スポンサーサイト --------

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況、その2 2010-09-30

つぶやき

皆様こんばんは! 東京に来て4日が経ちました。立ち上げ、オープンとバタバタしてましたが、本日お休みで昼までぐっすり寝させてもらい元気回復しました(笑)

現在私が住んでいるところから立川まで、電車を乗り継いで1時間かかるのですが、奥出雲では車で通勤15分だった私に何が一番辛いかというと、"1時間の通勤"です。東京の人にとっては1時間通勤は当たり前のようですが、私にとってはこれが大変なのですよ...。しかも最初に乗る電車が大江戸線で、深い深い...。聞くところによると東京の地下鉄の中で一番下にあるそうなので、改札をくぐってからホームに辿りつくまで遠いんです(涙)。そして今度は新宿でJR線に乗り換えるのですが、これがまた、遠い...んです。
毎日相当距離を歩いているので、きっと奥出雲に帰る頃には足やおしりがシェイプアップされているのではないかと、期待してるんですけどね(笑)
そう、まんざら悪い事ばかりでもなく電車に乗っている間に本が読めたりするので、今一番興味のある『歴史本』なんぞを読んだりもしています。

まぁまだ東京ライフもたった4日だし、一応毎月東京には来ていたのでそれほど新鮮さはありませんが、やはり長期住んでみる事で見えて来るモノ・コトなどあると思うので、半年間楽しんで学んで帰りたいと思っています♪♪

毎回出張で東京に来てもあまり近所をウロウロする事もなく、近くに何があるのかも知りませんでしたが、今日ちょっとだけ近所に買い物に出かけてみました!意外と色々なモノがお店があって楽しめました♪♪ 好奇心を持ってウロウロしてみます★

先日、いつもコメントを下さるゆうすけ様が来て下さいました。あいにく私が帰った後だったのでお会いできませんでしたが...。ゆうすけ様、早速お立ち寄り頂きありがとうございました!!いなくてすみませんでした。また是非お立ち寄り下さい!!

お休みがあったり、シフトで早番・遅番があったりしますので、是非皆様お越し頂くときはご一報下さいませ。

取りとめのない内容ですが、近況その2でした♪






スポンサーサイト

近況です。 2010-09-17

つぶやき

こんにちは! "ブログの更新~~~。"と毎日気になりながら、できない毎日を過ごしておりました。

実はわたくし、9月26日より半年間東京出張と言う事で、奥出雲からいなくなります。
なんと!! エキュート立川様より嬉しい依頼を頂きまして、9月27日から約半年間の3月31日まで(予定)、エキュート立川店様に出店させていただくことになりました!!

そんなこんなで、出張や半年間もいなくなるので何かとバタバタ...。そこに来て岡崎喜一郎氏や内田家のルーツなんかを調べているもんだから、なかなかブログの更新ができなかったという訳です。

本当は、皆さんにお知らせしたかった'講演会'の話(海士町の岩本悠君に来て人づくりについて話してもらいました!)や、東京出張の際夜参加した会合の話(墨田区のものづくりの熱い人々)やら、出逢った人々の話(島大を卒業し東京で働いている若者や素敵な社長さん)やら、新たに分かった岡崎喜一郎氏の事や内田家のルーツや、いっぱいネタはあったんですけどね...。下書きのままUPできなかったものもありました。

話は変わりますが、暑かった夏は何処へやら???奥出雲はブログをアップしていない間にあっという間に涼しく、イヤ、寒くなってきました。長袖必需品です!!

庭のコスモスがいつの間にか大きくなり、花を咲かしているんですから...。

2010コスモス1.jpg

2010コスモス2.jpg
母の草刈りの成果をご覧ください(笑) 暑い中、何回もやったお陰でコスモスだけが綺麗に育ちました!!

さて、という訳で今月末から半年間東京にいますのでこの'奥出雲だより'をどうしようか考え中です。まぁきっと、東京にいても奥出雲の事ここで熱く語るとは思いますが(笑)

では皆様、今日のブログは近況と言う事で終わらせて頂きます。

↓↓またHP上でも紹介しますが、エキュート立川の当店店舗の案内です。

『JR立川駅 エキュート立川2F改札内』←ここをクリックして下さい。地図の2F改札内のオレンジ色の37番に出展しますので、是非皆様のお越しをお待ちしております!!


内田家のルーツ 2010-09-06

松葉屋

こんにちは! 9月4日午後、祖母17回忌・曾祖母33回忌の法事を行いました。

法事祭壇.jpg

私の祖父は私の父が中1の時に亡くなっているし、曾祖父に至っては本人56歳の若さで亡くなっているので私は'おじいちゃん'達に会った事がありません。物心ついた時から、大きいおばあちゃんとおばあちゃん、両親、私達兄妹3人の7人家族でした。
男手がない中、大きいおばあちゃんとおばあちゃんは父を含めた5人の子供を和菓子屋の生計だけで育てていたようです。

松葉屋初代のおじいちゃんの死後『松葉屋』を守ってきた二人の'おばあちゃん'の法事、おばあちゃんの兄妹達も皆亡くなっているし、5人の子供とその子供(私達)とその子供(甥っ子・姪っ子達)、それでも全員集まる事が出来なかったのでささやかに営みました。

私が最近ずっと気になっている『内田家のルーツ』、父や母に聞いても私が知りたい所まで知らないので、親戚が集まった時聞いてみようとずっと思っていたのでそのチャンスが来たのですが、残念ながら親戚の叔父さん・叔母さん達も知りませんでした。
私がそんな事聞くものだから、今まで気にしていなかった叔父さん達も気になり始め、ならば三成に住んでいる亡くなったおじいちゃんの弟(Motoおじさん)に聞きに行ってみようという事に。しかし、痴呆が入っているから分かるかどうか分からない、そんな状態でしたが、叔父さんと二人今昨日聞きにお邪魔してきました!!

おじいちゃんの弟、Motoおじさん御歳92歳、その奥さん91歳、息子さん60歳の三人暮らし。最初、私や叔父さんの事がすぐ分かってもらえませんでしたが、事情を説明し上がらせてもらいました。
そして話を切り出して奥さんが持って出てきたものは...、大きいおばあちゃんの実家の戸籍!!

戸籍.jpg

戸主 西村久太郎
父    亀太郎
母    リト
妻    フユ
長女   イシ
長男   万太郎
次女   セン (←彼女が私の大きいおばあちゃん)
次男   徳蔵




と、凄いのが出てきたのです!!(センおばあちゃんは8人兄妹で、奥出雲の大谷出身でした。)
センおばあちゃんの出身地とその旦那大きいおじいちゃんの出身地が分からない私達にやっとセンおばあちゃんの方のルーツが分かったのです!!

センおばあちゃんは明治16年生まれと書いてあり、その両親・祖父母の文政10年とか、天保8年生まれとか、戸主の久太郎さんの生年月日は嘉永6年...ペリーが来航した年じゃないですか!!何だか急に歴史上の人物が身近に感じられてきました。
しかし、そんな戸籍がMotoおじさんの元に残っているって...何で?何で?でしたが、とりあえず来た甲斐がありました。

そりゃ、こんな年号が出てきて当たり前ですが、改めて自分の先祖を辿って行くとそんな時代に生まれ生きていたのかと思うと、歴史を感じられずにはいられません。

内田家、なかなかややこしい家系なので未だに分からない所もありますが、今日たまたま来られた知り合いのおじさんに聞いたら、『150年前位までなら、お寺で分かるよ。』と教えて下さったので、お寺に調べに行ってみようと思います。

未だ分からない大きいおじいちゃんの家系、一体どこに生まれて、何をやっていた人なのか、まだ聞ける人がいるうちに調べたいと思います☆

先日書いた"岡崎喜一郎"氏を調べたり、喜一郎氏にまつわる人達、ご近所や私の先祖を調べていると、その時代にどういう行き方・生活をしていたのかと、想像を膨らませるのがとても楽しくなってきました!!
岡崎家から借りたアルバムには明治の中頃からの写真が残っているので、その当時の奥出雲の様子も知ることができます。

こうやって脈々と続いている家系に町...、歴史ってこんなロマンがあるのだと、ようやく今頃気がつく事ができました。

そして法事で和尚さんからお経をあげてもらったお経の中から2つ、素敵なお話を伺いました。

 『良い事は人に譲る心を持つ』
 『恩返しのつもりで仕事をする』

この『恩返しのつもりで仕事をする』という話は、「松葉屋を支えてきた大きいおばあちゃんとおばあちゃんに恩返しをするとすれば、'今を立派に生きなさい'。今を立派に生きるとは、'仕事に魂を込める事'です。それが最大の恩返しです。」と教えて頂きました。

法事にあたって、色々見つめ直す時間を頂いたように思います。
先祖に感謝して、日々魂を込めて仕事をしたいと、そんな風に思っています。




"岡崎喜一郎氏″について 2010-09-01

奥出雲 『人物』

皆さんこんにちは! 9月に入りましたね。田んぼの稲も随分黄色くなり、また赤とんぼがたくさん飛んでいる姿を見かけます。まだまだ暑いですが、秋が近付いているのを感じる今日この頃です。

さて、今日のお題は"岡崎喜一郎"氏です。2008年12月25日の私のブログに『横田相愛教会』の事について書きました。今読み返してみても、そんなに大したことは書いていませんが、そこに「岡崎喜一郎」「同志社大学卒業」「県下で2番目の幼稚園創設」「銀行創設」と書いた事で、下記のように3名の方からコメントを頂きました。しかも今年に入ってからばかり...。

■丸山 聖一 様(2010年1月31日) 岡崎喜一郎を研究している公立学校教員です。岡崎は晩年、東京府下小笠原諸島の母島の、さらに奥地の孤島で、児童自立支援施設を経営しました。奥様もご一緒です。当時の何か情報、たとえば手紙、写真、絵はがきなどをお持ちの方がいらしたら、拝見したいのですが。また、昭和14年の横田大火をご記憶の方、何か思い出はございませんか?岡崎が最晩年に勤務した鉄材会社名をご存じありませんか?お伺いします。

■小笠原みどり 様(2010年4月 7日) 岡崎喜一郎は八雲銀行役員でした。八雲銀行は後年山陰合同銀行になります。奏任官待遇で横田郵便局長を退官して、今で言う少年院を設立し、戦後病没しました。この人物に関する情報をお教えください。留岡幸助、山室軍平、本間俊平、金森通倫、小崎弘道らと交遊がありますが、青年時代に太田清三郎という津山中学教員と懇意です。この太田という人物は津山市の市長か町長をやったように思われますが、どなたかご存じですか

■小野一雄 様(2010年8月26日) 
《岡崎喜一郎》早稲田大学 専修英語科 明治30年得業
横田郵便局長・八雲銀行 取締役・松江銀行 横田支店長
【早稲田大学校友会会員名簿】
[第1冊]大正4年11月調 明治三十年得業 専修英語科 岡崎喜一郎(島根) 
[第2冊]大正14年11月調 明治三十年得業 専修英語科 岡崎喜一郎 郵便局長 
【大日本紳士名鑑】大正5年7月15日発行
島根県仁多郡横田村  岡崎喜一郎  横田郵便局長 八雲銀行取締役 p724/1086

と、上記のようなコメントを頂きました。(小野一雄氏のコメントは一部省略しています。)
一番最初、丸山様よりコメントを頂いた時は「調べてみますので、少しお待ち下さい。」と返しました。しかし結局調べず仕舞い。今度小笠原様よりコメント頂いた時には失礼ながらお返事すらしませんでした。何故なら、見ず知らずの方にいくら故人とは言え私が調べてインターネット上に載せて良いものか?本当に調べたい方なら私に直接身分を明かしメールでも下さるか、もしくは、岡崎家がありますのでそちらに聞かれるのが良いのではないか、と思ったのでそのまま放っておきました。すると今度は、つい先日、小野様より岡崎喜一郎氏に関する情報提供のコメントが寄せられました。お名前フルネーム、お住まいの町名、メールアドレスがあったので、何故この様な情報を載せて下さったのか不思議に思ったのと、少し不審に思った事もあり、書いてあるメールアドレスにメールさせて頂きました。
そして、その後5・6通のメールのやり取りをさせてもらい、もちろん身分のきちんとした方で何故情報をお寄せ頂いたか等、ご丁寧に説明いただきました。
小野様とのやり取りの中、改めて自分の書いたブログを読み、頂いたコメントを読み、『こんな大した事しか書いていない私のブログに多分'岡崎喜一郎'という言葉で引っかかり、知らない方から3通のコメントを頂くとは...。また'岡崎喜一郎'氏を調べておられる方がこんなにおられるとは...。岡崎喜一郎さん、凄いじゃん!!』と思ったのです。

小野様からのメールで火が付いた私は、早速両親に頼み岡崎家へ取材(?!)を申し込みました。岡崎家は私の生まれ育った家の目と鼻の先で、もちろん今お住まいの岡崎ご夫妻とも顔見知りではありますが、大きくなってからはあまりお話する機会もなかったので何となく足も遠のいていましたが...、アポも取れ先日、月曜日の朝伺って来ました。
『まぁ、咲ちゃん!初めて上がってもらったわね、うちの家に。ようこそ・ようこそ。私で分かる事なら...。』と岡崎喜一郎氏のお孫さんに当たる方の奥様にこのように言って頂き、お話を伺う事ができました。

アルバム.jpg

本とDVD.jpg

10時から13時半まで、たくさんお話を聞かせて頂き、そして資料をどっさり借りて帰りました。
まず、『奥出雲の地の塩~雲南キリスト教史物語~』加藤歓一郎・藤原道夫共著(初版:昭和48年10月1日)という本を読むことを勧められたので早速読み始めましたが、ここから明らかになってくる"岡崎喜一郎"氏のやって来られた事等、非常に興味深く、感動・感動の嵐です!!こんな凄い方が奥出雲から出ているなんて!!と。
そしてコメントを下さった方の文章に出てくる人物との関わり合い等、どんどん分かってきて、私なりにまとめてみようという気持ちになっています。
「情報仁多」が取材された『奥出雲散策~なっとく!町の文化財~』では"横田相愛教会 前編・後編"として平成19年6・7月に放送されていました。DVDをお借りして見ましたが、とても良くできたDVDでこれも町の宝だなと思っています。

では、岡崎の奥様に許可を頂いたので、少し写真及びプロフィールをご紹介させて頂きます。

岡崎喜一郎.jpg

"岡崎喜一郎" 明治6年(1873年)12月1日生まれ
17歳の時、鳥取県倉吉農学校へ行き、そこで岡山県津山市出身の太田清三郎と出逢う。
太田氏から同志社大学創立者、新島襄の伝記を借りて読み感銘を受け、
明治26年1月に同志社大学に入学。ここで1年先輩の山室軍平と出逢う。病気になり一時帰郷した際、仏教に熱心だった両親がキリスト教に触れた喜一郎を危惧し、復学を認めなかった。しかし、
明治28年11月22日両親に無断で家出、そして同志社大学に復学。
明治29年12月に同大学を卒業し、翌年私立東京専門学校(早稲田大学の前身)の文学部に入学、明治32年に卒業した。

同志社卒業式.jpg

東京専門学校.jpg

その後喜一郎は同志社の先輩金森通倫に従って渡米を志していたが、家庭の都合で帰郷。
明治33年(1900年)3月病気の父親に代わって横田郵便局長に就任し、同年10月には株式会社八雲銀行取締役に選出された。喜一郎27歳。
明治34年に松江でキリスト教の布教をしていた宣教師ナイトが横田を訪れ布教活動、しかし仏教に熱心な両親に遠慮して目立った活動はしていない。
明治41年8月横田町砂子屋で第一回キリスト教夏期修養会が開かれた。これを企画したのが喜一郎と長尾宗次。横田のキリスト教史に大きな足跡を残すことになった。
明治44年(1911年)11月3日、妹クニエと『私立相愛幼稚園』を開園。(昭和14年6月閉園)教育事業に乗り出す。
大正3年(1914年)10月、書記長官山室軍平・金森通倫その他の幕僚に迎えられ'救世軍'に入隊。
大正4年2月、書記長官山室軍平を迎え『救世軍横田屯田小隊』を設立。
大正5年1月18日、藤原璋夫が喜一郎の支援を受け『永生病院』を開設。
大正7年4月5日、『相愛裁縫女学校』設立。(昭和12年廃校)
大正12年(1923年)4月3日、『救世軍横田小隊会館』の盛大な献堂式(現在の名前'横田相愛教会')

教会竣工式.jpg

喜一郎50歳にして横田に理想郷を、『教会・学校・病院』の思いを実現させた。

ちょっとあまりにも長くなるので、とりあえず教会が建ったところまでの簡単な紹介ですが、今から約100余年前にこのように当時理解を得られなかったキリスト教を布教し、宗教活動のみではなく、地域社会へ貢献していたことに、私は強い衝撃を受けました。
もちろん元々資産家の家に生まれたという事もありますが、私財を投げ打って地域の為にと行われた様々な行動は、そう簡単にできることではありません。
岡崎の奥様から聞いたお話、そして本を読み進めて行くうちに、岡崎喜一郎氏の事は横田に住む私達は知っておくべき事だと思うようになりました。
まだまだ、研究途中です。これからも調べ続け、後世へと伝えて行きたいと思います。

まず、調べるきっかけを作って下さった、丸山聖一様・小笠原みどり様・小野一雄様、コメント頂きありがとうございました。
そして、この度喜一郎氏を調べるにあたってご協力頂きました岡崎様、本当にありがとうございました。


トラックバック

 | HOME | 

Calendar

2010 / 09月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。