スポンサーサイト --------

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『女子ログ』連載 2013-06-26

奥出雲

KIMG0978.jpg

山陰中央新報社の‘くらし・読者’ページに『女子ログ』というコーナーがあります。
ここは、山陰の20代半ば~40代の女性にターゲットを絞り、ライフスタイルや日々感じること、
生き方へのこだわりなどを連載のミニエッセーで綴ってもらうものだそうで、なんと奥出雲女子会
へ依頼が来たのでした!!

今回この話を受け、女子会メンバー6人が引き受ける事になり、順番に書いていきます。


トップバッターを私が引き受け、昨日6月25日付けの新聞に掲載されました


私は、こうやってブログも書いているし、季刊誌も発行したりと意外と書く事が好きなので、すんなり
書け早速担当者へ送らさせてもらいました。
すると、赤ペンだらけ 実はこの完成版までに5回修正したのでした。

この後掲載予定の2人はほぼ一発OK!! あぁぁぁぁぁ、私のこのプライドは~~~~
全然たいしたプライドでもありませんが、書くのは得意と思っていた私の心は凹みました。


しかし!!担当者の指導はさすがで、やはり物書きのプロだなぁと実感!!
なるほど、こういう所に気を付けなきゃいけないんだとか、こういう言い回しがあるのだと、本当に
感心する事ばかり・・・、とても勉強になりました。
エッセイってこんな感じで書くんだと、ちゃんとポイントがあるんだなぁと思うと、少し書く事の勉強
をしてみたいと思うようになりました。プロの指導はやはり違うので・・・。



数名に、私の最初に書いた原稿とOKの出た原稿を読んでもらいましたが、最初のはライブ感
たっぷりで、OKの原稿は大人な感じに仕上がりましたね、なんて言ってくれました。




こんな機会を与えてもらって、本当に感謝☆
この1カ月位で女子会メンバーが交代で書いていますので、ペンネームを見ながら‘これは〇○
さんかな?!’などと想像を膨らませて読んでもらうと嬉しいです



スポンサーサイト

奥出雲女子会企画 『デザインマネジメントセミナー』 2013-06-24

奥出雲 『イベント』

先週は恵の雨で数日間ずっと降っていましたが、今日はまたお天気の良い奥出雲です

今日はちょっと奥出雲女子会の活動をご紹介します
ゆる~くですが、しっかりと続いている女子会の活動。
今までにヨガ教室・Facebook講座・交流パーティー・デザインセミナー等行ってきました。
昨年「POPを上手に作れるようになりたい!」という想いから実施したデザイン講座、
デザインの基礎を学ぶうち、デザインの元になるアイディアや企画の考え方をもっと勉強
したくなりました。
そして5月から月1回『基礎から学ぶ 商品開発のための“デザインマネジメントセミナー”』
を開催し、町内企業さん8社、一般の方3名、女子会メンバー7名の18名が学んでいます。

実はこのセミナーAコース・Bコースとありまして、Aコース2万円・Bコース5万円の受講料です!

この奥出雲で、この金額のセミナーは破格の値段だと思いますが、私達の想いやこの内容に
魅力を感じて頂き、定員18名がすぐに埋まりました。



私達の想い、それは・・・。

奥出雲での勉強はとかく何かの団体に助成金が下りて、結果受講生は無料で講演やセミナ
ーが受けられるという事が多いです。決してこれが悪い事ではありませんが、やはり本気に
なって勉強するためには、それ相応の金額を払うという事は前提だと思っています。

今回私達も助成金を申請しようとも思いましたが、これは私達が学びたい!と思った事で、
私達が学びたい事に税金を使わせてしまっては申し訳ないという思いから、受講生にはとて
も高い金額にはなりましたが、準備をし、5月18日・6月22日・7月20日と3回開催しています。



先日もお伝えした某ドラッグストアーの出店により、奥出雲の消費者の動きは変わってきて
います。
その他高速道路の影響など外的要因で、奥出雲の商店や企業は存続をかけて必死になら
ざるを得ません。

この私達の取り組みが、少しでも町内企業さんのお役に立つことを願ってやみません
そして皆で力を合せて魅力的な奥出雲になるよう、頑張っていければ良いなぁと思っています。



デザインマネジメントセミナー1
3つのグループに分かれて。


デザインマネジメントセミナー2
グループワークの内容。


温泉で楽しい笹巻き作り体験 2013-06-18

奥出雲 『イベント』

どんより曇った奥出雲、降りそうで降りません。
今日はスタッフからの情報で、‘笹巻き作り体験’のご案内です!!

奥出雲の方は‘笹巻き’と言えば何かすぐ分かりますが、そうでない方へは‘ちまき’と言えば
分かって頂けると思います。(でもちょっと笹巻きとちまきは違いますけどね…。)

過去のブログで写真付きで投稿してますので、是非こちらをご覧ください↓↓
『2010年6月27日投稿 ‘笹巻~親から子へ孫へ~』


昨年出来た奥出雲の新しい温泉施設『長者の湯』で開催させるようですので、是非参加して
みて下さいね~(^_^)/


『温泉で楽しい笹巻き作り』

  日 時:6月29日(土)10:30~12:00
  場 所:奥出雲町・佐白温泉長者の湯
  定 員:30名(先着順)
  申込み:〒699‐1434 奥出雲町佐白223-5 佐白温泉長者の湯
      ☎0854‐54‐0203 FAX0854‐54‐0206
      HPhttp://www.chojyanoyu.jp/
  締切り:6月25日(火)
  参加費:1,200円
  *笹巻き作り体験・お持ち帰り分や試食有り・長者の湯入浴券付き
  主 催:NPO奥出雲町布勢の郷 奥出雲町佐白温泉長者の湯


是非奥出雲の文化『笹巻き』体験してみて下さいね☆






http://www.okuizumosanka.jp/

遺作展 日本画安部弘延とその弟子たち~ふるさとを愛して~ 2013-06-16

奥出雲 『イベント』

数年前、父がスタッフの研修会で語ったことがある。


わしが中学1年の時、父親が病に倒れ帰らぬ人となった。そして高校を卒業と同時に和菓子の修行へ。
父親のいない家庭で貧乏だった為、母親は早く俺に帰って来て欲しくせがまれ、技術もまだそこそこ、
もう少し学んで帰りたかったが、4年の修行で22歳で帰ってきた。

その1年後、鳥上にある‘妙厳寺’のご住職から夏のお寺の行事に使うお菓子の注文を頂いた。
当時200~300個のお菓子の注文、そりゃぁ嬉しかったわ。この時はまだ和尚さんとは面識がなく、
ただ作って持って行き、多分奥さんだったかなぁ、渡して帰って来たんだよ。

そしたらまた半年後、今度は年始の行事に使われるお菓子の注文を300個くらいもらってな、
作って持って行ったら今度は和尚さんが出て来られて、こんな話をして下さったんだよ。



 和尚 『あなたが松葉屋さんかね。予想していたより若かったわ。何故私があなたのお菓子を注文
     したか分かりますか?』

 隆穂 『いえ、分かりません。』

 和尚 『あなたのお菓子をもらって食べた事がありました。正直、技術は大したことないなと思った
     けど、一生懸命さを何故か感じました。この想いを忘れずに、頑張りなさい。』


そして、和尚から「いいものをあなたにあげよう!」と。


 和尚 『僕の大学時代の恩師、教育者であり哲学者である“森 信三氏(号:不尽)”が私に書いて
     下さった書です。この意味は説明しません。あなたなら自分で解釈して活かしてくれると思
     うから、差し上げます。』



この時、わしは驚愕したんだよ。確かにあの時まだ帰って間もない頃で、そんなに注文もない時に300
個のお菓子の注文。そりゃぁ嬉しくてな、本当に一生懸命作ったんだ。
世の中には、技術は大したことなくても、そういう想いをちゃんと見てくれる人がいるんだと、本当に
驚いた事を覚えている。

そして、人は見ていなくても神さんがみてくれているんだ。そして例え神さんが見ていなくても、自分
の心がちゃんと自分をみている。 手を抜けば手を抜いた事もみているし、一生懸命したことも必ず
誰かがみているんだと、俺はこの‘みてござる’という意味をそう解釈したんだ。
 

頂いた書は半紙に書いてあったので自分で表装。以来わしの宝物、原点を忘れない為時々見ている。

みてござる 縦



昨年お亡くなりになられた安部弘延先生、その遺作展が開かれると聞きました。
以下、チラシに書いている【遺作展概要】をそのまま載せさせてもらいます。

安部氏は高校時代に岡田麗水氏に認められ、本格的に絵画の道へ進み、大学時代には島根県総合美術展に発出品し佳作賞を受賞しました。事故で身体が不自由になった後も妙厳寺住職の傍ら、花や鯉などを育て“いのち”を描き、特に椿の花の作品が多く、庭に咲く多種の椿を愛でては描き続けました。作品からは、自然のもつ生命力や強さを感じると共に、ふるさとを愛し続けた画伯の心が伝わってきます。日常の暮らしを大切にしながら、やわらかくも確かなまなざしで描かれた作品と、その弟子たちに脈々と流れる素朴な暖かさをどうぞご鑑賞下さい。

弘延先生チラシ

日にち :平成25年6月20日(木)~24日(月)
会 場 :【第1会場】奥出雲町鳥上コミュニティーセンター
      【第2会場】妙厳寺(鳥上コミュニティーセンター先100m)
観覧料 :無料
開館時間:午前10時~午後5時(入館4時まで) ※24日(月)は午後3時まで
主 催 :奥出雲町文化協会
後 援 :奥出雲町・奥出雲町教育委員会
問合せ先:文化協会事務局 0854‐52‐2680(奥出雲町教育委員会内)



http://www.okuizumosanka.jp/

恵の雨 2013-06-15

奥出雲

恵の雨1
ようやく雨が降りました


今日の地元のお客様との会話は『やっと降りましたねぇ!』が大半です。
みんな待ち望んでいました。
本来土日はお天気であって欲しいのですが、今日は嬉しくホッとしています!



13・14日と大阪に行ってきました。13日は仕事、14日は休みを取ってせっかく
来たので色々見て帰ろうと思って…。

4月26日にオープンした『グランフロント大阪』に事務所移転された会社さんと
の打ち合わせだったので、そのままここの見学をして帰りました。

そして!! 
長靴

グランフロント内にあったショップで一目惚れ、赤い長靴を買いました♪
大都会大阪に行って買って帰った物・・・、農作業と雪が降った時用の長靴(笑)



どこまでも田舎もんです






http://www.okuizumosanka.jp/

雨乞い 2013-06-12

奥出雲

KIMG0955.jpg

皆さん、こんにちは。
雨が降りそうで降らない、奥出雲です。

いつでしたっけ、梅雨入りしたのは?! 梅雨入り宣言を聞いた途端、雨が降らなくなりました

農家さんから、「お水が足りない」と切実な声をよく聞くようになりました。
今年は、雪もあまり降らなかったので水不足が心配されていましたが、ここに来て雨まで降らず
かなり深刻な状況です。

今日うちのスタッフが、「私がお嫁に来て11年。今までは山から流れ出るお水だけで田んぼの水
まかなえていましたが、今家族会議で今年はツツミの水を出さんといけんねぇ、と話しているん
です。こんな事今までなかったのに、今年は本当に異常です。」と。

今私達に出来るのは、少しでも節水する事と、天に祈る事でしょうか?!(雨乞い雨乞い)



こちら お店の庭のブルーベリーの木です。
KIMG0954.jpg

随分色付いてきました
農園での収穫は1週間~10日くらい先になりそうです。 収穫が終わると季節限定の
「ブルーベリー生どら」が発売になりますので、もうしばらくお待ち下さいね!!



明日から、2日間大阪に出張です。大阪の新名所「グランフロント大阪」内にある事務所に
お邪魔するので、今からとっても楽しみです!!

最近、奥出雲にどっぷり浸かってますから、たまには都会の刺激的な空気も吸って来ないと!


色んな刺激をもらいに行ってきま~す

最近思う事 2013-06-09

つぶやき

ちょっと最近考えてることを日記にしてみる事にします。

このブログを読んでくださってる方ならお分かりだと思いますが、何故か私は『奥出雲が大好き』なのです。だからこんな風に奥出雲に特化したブログを書いているわけであって、とにかく奥出雲の人に奥出雲の価値を知ってもらい、奥出雲外の人達に奥出雲の魅力を伝えたいと思い、色んな事に首を突っ込んでいます。

奥出雲女子会が立ち上がったきっかけも実はそんなところにあって、みんな奥出雲が大好きな女性ばかりが集まり、自分達で楽しい事をやろうと、時々活動しています。

あと最近大きく首を突っ込んでいるのが『あじわいロード』という民間団体のグループ。数年前の高速道路無料化や今年開通した松江道など、様々な要因で奥出雲の入込客が減少しているので、各企業1社の力で出来ない事を協力してやろうと立ち上がった団体。約10年続き、今後のこともあり参加させてもらっています。

そして最近農業関係の方達との交流の中で見えてくる奥出雲の農業事情や先日はとある先生を囲んでの教育について考える会(←といっても飲み会ですが)など、自分の商売だけではなく、あらゆる分野の方達と話す中で見えてくる奥出雲の現状と課題など、結構深刻な問題が山積みです…。


この私が色々と首を突っ込んでいるグループ、結構同じ人と被るんですよね!!
という事は、皆、自分の仕事だけでなく、奥出雲の将来を憂い、なんとかしたいと思っている人がいるって事なんです。


話しは変わりますが、先日私の友人が松江から遊びに来てくれました。彼女は今までに2回奥出雲に来てくれているのですが、彼女の仲良しの女性を連れて是非奥出雲に来たいと先日3人で来てくれました。
彼女達はお昼頃松葉屋に到着し、ゆかり庵でランチ→産湯の池見学→斐乃上荘と民宿たなべの間にあるわくわくプールで足湯→シナトラでお茶→ビストロ・ソラでディナー→浪花旅館で宿泊→翌朝帰って仕事。とこんなスケジュールで来てくれたのでした。

友人の友達は初奥出雲、50数年生きてきて初めて奥出雲に来られたそうで、かなりの旅行気分。「何もない田舎だと思っていたけど、素敵な所だねぇ♪将来移住したいわ~!早急にまた咲子さんのおススメのお店に食べに来ます。」なんて言って頂きました。

来るまでにネットやパンフレットで3人がどこ行こうかと検討、雲南市にあるとあるお店も奥出雲だと勘違いしスケジュールを立てようとしたいたのですが、最終的に私に連絡があり、色々アドバイス、ざくっと行きたいところを決めて来てくれたのでした。
そして、2回来たことある友人の案内で来たのですが、色々迷い松江を出てから1時間半かかって松葉屋に到着!その後上記のスケジュールで堪能してくれましたが、行った先々で良い意味でのハプニングがあり、奥出雲の人々のおもてなしに感激してくれていました。そして食べたお料理がどこもとても美味しく、お料理とお値段にビックリしておられました。

何故こんな話を出したかというと、最近色んなグループから出てくる話で、どうやって奥出雲に人を呼び、ファンになってもらうかのヒントがあるからです!!

*奥出雲への案内(サイン)が非常に分かりにくいという事。
*松江に50数年も住んでいても奥出雲に来たことがない人がいるという事。
*来れば奥出雲の魅力が分かり、住みたいとまで行ってくれる事。

このお客様達が何に感激し、もうちょっとこうだったらもっといいのにと思ったか、これこそが人に来て頂く為の課題で、解決できれば、もっと多くの人々に奥出雲に来て頂けるということなのではないかと…。


色んなところに首を突っ込んでいて、それぞれがそれぞれ一生懸命頑張っておられることを知ると、この「点」と「点」を『線』に繋げられるよう、私にできる精一杯の事をしようと思わされます。
一生懸命やっているのに成果が出ない、どこかポイントを外している、こんなことも見えてきたりするようになりました。私だってもちろん、出来ない事だらけですし、ポイントも外している事だってたくさんあります。だからこそ、勉強し、今目の前にある事に一生懸命コツコツすることが大切だと、人に教えてもらっています。

『人の話を素直に受け入れ、反省し、そして目の前にある事をコツコツと積み上げていく。』

実は当たり前の事で、そんなに難しい事ではありませんが、これがなかなか出来ないのですよね、残念ながら…。
ついつい評論家になってしまいがちです。

今後の奥出雲について色なんな方とお話をする機会がありますが、私は2種類のタイプに分かれると思います。

 A.何が問題点かが分かり、その解決に向けて決して派手ではないが、自分でコツコツと努力する人
 B.何が問題点かが分かり、それを会の中では発言するが、自分ではやらないで人に任せ、出来ないと人や何かのせいにする人。そして、成功したらいかにも自分は最初から分かっていたと、手柄を自分のものにする人


Bの人がいわゆる評論家と言われる人です。(※本来の評論家が悪いと言っている訳ではありませんので。)

肩書ではなく、本当にコツコツとやっている人、尊敬します!! 
何が大事か、41年生きてきて少しわかってきたような気がしています。


だから最終的に行きつく先は『教育』。現在ここに着目し重点を置いて様々な事をされている町がありますが、結局何かをしようと思った時『人の力』が一番大切です。その時どういう教育を受けたて来たのか・・・『人間力』これが最も大事なポイントだという事を感じます。


素敵な仲間たちと楽しみながら奥出雲の課題を少しでも解決し、楽しく幸せに暮らせる町が作れていけたらいいなぁと、それが私の願いです☆

自分自身の『人間力磨き』、頑張ります!!


KIMG0941.jpg




お田植え祭り in 悦ちゃん農園 2013-06-02

奥出雲 『イベント』

奥出雲でお米の完全無農薬栽培をされている‘悦ちゃん農園’のお田植え祭りが5月31日に行われ、
参加させて頂きました!!

悦ちゃん農園

祭壇
心配されたお天気でしたが、この通り

神事
総勢60名くらい集まり、厳かに執り行われました。

悦義さん
こちらが、悦ちゃん農園の渡部悦義さんですが、私も悦ちゃんと呼ばせてもらってます

田植え
写真の奥の方、分かりますでしょうか?!田植え歌を歌っておられます
実は私も一緒に歌わせて頂きました。前日無茶ぶりの依頼(笑)、でしたがCDを聴いて
何とか形にはなりました。

田植えはご覧の通り、線が交差している所に苗を3本ずつ植えます。
私も2往復させてもらいましたが、やはり大変。農業の大変さの一端を垣間見ました。

交流会
食事も準備して下さっていて、みんなで美味しいおにぎりや採れたて新鮮野菜など
頂きました

交流会1
そして悦ちゃんがどうしてもみんなに食べて欲しいという事で、写ってはいませんが
サザエ、イカ、珍しいウチワエビを準備して下さっていて、海の幸まで一緒に頂きま
した

県内各地、そして県外からも悦ちゃんを慕って約60名もの方々が集まりお田植え祭、
凄いですよね!!
食べる人の健康を願い、地球環境も考え、まじめに真摯に取り組む姿勢に多くの方が
共感、そして感動しておられます。
どんどん輪が広がり、悦ちゃんの周りはいつも笑顔でいっぱい

益々お元気で頑張って頂きたいと思います。


トラックバック

 | HOME | 

Calendar

2013 / 06月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。