過小評価 2018-06-11

つぶやき

うわっ!気が付けば1ヵ月以上もブログ更新していませんでした…。
毎度の事ながら、すみません💦

6月3日~10日まで8日間、東京行ってきました!
お世話になってる方と先日のシンポジウムの慰労会から始まり、研修3日間受け、初めましての方にお会いし、大好きな人たちとの飲み会、研修企画の合宿に参加etc... 気が付けば、あっという間の8日間でした!

研修3日間では自分と向き合い、やっぱりここが私のダメな所なんだと思い知らされ(;_;)
でも逆に初めてお会いする方、時々お会いする方、良く会う方達から、貴女のここが素敵と褒められ\(//∇//)\
ダメな部分と良い部分をたくさん教えてもらった1週間でした。

そしてこんなサイトを送って下さいました。
お世話になっている、前田審議官です。
動画に感動☆彡 「モロッコに一番近いところ、奥出雲」と!

3日坊主、やり抜けない、感情でしか動けない、論理的でない、記憶力が悪い、経営者なのにマネジメントが出来ない、経営者失格など、人が普通に出来る事が全然出来ない自分。奥出雲に帰って20年、一生懸命やってきたつもりだけど、成功体験は殆どなく、中途半端、結局何も成功した自覚がなく最近ちょっと凹んでました。
一体私、何をしたくて、何をやってきたんだろう・・・と。

でも、この動画を拝見して「自分の故郷を語れるかに尽きる」と仰っていて、
「そうだ!私、これがしたかったんだ!!自分の生まれ育った街の事を色んな人に語りたいって思って始めたんだ!!」と、原点を思い出させてもらいました。

その後、「その町の資源は人、ヒューマンツーリズム」とも仰っていて、「まさに!今私に会いに来てくれる人が沢山いる、これがしたかったんだ!!やりたかったこと叶ってんじゃん!!」と、ちょっと嬉しくなりました♡

最近良くお会いする高学歴な皆さんから「咲子さんって賢いね!」と褒められ、一体私のどこが賢いのか???と全く分からずにいたのですが、最後ご一緒した人に具体的に教えてもらいました。なるほど、そういう事かと!

そして昨夜友人とチャット。「咲ちゃん、お勉強できるのと、賢いはイコールではないので!咲ちゃんは自分の事、過小評価し過ぎ。」と怒られました(^^;)


こんなやり取りが1週間。そしてこの動画。
「おいおい咲子さん(←自分に向けて)。貴女、それが伝えたかったんじゃないんだっけ。こんなに素敵な町なのに、住んでる人がけなしてどうすんの。先ずは知ろうよ、町の素敵な所!って、色々調べてブログや季刊誌で発信して、何処へ行っても奥出雲は良いところです、是非一度来て下さいって始めたんじゃないんだっけ。何でそれが自分で出来ないの。自分をけなしてどうすんの、良いとこいっぱいあるじゃん!」

この町の人に気付いて欲しくて、日本の人たちに気付いて欲しくて、私達の町は、私達の国は、こんなに素敵な所なんですよーって言っていたはずなのに、それを自分に当てはめる事が出来なくて落ち込んでるという…。
定期的にやってくるこのバイオリズム(笑)ですが、20年経っても同じ悩みを抱えていますが(笑)、気が付けば私に会いたいと言ってくれる人が本当に増えました!!!!!

昨夜チャットした彼女が、こんな言葉教えてくれました。
「無用の用」
一見、役に立たないと思われるものが、実は大きな役割を果たしている。役に立たなさそうに見えるものが、実は大事。という、老子の言葉。

20年経ってもマネジメント能力は身に付かないし、数字は苦手だけど、結構大きな役割果たしてるよな、私!と自分に言い聞かせて、また改めて奥出雲の素敵な所、日本の素敵な所を伝えて行きたいと思います♡

sakaiyataichi.jpg 

最近、本を読むようにしているのですが、こちらの堺屋太一さんの著書がとっても分かり易く歴史を教えてくれています!(まだ、織田信長が終わった所)
日本の良さを伝えようと思った時、そもそも日本って?日本人をどう説明すればいいの?という疑問がわき、どこから勉強していいかも分からず、ちょこちょこかじっていたのですが、この本がだいぶ私の点と点を繋いでくれています!!
先日お会いした方には、日本の事を理解するには戦前・戦後・今を勉強した方がいいねとも言われているので、何故戦争に突入したのか、敗戦後何が起こったのか、今その結果何が起きているのかを私なりに学んでみたいと思います。

そして、感じたことを思うままに綴っていきます!
更新頻度は期待しないようにお待ちください(笑)















秋田旅 vol.3 2018-04-30

奥出雲『神社』

もう何を感じたか忘れてしまうくらい時が経ってしまいました。
他にも色んな出来事があった4月、あっという間すぎて驚きです…。

さた、秋田最終日。
ゆっくりする間もなく、9時出発の空港までの送迎バスに乗車し約1時間、知り合い3名と楽しく会話をしながら到着!
出発までの時間空港でお土産を買い、3名共行き先、乗る飛行機が違ったので思い思いに過ごしました。
私は伊丹行きの飛行機に乗り込み2日間の楽しかったことを振り返り、あっという間に伊丹空港に到着!
乗り換えまでに約2時間半あったので、昼食を取りゆっくりのんびり空港で過ごしました。

ギリギリになって出雲行きの搭乗口に。あれ、あの方さっき私の隣に座っていた方じゃないかな??なんて思っていたのも束の間、同じく気付かれたようでさっと私の元へやってきて「あら、貴女。先ほどお隣に座ってらした方じゃない?!」と声を掛けて下さいました。
「秋田から出雲へって珍しいわね。どちらが本拠地の方?!」
「私は島根です!」
「あらそう!私は元は島根の安来出身なんだけど、今秋田に住んでるのよ。」と。

「秋田のどちらに行ってらしたの?!」
「田沢湖方面です。」と私。
「田沢湖!!実は私、今、田沢湖に古民家借りて住んでるのよ。移住したの!良かったら今度遊びにいらっしゃい!」

伊丹からの出雲便は、バスで飛行機まで行くのでそのバスに乗っている間中、素敵なマダムとお喋り!島根を出てからの話、仕事の話、ご家族の話など、本当に短い時間でしたが楽しくお話しさせてもらいました。お互いの連絡先を好感して、飛行機を降りて記念撮影!!
思わぬ出会いに感激でした☆彡
29789988_1871213392911546_4374381233366757378_n.jpg 

後日談があって、翌日事務所で仕事をしていたら近所のマダムが立ち寄ってくださいました。
そして、「昨日まで秋田に行ってきたんですよー。」と帰りの飛行機での出会いを話していたら、マダムの表情がだんだん変わり首をかしげて「なんか、私の友達みたいな人がいるもんだね!」と…。

まさかと思い、名前を伺ってみたらドンピシャ!!じゃないですか…。
ご近所マダムもビックリされた、一旦お帰りになり、同窓会の写真を持って来て下さいました。
この事をきっかけに、ご近所のマダムのお話も色々聞かせてもらい、こうやってそれぞれの生きてこられたお話を伺うのは本当に勉強になりました。

秋田のマダム、4日間の島根滞在中島根のお知り合いと一緒にお店に来て下さったり、お帰りの後志著書を送って下さったり、そしてFacebookでも繋がり、また早く田沢湖へ行きたいと思う今日この頃!!

とってもとっても楽しかった秋田旅、最後にこのような出逢いもさせてもらい忘れられない思い出となりました!!


初めて秋田に行き、風景はどこかしら私の住んでいる町と変わらない日本の原風景的な感じ。
でも全く違うそこにしかない歴史があり、文化があり、食があり、行ってみて初めて知ることが沢山ありました。

若い時は海外に憧れ、色んな所に行ってみたいと思っていました。もちろん今だって海外も行きたいですが、同じ日本に行った事のないところが沢山あるので、時間を作ってはあちこち行ってみたいと思っています!


8月には山形…。
今年は何だか東北にご縁がありそうです♪


秋田に行ってちょうど1ヵ月。今夜もまた満月です!
月を眺めながら田沢湖に想いを馳せようと思います☆彡





秋田旅 Vol.2  2018-04-18

旅の話

すみません、「つづく…」から既に10日が経過してしまいました^^;
何だかタイミングを逃した感じですが、「続きを楽しみにしています!」と先日声を掛けられて…。
慌ててパソコンに向かっております。

さて、メインイベント『満月のあかあかや月 蔵出しイベント』に参加。
新月の夜(1/17)に仕込んで、満月の夜(3/31)に初蔵出し、それを皆でお祝いしながら頂くパーティー。
クラウドファンディングにて資金を集め、この企画をされたのは田沢湖湖畔にある「湖畔の杜ビール (株)トースト」さんです。

こちら↓↓クラウドファンディングページですので、ご覧になって下さい。

3月31日18時、続々と参加者がこちらの会場に集まってきました。
IMG_6918.jpg 

30176424_1620651304678121_359083806_o.jpg 
今回一緒に行ったメンバー♡
左から、関口さん・私・敦子さん・彩子さん・谷口先生。
最近よくご一緒する仲良しの皆さんです♪

田沢湖湖畔にある「レストランORAE」に到着。昨日とは打って変わって曇り空。
メインイベントに満月は出てくれるのか…と心配しながら会場入り。

まずは厳かに神事から始まりました。神様に感謝を込めて…。
IMG_6923.jpg 

IMG_6924.jpg 
経営者でもあり醸造責任者、関口久美子さん。
「酒は風土を醸すもの」というのがこちらの会社のポリシー。関口さんはこの田沢湖の景色が、自然が、人が好きで、ここで風土を活かした酒造りをしたいと20年前に社長である門脇さんと立ち上げられたそうです。月の満ち欠けの力で醸造したビールを作りたいという20年の想いをこの度実現されました。

新月(1/17)に仕込んで、2月16日後発酵終了。そして3月31日満月の夜、初蔵出し!
毎日の想いを言葉にしたためられていました。こちらを抜粋して朗読。
30710815_1889290847770467_6600244773984927744_n.jpg 

30703829_1889291167770435_1475702895495086080_n.jpg 
どういった想いでビール造りをされていたのか、聴きながら自然と涙がこぼれました。
最近谷口先生や色々素敵な皆様からお話を伺い、奥出雲で生活をする中で気付かされた「自然の中に生かされている」という事。まさに、関口さんは自然の声を聞き、自然に対峙しながらビール造りをされていました。

社長の門脇さんが仰ってました。「実は私は科学者です。色んな研究をしてきましたが、証明できないことが沢山あります。今回のこの月の満ち欠けの力で醸造したビール、酵母やビール自体に与える月の影響は数値等でハッキリ明示するものはありませんし、分かりません。ですが、確実に良いビールになるという確信があります!」と。

私自身、もう少しの知識の必要性と、でも一番大事な事は感じる力を養う事だと思いました。


こちらです↓↓ 目の前のタンクから出てきた初蔵出しビールを全員で頂きました!(感動☆彡)
30706628_1889294991103386_6708327909456609280_n.jpg 

ご存じだとは思います、私、大のお酒好き♪
しかし・・・実はビールだけ飲めないんです…。(美味しいと思えないんです。)
でも、これはお世辞抜きで美味しかった!どう表現したらいいのか、身体が喜ぶ美味しさ、とでも言いましょうか。飲めない私がぐびぐび頂ける美味しさでした!

和やかなパーティー。主催者の皆さんの計らいで、花火が上がったり、2018ミスインターナショナルのミスと準ミスの皆さんが来られていたり・・・残念ながら曇り空で満月を見る事は出来ませんでしたが、本当に素敵なパーティーでした♡
IMG_6922.jpg 


関口久美子さんと色々お話させて頂き、経営者としての想い、醸造家としての想い、葛藤をお聞きし、私自身和菓子屋として色々考えさせられることが多かったです。
今回お誘い頂いて、少し気楽な感じでビールパーティーに参加したのですが、思った以上に素晴らしい、そして考えさせられる時間となりました。

さて、私は一体どこまで本気でお菓子の事を考えているのか…。
私が伝えたいと思っている想いは、社長である兄は、ずっと頑張ってきた両親は、一緒に頑張ってくれるスタッフは。恥ずかしい・情けない・みんなの想い、これだけは伝えたい・・・色んな想いが湧き上がってきました。

そして『風土』という言葉。改めて素敵だなと思いました。
私はお菓子を通して奥出雲の風土を伝えてゆきたい…。

奥出雲讃菓松葉屋
自然豊かで人情の厚いこの地域を誇りに思い、ここで育まれたことに感謝し、
ふるさとの心、文化・歴史をお菓子に織り込み
豊かな浪漫として、現代に、そして、未来へと伝えてゆきます。
ここ私達の奥出雲を讃えたい、そんな気持ちでお届けします。

私どもの変わらない想い。
お菓子と奥出雲と自然に、もう少しちゃんと向き合う、そんな事を思って帰りました。

後日、関口久美子さんとメールでやり取りさせて頂いた時、この様なお返事を頂きました。
『私ごときの事々が、大志を抱いて事にあたっておられる内田さんに影響を与えた等と、そんなことはありません。もしそうだとしたらそれはわたしではなく、神様のなさった事です。』
『御礼参りに出雲へも伺います。』と。
謙虚な関口さんに、見習うところが沢山あります!!



さてこのビール、クラウドファンディングで支援した方しか飲むことができません。
しかし、チャンスがあります!!
IMG_6945.jpg 

いつも私達に沢山の事を教えて下さる、谷口正次先生と前田審議官のシンポジウムが5月13日(日)東京で行われます。
(以前このブログで紹介済み→http://okuizumosanka.blog.fc2.com/blog-entry-505.html

実は、こちらの懇親会にてこのビールが振る舞われるのです!!!
しかも!!!関口久美子さんがこちらのシンポジウムに参加されることが決まりました☆彡
(なんと嬉しいことでしょう。再会が楽しみです♪)
私はスタッフとして当日会場におりますので、是非谷口先生、前田審議官、そして尾本先生のお話を聴きにお越し下さい!関口久美子さんに会いにお越し下さい♡
参加希望の方は私までご連絡頂くと、申し込みをしておきます。(無理を言って咲子枠確保してあります)


最後はご紹介になりましたが、改めて、お誘い頂いた前田さん、ご一緒させて頂いた皆さん、そして関口久美子さんに御礼申し上げます。ありがとうございました!



つづく…。

















秋田旅 vol.1 2018-04-08

旅の話

さて、ようやく秋田のお話。3回に分けてご紹介しますね!


今から数か月前、331日満月の日に田沢湖に浮かぶ月を見ながらビールを飲むパーティーがあるから来ませんかとのお誘いを頂きました。こんな事でもなければ、きっと秋田に行く機会はそうそうないと思ったので月末・年度末でしたが二つ返事で行くことに。友人たちにも声を掛け、島根関係者チームとして7名で参加して来ました。

 

まずは秋田に初めて降り立った感想を。そしてVol.2ではビールパーティーのお話を、vol.3では最終日の出来事&まとめについて書きます。

 

3月30日、初日。出雲発の1便に乗り込み羽田経由で秋田空港まで、飛行機を使って移動。そして秋田空港からエアポートライナーを申し込んでいたので、乗車時刻まで先ずは腹ごしらえという事で空港内レストランに。全く秋田は何が名物で、どんな観光地があるか等、今回は旅というよりパーティー参加の為だったので特に調べる事もなくレストランに入ると、秋田の名物色々メニューがあり知りました。比内地鶏・稲庭うどん・きりたんぽ・いぶりがっこ…。そうか、これが秋田の名物か…。

「いぶりがっこ」初めて聞く名前、一体何なのか…。店員さんに聞くと「たくあんの燻製です」と。初めての味に、これはハマりました!!
IMG_6850.jpg 

IMG_6849.jpg 


食事を済ませエアポートライナー乗り場へ。想像と違い、乗り合いタクシーでした。お客さんは私一人、出発時間を15分前倒しして出発して下さり、そして「もしご希望でしたら道の駅とか寄れますよ。」となんとも嬉しい申し出。空港から目的地田沢湖近くの駒ヶ岳温泉まで約1時間ちょっと、道の駅に寄ってもらったり、色々秋田の話を聞かせてもらったり、とても楽しいドライブとなりました。そして料金がたったの3,600円!ドアtoドアでですよ…、しかも。出雲空港から奥出雲まで約1時間タクシーを使うと14千円位なので、これには驚きでした。どういう仕組みになっているのか、奥出雲にもこんなサービスがあったらいいなぁと思いながらの乗車でした!

 

初めて降り立った秋田の景色。空港から田沢湖まで、360℃山に囲まれ、もう数日で4月になるというのに、しっかりと積もった遠くの雪山。まだまだ残雪の残る風景は、山に囲まれている奥出雲とはまた違った淋しさを感じる景色でした。

IMG_6844.jpg 

 

幹線道路から舗装されていいないデコボコ道をガタガタ揺られながら5~10分。山の中にひっそり「駒ヶ岳温泉」はありました!前泊組の皆さんとここで合流。全員が揃うまで温泉入ってお風呂でのんびり…、贅沢な時間です。


IMG_6875.jpg 

 

そしてお誘い頂いた方を含め数名以外は皆さま初めましての前夜祭。東京からのお客様が多い中、三重の皆様、大分から、そして島根からは私一人…、ここでようやく今回のビールパーティーの意味が見えてきました!これは明日が楽しみだぞ・・・とワクワクしながら、秋田の美味しい地酒とここでも出てきたいぶりがっこを堪能しました!

IMG_6851.jpg 


すると思いがけない乳頭温泉へのお誘い♡ 半数近くの皆さんで宴会を途中抜け出し、宿からマイクロバスに乗車。更に山の方へ向かって行くと道路の残雪が、どんどん高く深くなっていくではないですか。20分くらいと聞いていたのに、乳頭温泉の入り口看板に入ってからまた更に10分位・・・この先に温泉なんてあるのだろうか?!と田舎道に慣れている私でもちょっと心配になるくらいなところを通って行きました。雪国からやってきた私は、「奥出雲が雪深いとか言ってごめんなさい。」と思うほど、それはそれは雪深いところでした。

到着して更にビックリ!何とも風情のある、素敵な温泉宿。ここを知らないなんて、勉強不足ですみません、とまたもや申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

実は今回ミスインターナショナル2018のミスと準ミスの女性たちが一緒だったので、彼女たちと露天風呂へ!美女と乳白色のお湯と満点の星空を眺めながら、しばし色んな事を忘れさせてくれる素敵な時間でした。

IMG_7084.jpg 


IMG_6861.jpg 


お部屋に帰った私は、旅の心地よい疲れと、素敵な皆様に囲まれほろ酔い気分…あっという間に夢の中へ☆彡


31日、二日目。

6:30に起き、朝風呂へ。この駒ヶ岳温泉は乳頭温泉とはまた違う泉質。湯の花が凄くて最初はビックリしましたが、こちらも素敵な温泉でした!
朝食を済ませイクロバスに乗車。眼下に見える田沢湖にワクワクしながら次の宿へ。チェックインを済ませ荷物だけ置いて、途中友人彩子さんも合流し、皆で角館へと向かいました。

IMG_6885.jpg 


IMG_6912.jpg 
角館も初めて聞く地名。武家屋敷、桜が有名などとはつゆ知らず…^^;
ご案内頂いたコースは、酒蔵→昼食会場→武家屋敷でした!
残念ながら写真のような桜の景色は見る事ができず…。どうやら4月下旬からGWが見頃のようです。
これは是非ともこの時期に再訪したいと思わされるポスターでした!


IMG_6889.jpg IMG_6892.jpg
『秀よし』さんという300年以上の歴史ある酒蔵さんへ。
アメリカ人の方のご案内でした。

IMG_6898.jpg
比内地鶏の親子丼と稲庭うどんセット。
もちろん「いぶりがっこ」付き。あまりに美味しくて、いぶりがっこ買わせてもらいました!

IMG_6905.jpg
アイススケートの「ザキトワちゃん」で有名になった秋田犬!
武家屋敷のお家で飼われているからか、「武家丸君」という名前でした。

IMG_6907.jpgIMG_6909.jpg

彩子さんと二人で武家屋敷巡り。歴史を知らずに回るので、ここで説明できるほど何も分かってはいませんが、うわぁ、ここに住んでいる方たち大変だなぁという印象でした。
というのも、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているエリアに1軒、猫に関するグッズをそのお家を店舗にしてご商売されている所がありました。そこに入ってみると、女性が1名おられたのでお話を伺うと、その家に生まれた方でこのエリアの歴史、昔から続くしきたりやを話して下さいました。
まさに、田舎あるある!
豪雪地帯でもあり、古いしきたりが残るエリアでの暮らしの大変さ、こちらで聞く話とそんなに変わりはないなぁと。
そして1軒有料のお屋敷を拝見しましたが、大きくて凄いんですが、超寒い!!この敷地内の裏では十何代続くご家族が未だ住まれているとの事で、色んな意味でのご苦労が目に浮かぶようでした。

15:45、東京から来る友人達と角館駅で待ち合わせまで、彩子さんと二人じっくり観光。
おみやげ物屋さんや、お菓子屋さん、かりんとう屋さん、喫茶店・・・、入った先々でお店の方に声を掛け色々と教えてもらいました!やっぱり旅は、地元の方に話を聞くのが一番ですね!!

殆ど標準語しか聞こえてこなかったのですが、1軒のお土産屋さんに入った時、1人のおばあちゃんがお店の方と方言で話をされました。全く聞き取れず・・・でも、その土地の方言が聞けて嬉しかったです♡
方言も一つの文化、やはり消えゆくのは淋しい・・・自分もあまり話さないのですが、旅をしてみるとそんな風に感じました。

ゆっくりし過ぎて、大慌てで角館駅へ!
友人敦子さん、谷口先生&関口さんと合流。
無料送迎バスにて、温泉ゆぽぽ(宿)へと向かいました。

さて、いよいよビールパーティです♪


つづく…。

桜、満開。 2018-04-03

つぶやき

待ち遠しかった春が、奥出雲にもやって来ました!
1日、日曜日に帰り、昨日今日が暖かかったので、あっという間に満開🌸
夕べ、家族と木次の花見に行ってきたのですが、帰り道、月がとても美しかったです。
帰ってから、家の近くの桜を見に行ったら、お月さまと桜が話しかけてくれました!

IMG_7035.jpg

奥出雲の春は遅い春。
厳しい冬を耐えて訪れる。
里の桜が満開となり、
春の喜びにあふれるころ、
横田の桜は、まだつぼみ。
人も桜もただひたすらに、
辛抱強く、巡り来る春をじっと待っている。
「桜咲く、待つ楽しみ」
「桜咲き、見る楽しみ」
奥出雲の待ち遠しい春の訪れ・・・。

もう10年以上前に想いを言葉にしていました。
実はこれ、松葉屋の桜餅を多くの方に召し上がってもらいたいと思った時、降りてきた言葉たちです。
その数年後、「咲楽」という会社ができました!

秋田に訪れ、素晴らしい経験をさせていただきました。
想いが溢れ、交差して・・・今まだ言葉にすることができません。
そんな訳で、秋田の話はもう少しお待ちくださいね!


奥出雲で桜を満喫しながら、これからの事、今向き合っているところです…。


トラックバック

 | HOME |  »

Calendar

2018 / 06月  
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad