スポンサーサイト --------

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『モロッコ王国・奥出雲町国際親善交流』 2012-09-27

奥出雲 『イベント』

こんにちは!朝晩がすっかり涼しくというより、寒くなりました。奥出雲の田んぼの稲刈りもだいぶ終わりに近付き、庭のコスモスが満開を迎えそうです。すっかり、秋ですね♪

先日9月21・22日と『モロッコ王国と奥出雲町国際親善交流』という事で、東京のモロッコ大使館からサミール・アルール駐日モロッコ大使夫妻がお見えになりました。

先日発行した『奥出雲山里だよりvol.5』にも書きましたが、今から5年前NYの日系スーパーさんで当店の'噂の生どら'を販売させて頂く機会があり訪れた際、そこに'仁多米'が置いてあり、ビックリ!!そして店長さんに「私達はこの仁多米のふるさと、奥出雲にあるお菓子屋です。」という話をしていたら、「実はモロッコ国王が仁多米お気に入りでね...。」と話して下さいました。
帰国してから何気なく数名に話したら、町長様の耳に入り、仁多米をご縁に交流を申し出られたら快諾され、21・22日の交流に繋がったようです!
21日夜の玉峰山荘での交流会には、私もお招き頂き参加させて頂きました。

モロッコ看板.jpg

モロッコ料理1.jpg
モロッコ料理2.jpg
モロッコ料理が振る舞われ、異国の味を堪能させてもらいました♪♪

モロッコビール.jpg
こちらはモロッコのビール"カサブランカ"という名前でした☆

モロッコ王国紹介.jpg
大使自らモロッコ王国をご紹介頂きました。お料理も美味しかったですし、とっても魅力的な国で是非行ってみたいと思いました!!!

モロッコ大使.jpg
一緒に写真を撮って頂きました♪♪ 国際交流という事で、着物を着て参加させてもらいました☆

あっ、最後になりましたが、モロッコ王国ってどこにあるかご存知ですか?!
北アフリカの左上に位置し、地中海を挟んで北にスペインがあります。
首都はラバト、最大の都市はカサブランカ(←映画のカサブランカが有名ですね!)
モロッコ大使館のURLを張っておきますので、是非ご覧ください!!

モロッコ大使館HP:http://www.morocco-emba.jp/

この交流をきっかけに、モロッコ王国に興味を持っていただければ、私にとっても嬉しい限りです!!
スポンサーサイト

名工探訪。 2012-09-15

奥出雲 『イベント』

名工探訪.jpg

今日から始まりました、雲南・来待・奥出雲を巡る"名工探訪スタンプラリー"。
焼き物・木工・和紙・革製品・刃物・食、ものづくりの現場を巡るスタンプラリーです!

28店舗参加してますが、奥出雲町は10店舗参加、当店も入っています♪♪
 *井上醤油(下阿井)
 *森田醤油店(三成)
 *雲州中善刃物製作所(三成)
 *簸上清酒(横田)
 *石田食品(横田)
 *LEATHER WORKS kooism(下横田)
 *そろばんと工芸の館(下横田)
 *松葉屋(下横田)
 *たたらと刀剣館(横田)
 *天叢雲窯(竹崎)

開催期間:9月15・16・17日(土・日・月祝)
     AM10:00~PM4:00
掲載箇所を巡ると1カ所につき、1個スタンプ押印。お買いものをすると+1個。
 スタンプ6個以上...抽選で'匠の逸品'プレゼント♪
 スタンプ13個以上...もれなく'匠の逸品'プレゼント♪♪
  ※引き換え場所は加茂文化ホールラメール(9月23日まで)

何がもらえるか分かりませんが、MAP片手に是非'ものづくりの現場'を巡ってみて下さいね☆


椿庵 ~世界の笛、浪漫紀行~ 2012-09-13

奥出雲 『イベント』

昨夜、ト蔵庭園・椿庵さんにて、素敵なコンサートがありお邪魔して来ました♪

こちらのブログや季刊誌「奥出雲山里だより」でも紹介させてもらったことのある"ト蔵庭園・椿庵"。鉄師ト蔵家が関西地方から庭師を招き、約300年前に作庭したものです。
現在ト蔵家の末裔、田邊さんが'椿庵'というお食事処を庭園の中に作られお庭を管理しておられるのですが、椿庵をオープンされて丸5年が経ち、この度それを記念してコンサートを開かれました!!

椿庵 コンサート2.jpg
夜19時開演。お庭の至る所にろうそくの明かりが、幻想的な世界を作っていました!

椿庵 コンサート3.jpg
樋野達夫さんと言って、斐川在住で笛製作・作曲・演奏・講演など、音楽活動をされている方でした。世界中にある色々な笛を使って、その地域の音楽や樋野さんが作曲されて曲など聴かせて頂きました!

椿庵 コンサート4.jpg
そして、椿庵さんからのお食事がこちら♪♪ 大きな葉っぱ(すみません、何の葉っぱか分かりません)を敷いて、笹がお皿代わり、写っていませんが、おにぎりが3個ついて、幻想的な空間で素敵な音色を聴きら頂くお食事も、格別でした!!

豊かな時間に心から感謝です☆

ジルデコ ライブ in 奥出雲 2012-09-12

奥出雲 『イベント』

おはようございます!! 今日は清々しい朝でした。日中、かなり暑くなりそうな予感の奥出雲です!!

今日は、奥出雲で行われるライブのご案内です♪♪
ジルデコ.jpg

■出演
JiLL-Decoy association
ゲストライブ:トランぺッター熱田修二

■日時
2012年9月21日(金)
Open 18:30 / Start 19:00

■会場/住所
横田コミュニティーセンター/奥出雲町横田1037

■料金
<大人> 前売予約¥3,500 / 当日¥4,000
<小人> 前売予約¥2,000 / 当日¥2,500

■ご予約 / お問い合わせ
きっちん焚菜
0854-52-2299

昨年私も行きましたが、カッコいいですよ!!
ちょっぴりお洒落して大人な夜をお過ごしください☆

【ジルデコHP】http://www.jilldecoy.com/

稲田姫を照らす会 2012-09-09

奥出雲

皆様こんにちは! 奥出雲は随分と涼しくなり、稲刈りも始まり、『あぁ、秋だなぁ!』と思う毎日です。

前回のブログにコメントを下さった方がありました。
'稲田姫を照らす会'の方です。

HPを拝見できたので見てみると、奥出雲に生まれ、横田高校を卒業し、広島にでて数十年。稲田神社が好きで、稲田神社の修復の話を耳にされ、何か協力できることはないかと思われた宮本様が賛同者を集めこのHPを作られたという事が分かりました。

初めて聞いた『稲田神社を照らす会』、HPを拝見しどなたなのだろうとページをあちこち見てみると、'ご挨拶'というページに行き、経緯を知る事ができました。

【ご挨拶】
http://www016.upp.so-net.ne.jp/inatahime/goaisatsu.html
素晴らしいですね♪♪
 
稲田神社は多くの方の寄付により、拝殿の屋根を昨年修復でき綺麗になりました。
しかしまだ本殿など修復が必要で、奉賛会を立ち上げられ寄付を募っておられます。
私も、少しでも力になれればと思い、ここで紹介させて頂きます。

総事業費 1億2千万円
募集期間 平成21年8月~平成26年3月
募金内容 一口1千円より
納付方法
    1) 郵便振込  
    口座名:稲田神社奉賛会 
    口座番号:01350-2-47181 
    2) 現金書留郵便 
    ご住所、お名前、募金額(分納の場合には、総額と分
    納回数)を書面にご記入の上、現金を同封ください。
    送付先:〒699-1511 
        島根県仁多郡奥出雲町三成324-15 
        稲田神社奉賛会 事務局 石田宛

    3) 持参  稲田神社奉賛会までご連絡ください。
      稲田神社奉賛会 
      事務局電話番号 0854-54-0158(石田)

奉賛者への待遇 5千円以上のご寄付を頂いた方は、ご芳名を境内を掲載し、末長く顕彰いたします。

【稲田神社を照らす会HP】
http://www016.upp.so-net.ne.jp/inatahime/

'足元の宝を見つめて暮らしを楽しむ' 2012-09-07

つぶやき

他郷阿部家2.jpg

これで2回目。『ただいま』という気持ちで門をくぐった。

石見銀山・大森にある㈱石見銀山生活文化研究所代表取締役所長・松場登美さんが家主の暮らす宿"他郷阿部家"。奥出雲女子会メンバーと素敵な仲間たち総勢15名で訪れ、登美さんのお話を聞き、食事をし、関連施設を案内して頂いた。

『足元の宝を見つめて暮らしを楽しむ』という演題で、大森町という人口約400人の小さな町から何が大切なのかという事を、仕事を通し、暮らしを通し伝え続けてこられている登美さんにお話し頂いた。

今から7・8年前になるだろうか?長野県の小布施町という所に行った。そこでセーラさんというアメリカ人で酒屋の再生や小布施の町の活性化に奮闘しておられる女性主催の会に参加しセーラさんと名刺交換させてもらうと、島根と松葉屋という文字を見て『群言堂の松場登美さんとご親戚さんか何かですか?』と聞かれ、その時初めて松場さんの存在を知った。そして地域の事を想い、素晴らしい活動をされている人がこんなにもたくさん日本におられるのだと知るスタートとなった方。いつかお会いしてみたいと思っていたら、やっと今年の6月にそれが実現した。そして感動☆

石見銀山の大森を訪れていつも思う事、「ここで暮らすのは大変だろうなぁ。」と。でも、登美さんは言われる、「こんなに素晴らしい所はないですよ。」と...。
'足元の宝を見つめて暮らしを楽しむ'登美さんは、足元の宝を見つける天才だなぁと思う。
では、登美さんが特別なのだろうか?!いや、私の周りにも奥出雲の宝を見つめて暮らしを楽しんでいる人たちがたくさんいるぞと気付いた時、是非大切なみんなと一緒に登美さんに会い、多郷阿部家で時間を共有したいと思った。

登美さんが経営するもう一つのお店'群言堂'。お洋服や雑貨のお店の由来を聞いた。「集まった人たちがそれぞれに発言し、その中で良い方向性が生まれるという意味。相反する言葉は、一言堂で、権力者などの一人の言葉で方向性が決められるという意味。」

帰りに立ち寄った多伎にあるカフェで、そこのオーナーさんに感心して言われた。「あなた達良いねぇ、ここに来てまで奥出雲の未来を語り合うって...。」

まさに'群言堂'。奥出雲の未来は明るい!!

他郷阿部家6.jpg

『群言堂』http://www.gungendo.co.jp/
『他郷阿部家』http://www.takyo-abeke.jp/

トラックバック

 | HOME | 

Calendar

2012 / 09月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。