スポンサーサイト --------

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育つ。 2011-06-28

つぶやき

最近、私のもっぱらの興味は"ツバメのピーちゃん達"。
再三このブログでも紹介しているが、お店にツバメが巣を作り、ヒナがかえり親鳥たちがせっせと餌を運ぶ姿に毎日眺めては大きくなるのが楽しみだった。

24日金曜日、巣から落下していたヒナを1羽保護。
25日土曜日朝、もう1羽落下していたヒナを保護。この子は昨日保護した子より随分大きい...そしてお昼頃昨日保護したヒナが息を引き取っていたのを発見、埋めてやった。同じ日、頭の上が血だらけで落下している2羽のヒナを見つけ、保護。
26日朝、またまた落下しているヒナを保護。

結局5羽生まれていた事が分かり、作った簡易巣箱に4羽を保護。

201106244羽保護.jpg
簡易巣箱.jpg

最初の1羽を保護した際、Facebookで保護したヒナをどうすれば良いか問いかけた所、一人丁寧に答えて下さった方があった。そして彼女が送ってくれたウェブサイトを読んだ時自分がしてはいけない事をしている事に気付いた。そして朝出勤して保護しているヒナを見た時案の定息も絶え絶えに弱っていた。そしてお昼には息を引き取った。'ごめんね、ピーちゃん。'

餌のあげ過ぎ、そして水の飲ませ過ぎであの世に行ってしまった事を教訓に、他のヒナ達には何とか元気に巣立って行ってもらいたい、それには人間が手を加えない事と分かり、知人のアドバイスにより浅い段ボールの簡易巣箱を設置。親鳥達が餌を与えに来るのを待った。
そして嬉しい事に親鳥やってきた。しかし警戒してなかなか近づかない。
だが、親は強かった!警戒しながらも可愛い我が子に餌を与え始めた!!

見守って4日目、一番元気の良いヒナが1羽飛び立っていった!!親子で飛び回っている姿に感動☆


そして今日、また帰って来てるのを発見。そして夜、可愛く2羽ずつ寄り添って寝ていた。
お休みピーちゃん.jpg

兄弟での争いなのか、落ちた際の怪我なのか定かではないが、"血だらけで怪我をしていた残りの3羽は飛び立つ気配は今のところ無い。いつ飛び立つ分からないヒナに親鳥たちは毎日せっせと餌を運ぶ。
餌争奪戦は一筋縄ではいかない。どう自分の口に入れてもらうか...、元気よく泣く、それでも無理な場合は隣にいる兄弟を蹴落とそうとしている姿にも遭遇した。だから5羽共落ちてきたのか?!弱肉強食...、強いものだけが残る。
間近で見るツバメの子育てと生き残り競争。

ベランダ菜園のトマト・ピーマン・キュウリが育ってきた。
20110628トマト.jpg
20119628ピーマン&キュウリ.jpg
これまた同じ花の房から何個も育たず、大きくなるものと大きくなりかけたけど育たず枯れていくもの、こちらも弱肉強食なのか???植物も水と栄養と日光と...そして愛情も与えられ育っていく。

そう言えば人間もそうだ!今私が生まれている事の奇跡。強いものだけが生き残りこうして人間として生まれてくる。親が愛情も食べるものも、そう衣食住を与え育っていく。
間近で見る兄夫婦、妹夫婦の子育て。子供の成長は本当に素晴らしいし面白い!!

スタッフもそうだ!勝手には育たない。手を掛け育っていく喜び。

「育てられている。」

そして「本能」の凄さ、「DNA」の素晴らしさ!!

ツバメをきっかけに、そんな事を感じる毎日。
実は人間の私達ももっと本能や自分の身体・心に耳を傾ける必要があるのではないかと。無理な事、負荷を掛け過ぎているのでは???
そして育てる事に一定の期間や時間がいる、すぐに結果を求めてはいけないと。

一人前にするには、何でも与え過ぎ・過保護ではいけない。
その物・人が持っている力を信じる事が大切なような気がしてきた。

巣から全部ヒナが落ちてきたなんて聞いた事がない。
何か伝えたいメッセージでもあったのだろうか?!
こうやって自然界からも「育てられていること」に感謝☆

自分の心・身体にもう少し問いかけてみよう♪






スポンサーサイト

ブルーベリー生どら近日発売☆ 2011-06-23

松葉屋

110623ブルーベリー畑.jpg

社長ブルーベリー摘み.jpg

暑くなりましたねぇ。
本日ブルーベリー摘みに行って参りました!!社長はじめ、総勢6名で。15時頃行ったので、暑さピーク...。1時間しか無理でした(汗)
でも、青空の元気持ち良かったですよ~!!! ここ2年お休みしている"ブルーベリー狩りツアー"そろそろ復活させたいと思っています。来年は是非皆様と一緒に行きたいと思っていますのでお楽しみに☆
ではでは、ブルーベリー生どら近日発売です。もうしばらくお待ち下さいね♪♪

産まれました♪ 2011-06-15

奥出雲

5月10日に書いたブログに、ツバメが巣を作っている事を書きました。あれから、1か月、ついに生まれまして、毎日お父さんツバメとお母さんツバメがせっせと餌を運んでいます!!

かなり高いところに巣を作っている為、中を覗くことができないので何羽いるのか分かりませんが、肉眼で確認できたのは3羽でした!!
親鳥達が交代で巣に戻ると"チチチチッ"と可愛いらしい声が聞こえて、黄色い口ばしが覗くのだけが見えます。

ここ毎日スタッフと、「産まれたよ~♪」と言っては外に見に行っています。
聞くところによるとツバメは、最後旅立つときは電線に親子で並んでその家に向かって一礼して飛び立つ律儀さを持っているとか?!本当かどうかは分かりませんが、信じてみたい話でした。そしてその場に立ち会ってみたいなぁと♪♪

親つばめ.jpg

子つばめ.jpg

望遠レンズを持っていないので、この大きさの写真しか撮れませんでしたが、真ん中に黄色い口ばしが見えるの分かりますでしょうか?!

是非ご来店の際、ツバメ達を見てやってください!!

ベランダ菜園 2011-06-11

奥出雲 『食』

おはようございます!!昨日は雷も鳴る凄い雨の奥出雲でしたが、今日は雨は上がり小鳥達がチュンチュン、ピッピと元気に大合唱しています。

さて、歳を重ねると興味を持つ事が変わってくるのだなぁと近頃実感していますが、最近少しずつ料理にも目覚め、すると調味料やら食材やら気になり始めました。

そしてついに?!、自分で育てた野菜が食べたい!!という事で、畑を借りて農業をしてみようと思い付きましたが、母に『全くの素人がいきなり畑借りて農業なんて無理無理』と私の性格も良く知っていて多分自分が管理をしなきゃいけなくなる事と思ってか、『まずはベランダ菜園くらいでちょうどいいわよ!』と。

そんな訳で、母に教わり鉢と泥とポールと苗を買ってきて、ベランダ菜園を始めました!!苗はこの町で育った苗なので、本当に地のものが食べられます☆

家庭菜園.JPG

きゅうり.JPG

ピーマン.JPG

植えて3日目ですが、もうすでに苗には小さなキュウリとピーマンが!!!
あまりの可愛さに大きくならないで~、なんて思ってみたり。これから毎日の成長が楽しみです!!しかし動物でも植物でも人間でも、小さい時ってホント可愛いですね♪♪

トマト2本とキュウリ、ピーマンの計4本の苗からさて一体いくつ私の口の中にはいるのでしょうか?!楽しみです☆
そして来年は是非畑を借りて、農業にチャレンジしてみたいと思います♪♪


奥出雲で生きるということ 2011-06-09

奥出雲 『歴史』

こんにちは!最近いろんな出来事があり、出逢いがあり、考えさせられることが多く、無い頭をフル回転させています。

先日東京からのお客様とご一緒する機会に恵まれました。某大手飲料メーカーの副社長様や世界で活躍するアスリートをプロデュースする会社の社長様、官僚の方々などとご一緒に雲南市吉田村にある"菅谷たたら""鉄の歴史博物館"見学と"木次乳業(有)"の相談役・佐藤忠吉様にお会いしてお話を聞かせてもらいました。

たたらの事は今までにも少し調べたこともあったし、たたら操業も一度見学に行かせてもらったこともあり多少分かっていたつもりでしたが、今回"菅谷たたら"見学と"鉄の歴史博物館"でビデオを見させてもらい衝撃を受けました!!

菅谷たたら.jpg

そしてその後、佐藤さんにお会いし'食の杜'内にある茅葺の家で木次乳業創業の話や農業の話を聞かせていただき、ここでもまた衝撃を受けました。

茅葺の家.jpg

何に衝撃を受けたかというと、私自身「奥出雲を愛してやまない一人」と豪語しておきながら、あまりにも'奥出雲町横田(旧横田町)'に固執しすぎて、近隣の町の事など全くしらずして語っていたということに気づかされ、このたたら製鉄の栄えた中国山脈内の地域(奥出雲地方とでも呼びましょうか)は切っても切り離せない、今はただ行政区域で区切られているだけで、奥出雲地方の生きてきた道のりを知り、この町で生きて行くことのヒントを得たような気がしました。

お勉強の'歴史'が嫌いだった私は、何年に何があったとか全く覚えられず昔の事を知って(覚えて)何になるのか?位にしか思っていませんでしたが、今'歴史'から学ぶことは多く先人達が何を思い、どう生きてきたのかを知ることで今の私たちの暮らしのヒントになると思うと歴史を学ぶというのはとても大切な事だと思っています。

今回のたたら見学で学んだことは、昔は鉄穴流しという技法で砂鉄を採りたたら操業をしていたのですが、このたたら操業に関わる人々の暮らしと、その周辺で農業をしていた人たちの間で争いがあった。どいういう争いかというと田畑が砂鉄の混じった土砂でやられてしまい農業ができず生活ができないので、その為争いを避けるためお互い知恵を出し、農閑期(9月末~3月末)の間に砂鉄採取をし、農業をする間は採取しないという約束をした。そうすることにより農家の人々も仕事のない農閑期には砂鉄を採る仕事につかせてもらった。など共存する道を取ったということです。
こういう事から'その地域で暮らす知恵'を教わるのだと思いました。

また、御年92歳の佐藤さんの92年間生きてきて体験したこと、感じたこと、今思うことなどお話を聞き、日本の農民の素晴らしさや、その土地のものを食べて生きていくことの価値や意味を教えていただき、また自立心を養う大切さ、自然と共存して生きていくことの大切さなど教わりました。

日登牧場.jpg

焼さば寿司.jpg

日登牧場で可愛い牛たちを見せてもらい、最後は木次駅の近くの名物焼さば寿司をいただき、この場でもまた皆さんの会話から感じることが多々ありました。

私の母は木次町出身なので雲南の血も混じっています。この奥出雲地域一体をもっと知りたい、たたらも行政区域で区切った発信の仕方ではなくもっと連携して発信できればいいなぁと思いました。(すでに"鉄の道文化圏"と言って6市町村でできた団体がありますが...。)まだ行ったことのない施設等を訪れてたたらについて学びたいと思っています。

今を心豊かに生きるヒントがたくさんちりばめられている、そんなことを感じた1日でした。
ご一緒させて頂いた皆様、本当にありがとうございました!!





トラックバック

 | HOME | 

Calendar

2011 / 06月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。