スポンサーサイト --------

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『そば処 清聴庵』 2014-04-29

奥出雲 『食』

清聴庵5

ずっと行きたいと思いながら、なかなか行けなかった上阿井の可部屋集成館駐車場内にある『清聴庵』というお蕎麦屋さん!!
先日櫻井家でたたらの歴史報告会があり、その際行ってお蕎麦食べてきました



清聴庵2

店内を撮るのを忘れたのですが、窓際から見える景色がこちら↑↑
美しさに、癒されました~♪♪

清聴庵3

メニューは、割り子そば(750円)とそれに天ぷらの付いたセット(1250円)の2種類のみ。
私は、山菜の天ぷらの付いたセットを頂きました。
ショップカードにこのように書いてありました↓

清聴庵のこだわり
 一つ、そば粉と水のみで打った十割そば
 一つ、そばは地元‘阿井の郷’で栽培した奥出雲の在来種の小そばを使っています
 一つ、そば粉は櫻井家の水車小屋にてひいて製粉しており、大変きめ細かいそば粉で作っています

奥出雲のお蕎麦屋さん、やっぱりレベル高いです!!
美味しかったです(*^_^*)


清聴庵4

魚が泳いでいるのが肉眼で見えるくらい、澄んだ川。
ちょうど今新緑が綺麗です!!

是非櫻井家の庭園と、可部屋集成館の展示と併せて行ってみて下さい。



【そば処 清聴庵】

 住  所:奥出雲町上阿井 可部屋集成館駐車場内
 電  話:0854-56-0800(可部屋集成館に繋がります)
 営業日 :紅葉シーズンは毎日営業
      シーズン外は土・日・祝日のみ
      ※冬季はお休み(12月~3月まで)
 営業時間:11:00~15:00
      ※そば粉がなくなったら終了
      

スポンサーサイト

映画「たたら侍」キックオフイベント 2014-04-24

奥出雲 『イベント』

たたら侍ポスター

錦織監督の最新作映画『たたら侍』の撮影が今年始まります
それに先駆け、キックオフイベントがあるからと、奥出雲在住の佐藤プロデューサーがポスターを持って来て下さいました!!


お話を伺ってみると、前作の『渾身』の主役が‘劇団EXILE’の青柳翔さんで、今回の作品にも主役に抜擢。
そのご縁からEXILE HIROさんがこの『渾身』を観られ、錦織監督と島根に興味を持たれたそうです。
そしてお二人が会う事が決まり、意気投合!! そして、一緒に『たたら侍』を作ることになったのだそうです!

頂いたポスターに書いてある言葉を載せますね。

映画『渾身』が縁を結び EXILE TRIBEと錦織映画が出会った
まさに、島根が結んだ縁・映画『渾身』をきっかけに、EXILE HIRO氏と映画監督錦織良成氏が意気投合、
一緒に『たたら侍』を作ろうと!立ち上がりました。
映画を通して島根と出会ったHIROさんは、映画を作るだけでなく、先ずはすごい本物の島根を盛り上げたい!と提案。
錦織監督はその会打ち想いと心意気にHIROさんに惚れ直したといいます。
前代未聞。クランクイン前のプレ企画として、今一番スケジュールを押さえられないと言われるEXILE TRIBEが
島根を盛り上げるために来県します。
EXILE HIRO氏がエグゼクティブプロデューサーとしてけん引、大きな力を得た錦織組に多くの才能が集結し、5月7日
いよいよ、その一歩を踏み出すことになります。

“本物を作りたい”と誓った、熱き男達の想いが映画『たたら侍』に集結。
本物が在る「島根」を世界に発信する。



カッコいいですね~

佐藤プロデューサーは、やはりまだまだ「たたら」というものが何かを知らない人が多いので、それを映画という形で多くの人に知ってもらいたいとおっしゃっていました。

佐藤プロデューサーは元々島根の方ではなく、ずっと東京でお仕事をされていたのですが奥出雲の方と知り合い結婚。
現在こちらに住まれています。
もう7年になるとおっしゃっていましたが、島根や奥出雲の良さを実感しておられ、多くの人に紹介したいと思っておられる一人です。
「やりたいことがたくさんあるんですよ~。」と熱く語って下さいました。


同じ想いを持つ方がここにも・・・
一緒に色々やりましょーと盛り上がり、今ワクワクしているところです
楽しみがまた一つ増えました


こちらのキックイベント、興味のある方は是非申込みしてみて下さい。
応募締め切りは4月28日(当日消印有効)
イベントは、5月7日(水) 17:00~ 島根県民会館で行われます!!
詳しくは、こちらのサイトへどうぞ↓↓
http://www.shimane-catchnavi.jp/cul_shimane/show?id=41423

咲楽、咲く 2014-04-23

つぶやき

昨夜、仲良しのメンバーと久しぶりの飲み会
4月21日が誕生日ということもあり、お誕生会も兼ねて開いてくれたのでした

そしてサプライズが!!!
大好きな仲間たちから、新たなスタートを切った私とLちゃんへ向けて寄せ書きをくれたのでした
4月1日からスタートした‘有限会社咲楽’の私達の為に・・・。

20140422寄せ書き


今から約10年前、桜の花が満開の頃、私の師匠に「いつか奥出雲のHappyをお手伝いする会社を作りたい、会社名は私の名前を1字取って、‘咲’という字と、みんなが楽しくの‘楽’という字を合わせて“咲楽(さくら)”という会社を作りたいです!」と言っていました。
そして数年後の2006年4月、『有限会社咲楽』を立ち上げました。しかし、本業も忙しくなかなか思うような形にならず2012年12月で一旦休業。そしてこの度4月1日よりビジネスパートナー(Lちゃん)と共に、2人で再スタートを切りました。

まだ、ヨチヨチと歩き始めたばかりの会社で、「何をする会社なの?!」と聞かれても即答できないのですが、『人と人をつなぎ、人とモノをつなぎ、心と心が通うお手伝いをする会社』という感じでしょうか・・・。


3年前に仲良しのAさんとLちゃんの三人で、「女子農園部を作ろう!」から始まった「奥出雲女子会」。
あっという間に8人集まり、自分達が楽しむ、周りにも楽しんでもらう企画をし、ワイワイ・ガヤガヤやってきました。
そして私はこのメンバーと出逢ったお陰で、奥出雲に対する考え方や、人に対する見方・付き合い方、仕事への向き合い方・やり方など、多くの事を教わりました。

この出逢いのお蔭で、私は「女性たちが輝く町にしたい!そのお手伝いが出来る会社にしたい!」と思うようになり、そしてボランティアではなく、やったこと(成果)に対してきちんと評価をしてもらう(報酬を得る)形が必要だと考えるようになりました。
自分一人では何も出来ないけれど、みんなで力を合せれば思ってた以上のことができたりするのを実感しているので、会社の規模は小さいですが、多くの素敵な仲間たちと一緒にこの町をもっと素敵にするお手伝いをしていきたいと思っています。


先日やっとLちゃんと「私達が取り組みたい奥出雲の課題」を挙げ、この課題に対して「私達にできること」を考えてみました。
そこから、‘これをやってみよう!’‘これが必要だ!’と出てきたので、出来ることからコツコツと積み重ねて奥出雲のHappyにつなげていけたらと思っています。



皆様にどのような形でご報告しようかと思っている間に時間が立ってしまいました。スミマセン。
未熟な二人ですが、何かのお役に立てるよう頑張りますので、皆様どうかご支援のほどよろしくお願い致します。


事務所は、奥出雲・稲原にありますので、どうぞお気軽に遊びに来て下さい。
お待ちしています

台湾への興味 パート2 ~和菓子職人・エミリーさん~ 2014-04-20

つぶやき

4月2日、台湾からお客様をお迎えしました!!

和菓子職人・吳蕙菁さん(通称エリミーさん)


友人から「台湾で和菓子職人をしている人が島根に来られるので案内したい。」と3月末に連絡を受け、
詳しいことも分からず当日を迎え、弊社の工場で和菓子を作りたいというお話だったので、場所をお貸し
したのでした。


エミリー

なんとエミリーさん、和服姿で登場!!そこから驚かされたのでした。


エミリー2

そして台湾から持ってきた材料で、上生菓子作りをされ始めました。
こちら‘はさみ’を使って菊の花びらを表現する「はさみ菊」という和菓子。


エミリー6

ちょうど桜の季節だったので、まずは「桜」にちなんだ和菓子を作って下さいました!!
右上に写っているのは台湾から持って来てもらった、うさぎの形をした「落雁」。
パッケージも含め可愛いです♪♪

KIMG1615.jpg

そして途中から、時間も迫ってきて「咲子も手伝って下さい!」と言われ、まさかの参戦(^_^.)
実は私・・・和菓子屋でありながら上生菓子は作ったことないのです。
というか、お菓子作れないのです・・・

KIMG1618.jpg

ジャン↑↑咲子作です 
形はいびつですが、エミリーさんに教えてもらい何とか形になりまりた


エミリー4

そしてこちら、ご覧ください エミリーさん作の上生菓子たちです!!
もともとエミリーさんはグラフィックデザイナー。パッケージデザインもご自分でされたのだとか。
日本に無い色彩ですが、素晴らしいです

エミリー5

終わって、記念撮影 どちらが和菓子屋の人間か分かりませんね~



元々グラフィックデザイナーとして活躍されていたエミリーさん、クライアントの指示で自分が良いと
思ったデザインでも変えなければならないことが嫌になり、自分の思うモノを作り表現したいと最初は
ケーキやクッキーなど洋菓子を学ばれたそうです。すると使う原材料のバターや油の多さに自分で食べ
たくないと思い、ヘルシーな和菓子に興味を持たれ、6年前日本にある和菓子の学校へ留学。卒業後
1年間東京の和菓子屋で修業し、現在台湾で「唐和家」という和菓子店を経営され、上生菓子教室も
開き台湾の方に和菓子の魅力を伝えているのだそうです!!
そしてエミリーさん、日本語堪能です☆

唐和家HPはこちら→http://www.toukaya.com/index.php


日本の和菓子文化に魅了され、台湾で和菓子や日本文化を伝えているエミリーさんと出逢い、私は
日本人でありながら、しかも和菓子屋に生まれながら本当の意味で何も分かっていないという事を
思い知らされました。

しかしたった1時間くらいでしたが、教えてもらいながら一緒に和菓子を作ってみて楽しかったです。
そして日本の和菓子の繊細さに、作ってみて初めて素敵だなぁと思いました。


自分で着物を着こなし、日本文化を伝えている私と同年代のエミリーさん。
私が忘れていた事、近すぎて見えなかったものを気付かせてくれました。


「一緒に台湾と日本(出雲)の交流をしましょ!
 出雲には日本が残っている、素晴らしい場所です!!」


と言ってくれた言葉が嬉しく、そう遠くない将来、エミリーさんを訪ね台湾へ行きたいと思っています!!





台湾への興味 パート1 ~講演会編~ 2014-04-20

つぶやき

こんにちは!!
朝晩まだまだ寒い奥出雲です 皆様のところはいかがでしょうか?!

昨日、講演会に行ってきました。
海外で生活したのをきっかけに「日本って素晴らしい☆」でも「日本のこと何も知らない・語れない」
と思い、まずは自分の町“奥出雲”の事を知ろう!と少しずつですが勉強し、そして歴史に興味を持つ
ようになりました。

とはいえ、ゼロからのスタートがようやく1になったくらいの程度で到底語れるような知識レベルで
なく、もっと歴史が分かれば面白いのになぁといつも思っています。

すると先日知人から「こんな講演会があるけど、行ってみたら。」と案内をもらいました。
タイトルからして興味をそそられたので昨日、三刀屋まで行ってきました

KIMG1634.jpg

講師は、博多の歴女と言われる‘白駒妃登美さん’。
思っていた以上に素晴らしい講演で、途中から涙が止まりませんでした。
その理由は、歴史上の人物のエピソードをいくつか話されたのですが、永井隆(三刀屋出身)や
吉田松陰・正岡子規、そして初めて聞いたインドネシア独立戦争の中核要員を育てた柳川宗茂、
1964年の東京オリンピック招致に奮闘したフレッド・イサム・ワダ、
日本統治時代の台湾に農業の為のダムを作った八田与一、など
そして3度の映像を見たのですが、スポーツ選手の生き様や想い・・・

日本人って、自分の為より人の為・みんなの為にと戦っている・生きているという事を教わり
『日本人で良かった』という想いと『自分は何をしているんだー』という情けない思いと、
色んな思いが混じり、涙が止まらなかったのです。


講演の中でかなりの時間をさいて話されたのが「台湾」の話。

今まで欧米にばかり興味のあった私はアジア圏には全く関心もなく、もちろん(⁈)歴史的なこと
などまるで知らないので、台湾と聞いても何も思い浮かぶものもなく、近くにある国くらいに
しか思っていませんでした。

そんな中聞いた話。
1895年(明治28年)~1945年(昭和20年)まで台湾は日本に統治されていたのだけれど、欧米諸国
が植民地に奴隷化していたのとは違い、日本は教育を施し、インフラ等を整備した。
日本が統治した国は台湾と韓国で、両方とも先進国になっている。

その当時の台湾の人達は皆日本語が話せ、80代や90代の方達と話をすると日本に感謝していると
言われ、親日家が多いと聞きました。
その中でも印象に残ったのが、90代の女性に「統治されていたと言わず、かつて私は日本人だった、
日本国民だった。」と言われたり、台湾での一番の褒め言葉は「あなたには日本精神がある」という
言葉だとか。(日本精神とは自分さえ良ければではなく、みんなの為ということだそうです。)

白駒さんは「台湾には日本が失ったものが残っている」とおっしゃっていました。

もちろん、こんな簡単なことではないでしょうし、ひどいことをした部分もあると思いますが、
それでも元々日本人の持っているものは、

「私は生きている」ではなく、人と人との繋がりの中で「私は生かされている」という、
おかげさまという感性を持ち、自分さえよければではなく、他人を思いやり、恩に報いる
生き方をしてきたのだ、私達はそのDNAを受け継いでいるのだからもう一度日本の良さを、
日本人の良さを取り戻さなけれならないというお話でした。


歴史は、何年に何が起こったを知ることよりも、私達の先祖が、先人達がどういう生き方をしてきた
のかを知り、日本人としての誇りを持って生きることの大切さを教えてくれると教わりました。

白駒さんのお話、本当に素晴らしかったです。
全国各地で講演なさっていますので、是非お近くであれば足を運んでみて下さい。
感動で涙があふれること間違いなしです!!

白駒妃登美さんブログ→http://ameblo.jp/hitomi-mazenda/


実は、まだ紹介できていなかったのですが、4月2日に台湾からお客様をお迎えしました!!
全く今まで興味のなかった「台湾」。
この方からも大切な事を教わりました!!

台湾を身近に感じた4月。
何かに導かれ、ご縁を頂いたのだと感じています。


パート2は「台湾からのお客様編」です。

続く・・・。



2014春 R314奥出雲あじわいロードのご案内 2014-04-16

奥出雲 『イベント』

あじわい春ポスター

4月19日(土)から、『2014春R314奥出雲あじわいロード』が始まります
今回は加盟店のスタンプラリーがありまして、
 『そば』・・・5店舗
 『飲食店』・・・8店舗
 『買い物』・・・9店舗
 『匠の技』・・・3店舗
 『レジャー』・・・3店舗+おろち花田植え(蔵屋地区)
 『宿・温泉』・・・5店舗
 『ドライブサポート』・・・4店舗
のカテゴリーに分けています。
このカテゴリー別でスタンプを集めて(3個or5個)もらうと、あじわいロード加盟店で使える商品券か
特産品が当たります!!

例えば、

【Aコース・スタンプ3つ】…『そば』山県そば・『買い物』横田蔵市・『レジャー』絲原記念館 
 あじわいロード商品券2000円分または特産品 100名様

【Bコース・スタンプ5つ】…『飲食店』中国料理直久・『買い物』大岩屋・『匠の技』藤原写真館
               『宿・温泉』民宿たなべ・『ドライブサポート』横田マルヰガス
 あじわいロード商品券5000円分または特産品 20名様

と集め方はこんな感じです!!カテゴリー別に集めないといけませんので、例えば『買い物』のカテゴリーのお店、松葉屋・キャロットハウス・簸上清酒では3つとはなりませんので、お気を付け下さい。
その場合は新たに用紙をもらってまた違うカテゴリーでスタンプをもらって下さいね☆
スタンプラリーは5月11日(日)までやっています。お一人様何度でも応募してもらえますので、色々周ってみて下さい


そしてもう1つ!!
『奥出雲フォトコンテスト2014』も同時開催します
テーマは‘奥出雲のあじわい風景~冬&春~’です
撮影時期は問いませんが、奥出雲町内で撮った写真で‘冬か春’にまつわる写真を募集しています。
お一人様2点まで応募できますので、是非素敵な写真をお送りください!!
最優秀賞はなんと!!あじわいロード商品券もしくは特産品3万円分です(1名)☆
そして、賞は全部で34ありますので何かが当たるかもしれませんよ

詳しくは、あじわいロード加盟店にチラシが置いてありますのでそれをご覧ください!!



5月の連休頃は船通山のカタクリが咲き誇り登山客を癒し、
トロッコ列車に乗れば、新緑が美しくさわやかな風が心地よく、
町の花しゃくなげも5月中旬頃見頃を迎え、
5月5日には古代衣装を身に付けた方達の花田植えを見ることができます

この度のチラシには、奥出雲のロケ地情報も少し載っていますので、是非あちこち巡ってみて下さい


あじわいロードのFacebookページも開設しました!!
奥出雲や各店舗の旬の情報をお届けしますので、是非『いいね!』をポチッとお願いしますm(__)m 
https://www.facebook.com/ajiwairoad


是非皆様、イベント盛りだくさんの奥出雲へお越し下さい~

“第1回お~っ!と言われるおもてなし料理教室”開催!! 2014-04-14

奥出雲 『イベント』

春です、桜が満開の奥出雲です
すっかりご無沙汰をしてしまいました。
ご報告したいこと、皆さんにお伝えしたいこと、た~くさんあるのですが・・・。
時間の使い方が下手なようで、気が付けば4月の半ばを迎えようとしていました。
追々紹介していきますねm(__)m


さて昨日、奥出雲の人気フレンチレストラン『ビストロ・ソラ』の飯田夫妻による、料理教室が奥出雲で開かれました

事の起こりは2月。
仲良しの彩子さんと2人でソラさんへ食事をしに行った時の事です。
女子力低~い私達は、料理教室を奥出雲で開きたいと思って話をしていたので、ソラの奥様にその事を
告げると『私達もやってみたいと思っていました~♪』と、嬉しい答えが!!


私達の出したテーマが、
「女子力がヒジョーに低く、年に数回しか料理をしない。
 だけど、その年に数回の料理を作って誰かに食べてもらう時、
 お~って言われる料理が作りたいんだよね~。
 普段料理しない私達でも、簡単に作れて、しかもお~って言われる料理、
 そんな料理教室出来ないかしら?!」
と無茶ぶりをしてみたら、奥からご主人出てきて「出来ますよ~!!」って



そんな訳で、実現したのがこちらの料理教室↓↓
“第1回お~っ!と言われるおもてなし料理教室”です
ソラ料理教室1
奥様のちひろちゃんが、↑このようなウエルカムボードを作って迎えてくれ、みんなのテンションも扉を開ける時から高かったです!!

ソラ料理教室9
こちらが、教えてもらうメニュー。
3つも教えてもらって、その上テーブルコーディネートまで!!!!
飯田夫妻のおもてなし度の高さに、感激でした





ソラ料理教室2
はい、こちらがソラの飯田シェフ
ブイヤベースに使う魚介類を五島列島から取り寄せて下さったとか・・・。

ソラ料理教室3
この日の為に「勝負エプロン」買いました(笑)

ソラ料理教室4
自宅からお皿を持って来てもらって盛り付け
左から‘鶏胸肉のポッシェ’‘海の幸のブイヤベース’、白い器が‘ココナッツのブラマンジェ’
ソラさんからの差し入れで‘自家製パンとソラマメのキッシュ’


参加者10名で、3チームに分かれて教えて頂きました
ソラ料理教室5
仲良し彩子さんと!

ソラ料理教室7
男性参加者も!!そして松江や宍道から!!!

ソラ料理教室8
出雲からお越しの方もいらっしゃしました~!!!

ソラ料理教室6
最後、出来上がった料理をみんなで美味しく頂きました


楽しくて、美味しくて、みんな大満足
「また是非やって下さい!」と参加者からも言って頂き、本当に嬉しかったです。

これは是非シリーズ化したいと・・・
「お~っ!と言われるイタリアン」
「お~っ!と言われる和食」
「お~っ!と言われる中華」
「お~っ!と言われるケーキ」
「お~っ!と言われる和菓子」
「お~っ!と言われるパン」
などなど、奥出雲でどの教室も開催できるなぁと・・・。



講師やってもいいよ~という方がおられましたら、
また、是非参加したい~という方おられましたら、
私までご一報ください!!

本気で考えます☆



トラックバック

 | HOME | 

Calendar

2014 / 04月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。