがけない乳頭温泉へのお誘い♡ 半数近くの皆さんで宴会を途中抜け出し、宿からマイクロバスに乗車。更に山の方へ向かって行くと道路の残雪が、どんどん高く深くなっていくではないですか。20分くらいと聞いていたのに、乳頭温泉の入り口看板に入ってからまた更に10分位・・・この先に温泉なんてあるのだろうか?!と田舎道に慣れている私でもちょっと心配になるくらいなところを通って行きました。雪国からやってきた私は、「奥出雲が雪深いとか言ってごめんなさい。」と思うほど、それはそれは雪深いところでした。

到着して更にビックリ!何とも風情のある、素敵な温泉宿。ここを知らないなんて、勉強不足ですみません、とまたもや申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

実は今回ミスインターナショナル2018のミスと準ミスの女性たちが一緒だったので、彼女たちと露天風呂へ!美女と乳白色のお湯と満点の星空を眺めながら、しばし色んな事を忘れさせてくれる素敵な時間でした。

IMG_7084.jpg 


IMG_6861.jpg 


お部屋に帰った私は、旅の心地よい疲れと、素敵な皆様に囲まれほろ酔い気分…あっという間に夢の中へ☆彡


31日、二日目。

6:30に起き、朝風呂へ。この駒ヶ岳温泉は乳頭温泉とはまた違う泉質。湯の花が凄くて最初はビックリしましたが、こちらも素敵な温泉でした!
朝食を済ませイクロバスに乗車。眼下に見える田沢湖にワクワクしながら次の宿へ。チェックインを済ませ荷物だけ置いて、途中友人彩子さんも合流し、皆で角館へと向かいました。

IMG_6885.jpg 


IMG_6912.jpg 
角館も初めて聞く地名。武家屋敷、桜が有名などとはつゆ知らず…^^;
ご案内頂いたコースは、酒蔵→昼食会場→武家屋敷でした!
残念ながら写真のような桜の景色は見る事ができず…。どうやら4月下旬からGWが見頃のようです。
これは是非ともこの時期に再訪したいと思わされるポスターでした!


IMG_6889.jpg IMG_6892.jpg
『秀よし』さんという300年以上の歴史ある酒蔵さんへ。
アメリカ人の方のご案内でした。

IMG_6898.jpg
比内地鶏の親子丼と稲庭うどんセット。
もちろん「いぶりがっこ」付き。あまりに美味しくて、いぶりがっこ買わせてもらいました!

IMG_6905.jpg
アイススケートの「ザキトワちゃん」で有名になった秋田犬!
武家屋敷のお家で飼われているからか、「武家丸君」という名前でした。

IMG_6907.jpgIMG_6909.jpg

彩子さんと二人で武家屋敷巡り。歴史を知らずに回るので、ここで説明できるほど何も分かってはいませんが、うわぁ、ここに住んでいる方たち大変だなぁという印象でした。
というのも、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているエリアに1軒、猫に関するグッズをそのお家を店舗にしてご商売されている所がありました。そこに入ってみると、女性が1名おられたのでお話を伺うと、その家に生まれた方でこのエリアの歴史、昔から続くしきたりやを話して下さいました。
まさに、田舎あるある!
豪雪地帯でもあり、古いしきたりが残るエリアでの暮らしの大変さ、こちらで聞く話とそんなに変わりはないなぁと。
そして1軒有料のお屋敷を拝見しましたが、大きくて凄いんですが、超寒い!!この敷地内の裏では十何代続くご家族が未だ住まれているとの事で、色んな意味でのご苦労が目に浮かぶようでした。

15:45、東京から来る友人達と角館駅で待ち合わせまで、彩子さんと二人じっくり観光。
おみやげ物屋さんや、お菓子屋さん、かりんとう屋さん、喫茶店・・・、入った先々でお店の方に声を掛け色々と教えてもらいました!やっぱり旅は、地元の方に話を聞くのが一番ですね!!

殆ど標準語しか聞こえてこなかったのですが、1軒のお土産屋さんに入った時、1人のおばあちゃんがお店の方と方言で話をされました。全く聞き取れず・・・でも、その土地の方言が聞けて嬉しかったです♡
方言も一つの文化、やはり消えゆくのは淋しい・・・自分もあまり話さないのですが、旅をしてみるとそんな風に感じました。

ゆっくりし過ぎて、大慌てで角館駅へ!
友人敦子さん、谷口先生&関口さんと合流。
無料送迎バスにて、温泉ゆぽぽ(宿)へと向かいました。

さて、いよいよビールパーティです♪


つづく…。

桜、満開。 2018-04-03

つぶやき

待ち遠しかった春が、奥出雲にもやって来ました!
1日、日曜日に帰り、昨日今日が暖かかったので、あっという間に満開🌸
夕べ、家族と木次の花見に行ってきたのですが、帰り道、月がとても美しかったです。
帰ってから、家の近くの桜を見に行ったら、お月さまと桜が話しかけてくれました!

IMG_7035.jpg

奥出雲の春は遅い春。
厳しい冬を耐えて訪れる。
里の桜が満開となり、
春の喜びにあふれるころ、
横田の桜は、まだつぼみ。
人も桜もただひたすらに、
辛抱強く、巡り来る春をじっと待っている。
「桜咲く、待つ楽しみ」
「桜咲き、見る楽しみ」
奥出雲の待ち遠しい春の訪れ・・・。

もう10年以上前に想いを言葉にしていました。
実はこれ、松葉屋の桜餅を多くの方に召し上がってもらいたいと思った時、降りてきた言葉たちです。
その数年後、「咲楽」という会社ができました!

秋田に訪れ、素晴らしい経験をさせていただきました。
想いが溢れ、交差して・・・今まだ言葉にすることができません。
そんな訳で、秋田の話はもう少しお待ちくださいね!


奥出雲で桜を満喫しながら、これからの事、今向き合っているところです…。


好きなモノ・好きなコト 2018-03-28

つぶやき

奥出雲の桜はまだ蕾…。
毎日溢れる桜の映像や写真、待ち遠しさが募ります。

はい、今日は「好きなモノ・好きなコト」について。
この3月下旬から4月中旬頃まで、桜が咲き少しずつ暖かくなる今が私の一番好きな季節です。
会社名もそんな好きを表していますし、集めるものも「桜」モチーフのものが多くなります。

事務所にある、私の好きなモノを紹介します♡
IMG_6802.jpg
はい、こちら島根県安来市広瀬町にある『鍛冶工房弘光』さんの桜の燭台。
ロウソクを灯すと、影が桜模様になるんですよ。お父様・息子さん・娘さん3人でお作りになっておられるのですが、何度もお話を伺いここに至るまでの経緯やものづくりへの想いを聞き、すっかりファンになりました。
http://kaji-hiromitsu.com/
IMG_6831 (1)
こちらは、鍛冶工房弘光さん達と一緒に「シマネRプロダクト」という伝統工芸品などものづくりをする職人さんたちのグループに所属されている西田和紙工房さんのもの。
こちらもランプシェイドとか、事務所のランプを作ってもらいたいなぁ♪なんて秘かに思っています。
http://www.nishida-washi.com/
IMG_6834.jpg
こちらは雲南市木次町で桜染めをされている『木の花工房』さんのスカーフです🌸
春になるとこのスカーフが大活躍!!今度は事務所に桜染めの暖簾が欲しいんです。
吾郷さんという大先輩の女性が、地元の桜を使って町おこしをしたいから始められた工房。
一度桜摘みや染の体験をさせてもらいましたが、めちゃめちゃテンション上がります♪
これからの時期、また桜摘み体験があると思いますので、是非関心のある方は参加してみられてくださいね!
 http://www.unnan-kankou.jp/contents/buy/482
IMG_6836.jpg
先日東京出張の際見つけたモノ。
ミッドタウンのとらやさんで売っていた『茶筒』とスーパーで見つけた『桜のチョコレート』。
そしてこのチョコレートが載っているお皿、友人のモロッコ旅行のお土産♪
全然話は違いますが、モロッコ国王は仁多米がお気に入り♡その理由は→http://okuizumosanka.blog.fc2.com/blog-entry-294.html
そして、ウィキペディアがそれを証明してくれています→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%896%E4%B8%96_(%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E7%8E%8B)
IMG_6839.jpg
ちょっと宣伝(笑)
松葉屋の桜餅。自分で言うのもなんですが、美味しいんです・大好きなんです、桜餅♡
今日事務所のお掃除を手伝ってくれた女子高生にお茶を出そうと思って持ってきました。
ピンク色がこし餡、うす~い緑色にはつぶ餡が入っています。普通桜餅はこし餡なのですが、お客様からのリクエストでつぶ餡の桜餅が食べたいと。それ以来、松葉屋では二色の桜餅販売してます!


今の季節、雑貨屋さんとか色んなお店に桜モチーフのものがたくさん並びますよね。本当にテンション上がります!!これは素敵だな☆彡と思えるモノに出会えたら、揃えて行こうと思います。


そしてそして、ご紹介です↓↓
IMG_6777.jpg
3年くらい前に知り合って、何かとお世話になっている博報堂の深谷さん。
地方創生関係で何カ所か地域マネージャーとしてお手伝いをされていました。
茨城県桜川市も手掛けていらっしゃって、有難い事にそこで行われたシンポジウムに私をパネラーとして呼んで下さった事があります。→http://okuizumosanka.blog.fc2.com/blog-entry-477.html
桜川市というのは「東の桜川・西の吉野」と言われるくらい山桜の美しい街。ちょうどそのシンポジウムが4月だったので、美しい景色を堪能させて頂きました!!
桜にご縁があって、嬉しい限り🌸

深谷さんが会社のHP内に地方巡業記のコラムを書いておられて、この度書籍化したとのご連絡を頂きました。表紙はその、桜川の山桜! 奥出雲のたたら製鉄の事も書いて下さっています。
冒頭、こんな風に書いておられます。「地域は、本当に宝の山。ビッグデータに格納されないアナログな資産が、静かに確かに眠っています。」と…。このまちにしかない豊かな資産をかけがえのない魅力にみがいていく・・・地元にいると当たり前すぎてその価値に気付かないものを教えてもらったお一人でした。
奥出雲地域以外に目を向けて下さった深谷さんのお陰で、初めて北関東へ行きその広さに驚き、奈良の明日香村で高松塚古墳やキトラ古墳を見て歴史の深さを知り、隣の県隣町の日南町・日野町で別の角度からのたたらに触れ、違う地域の魅力にとりつかれました。本当に同じ日本なのか⁈と思うほど文化風習が違い、新たな発見でした!
この数年、三重県鳥羽・答志島、伊勢・志摩、奈良市、橿原市、吉野、明日香村、兵庫県篠山市、福島県会津、宮崎県高千穂、熱海や宇都宮etc... 紹介されなければ行くことはなかっただろう地域に色々な方のご紹介で足を踏み入れました。 

私の「好きなコト」は正に、行った事のない日本歩き。もっと日本の事を知りたいと思っています!
実は明後日から2泊3日で秋田へ行ってきます。8月には山形へ行くことも決まりました♪
他に行ってみたいなぁと思っているのは、熊野古道や高野山、もう1回会津、福井・富山・新潟辺り、そして富士山!そして沖縄~♪
4月に知り合いの旅の同行をするつもりでいたのですが、仕事の関係で断念(涙)
まとまった旅とはなりませんが、私のライフワークとしてトコトコッと、訪ねた場所をここで紹介して行きます。(決して深谷さんの真似ではありませんからねぇ笑)

先ずは深谷さんの巡業記をお手に取って、一緒に旅をした気分を味わって下さいね♪
https://www.amazon.co.jp/dp/4864562652/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_y2fQAb84T78XZ
※実は出版社が「ハーベスト出版」さんという島根県の会社なんですよ♪


では次回は、「秋田のお話」を書こうと思います♡

最近思うこと。 2018-03-24

咲楽の話

テレビやネットから「桜」の便りが届き、奥出雲の「蕾」もずいぶん大きく膨らみ、待ち遠しかった春がやってきたなぁと思う今日この頃です。
さて、やっと極寒を超え身体も活動的になってきたので、最近は少しずつですが事務所の掃除・片付けをしています。

↓↓ジャン↓↓
IMG_6792.jpg 
棚とイスが入りましたヾ(o´∀`o)ノ

棚は、奥出雲で頑張る出雲林業(i-Rbase)の景山さんが作られたもの。クラウドファンディング返礼品で頂いたものだったのですが、少し渋い色にしてもらいたく塗装をお願いして持ってきてもらいました!

そしてイス。少し前Facebookに、事務イスが入った報告と、このミーティングテーブルのイスを選んでいて、カラフルな色のイスを考えて悩み中と載せたところ、友人からメールが。この度引っ越すことになり、4脚イスがあまっているのだけど、良かったら使ってくれない…と何とも嬉しい提案!
東京から送ってくれ今日届いたのですが、ピッタリでした♡ 

友人敦子さんは高校の時の同級生。学生時代そんなに話をしたことがなかったのだけど、2年くらい前にFacebookに申請があり連絡を取るように。それから東京へ行った際ちょくちょく会うようになって、私の想っていることを伝えたり、谷口先生や諸々塾を紹介してお手伝いしてもらったり、最近は谷口先生を囲む会(SaA×P)を始めたり…。そんなお付き合いをさせてもらっていた中での引っ越し。彼女から「咲楽で再利用してもらえたら嬉しい!循環」とメッセージが届き、提案受けたもの全部送ってもらいました♪ イス以外にテーブル・事務机・ガラステーブルの3アイテムもあるのですが、まだお見せできるようになっていないので、また素敵に返信したらご紹介しますね。
彼女が大切に使っていた素敵な家具たち…。今度は主が変わって大切に使っていきたいと思います!

築80年くらいの、決して古民家と言われるような素敵な家ではなく、祖父が建てた家を父が少しずつ増改築しながらここで商売をし、私達子供を育ててくれた古い家ですが、思い出が詰まった生家。
3年前空き家になり、友人彩子さんに貸し「みんなの場所・まつ」として、多くの方に利用してもらいました。そして2年の契約が終わり12月に返還、咲楽事務所に。
和菓子の工場部分、倉庫、お店、そして住居部分と、とてもいびつな形の家。町家なので日当たりは悪く、ここ20年は改築などしていないので雨漏り・床の傷み(抜けそうです)・隙間風…冬は本当に寒く、今の快適な住宅事情から考えれば本当に住み辛い家です。

彩子さんがみんなが集まる場所を作ってくれて、人が出入りする様子に昔を思い出しました。
祖母がとっても気さくな人だったし、昭和の良き時代だったから⁉いや商売をやっていたからか、とにかく人がたくさん集まる家でした。そんな中で育った私は、家に人を招き入れる事には何の抵抗もなく、逆にいつも賑やかにしている方が好きなくらい。しかし新しい松葉屋で15年一生懸命やってきて、気付いたら「暮らし」からほど遠い「仕事」中心の生活をしていました。

そして咲楽を再スタートさせて新たな取り組みをして4年、20代半ばだった私は40代半ばになっていました。松葉屋の再生、奥出雲や日本の勉強し直し、咲楽で地域の良さを発信と思い取り組み、多くの方の支えのを陰でたくさんの学びをさせてもらいました。
今改めて「奥出雲での暮らすということ」を考えさせられています。

今から数年前、島根県大田市にある「群言堂」の松葉登美さんのお話を聞く機会がありました。
他郷阿部家という古いお家を再生し、1日2組限定の泊まれるお宿。そこに泊まり、登美さんのお話を伺いました。とっても素敵にリノベーションされ、私もそんな古民家に憧れを頂いていたのですが、あの時登美さんの言われた言葉「もの凄く古いお家でね、これをリノベーションするって言っても誰も信じてくれなかったの。毎日コツコツ少しずつお掃除したり片づけをしたり、するとね、家が喜ぶんですよ。ここまでするのに10年かかりました。」と。
https://www.gungendo.co.jp/pages/details/000118.php

今、生家に戻り少しずつですが掃除をしたり片づけをしたりしています。一人でやるので、ほんとちょっとずつ…。お掃除していると、心に色々なネガティブな感情があってもそれがいつの間にか消え、清々しい気持ちになります。そして家が喜んでるなぁとか、息をしているなぁとか、私がこの家に魂を吹き込んでいるという感覚が湧き上がってくるのです。
あの時登美さんが言われた言葉がやっと今私の心にスーッと入ってきました。お金をかけたから古民家が素敵にリノベーションされたのではなく、登美さんが想いを込めたからお邪魔して居心地がいいのだと…。

がむしゃらに走った19年間、もちろんこれからだって仕事に手を抜く訳ではありませんが、もう少し奥出雲での「暮らし」に目を向け、人がまた集まる場を作っていきたいと思っています。
何だか「ホッとする」とか「おばあちゃん家に帰ってきた」「ふるさとに帰ってきた」・・・そんなことを少しでも感じてもらえるような場所…。
そしてそれだけではなく、最先端に触れられたり、多くの事が学べたり、ステキなモノと巡り合えたり、私やこの場所を通じて色んなものと繋がれる場所、そんな風にできたらいいなと思っています。

4月21日は私の46回目の誕生日!35歳・40歳と節目の誕生日には「咲子祭り」と題した(笑)、盛大な誕生会を開きました。35歳の時は30名位、40歳の時は140名位(友人7人との企画)。45歳ではできなかったので、今年久々にやる予定でいます、「咲子祭り」!!
咲楽事務所のお披露目と友人敦子さん・彩子さんのお誕生日も兼ねて。(彩子さんはオンライン参加)
今年は盛大にとはいきませんが、大好きな人たちに声を掛け、私のこの会を通して多くの人が繋がってくれたらと願っています☆彡
とはいえ、全く現在ノープラン^^;
アイディア出しから、当日のお手伝いまで一緒にこの場を作って下さる方大募集です!!
そして参加したい~という方いらっしゃれば、是非連絡を下さい。お待ちしています♡
(こうやって日にちを設定しないとなかなか片づけが進まないので、21日にはお客様をお迎えできるくらいまでにはしておきます!)

人々の想いが交差する場所、次の10年をかけて…咲楽がそんな場所になればいいなぁと思います♡

次回のブログは「好きなモノ・好きなコト」そんな話を綴っていきます。







トラックバック

 | HOME |  »

Calendar

2018 / 04月  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad