スポンサーサイト --------

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥出雲神社巡り~三澤神社~ 2015-04-23

奥出雲『神社』

最近私の中での注目は、“三沢地区”。
出雲国風土記、戦国時代の“要害山三沢城”、たたら製鉄の鉄穴流しなどなど、紐を解くと興味深い歴史がここ“三沢地区”にはたくんさん残っているのです!!
この地区には様々な歴史の研究会があるようで、是非一度お話を伺ってみたいと思っているところです。

さて、先日大原神社にお邪魔し、その後後藤宮司に案内してもらったのがこちら『三澤神社』です。
まず名誉宮司でいらっしゃる陶山親敏氏のお宅にお邪魔し、三澤神社のお話を聞かせてもらいました。

そして頂いたのが、こちらの冊子↓↓
三澤神社

全く予備知識無しで伺ったので、最初少し理解できないところがありましたが、お話しを録音させてもらい帰って聞き返し、頂いた資料を読み、‘三澤神社って凄い☆’というのが、分かりました。

主祭神は“アジスキタカヒコネノミコト”、オオクニヌシノミコトとタキリヒメノミコトの御長子神。
創立年代は明らかではないようですが、出雲国風土記には『弎沢社』として仁多郡にある神祗官社(国が認めた神社)2社(もう一社は伊賀多氣社)の首位に記録されています。

そして三澤郷に載っているエピソードが、
「アジスキタカヒコネノミコトは髭が長く伸びるほどになっても、昼も夜も泣いて言葉も喋れなかった。心配した御親神、オオクニヌシノミコトは御子神を船に乗せ沢山の島々を連れ巡りあやされたが、いっこうに泣き止まれなかった。困り果てた御親神は夢の中で『御子の泣くわけを教えてください。』と一心に祈られると不思議なことに、その夜、夢の中で御子がものを言われた。目が覚めてから御子に尋ねられると『三澤』と初めて言われた。更に『そこは何処か』と問われると、御子は御親神の前に立って石川を渡り、坂を上ったところで立ち止まり『此処です』とおっしゃった。この澤からはこんこんと水が湧き出ており、御子はその水で身を清めすっかり健康になられ、たくましい男神になられた。」 (※三澤神社略記より)
なのだそうです。

そしてこの理由より、出雲国造が神賀詞(かむよごと)(天皇の長寿と繁栄を祈る賀詞)奏上に朝廷に参向される時はこの神水で身を清められたと、風土記に記載してあるようです。

この話を何年か前にどなたかに説明した際、「今でもその風習はのこっているのですか?!」と聞かれたそうなのですが、その時は分かりませんと陶山名誉宮司は答えられたのだそうです。
そしてその数年後、今から11年前の平成14年に出雲国造が変わられた際、‘風土記記載のように三澤池の神水で身を清めてから奉献の儀を行った’旨のお手紙を第84代出雲国造千家宮司より頂戴したと教えて下さいました。

1300年前から変わらぬ儀式が続いていることは、この度の出雲大社や伊勢神宮の遷宮で知りましたが、このエピソードにもまた感動を覚えました!!


そしてその「三澤の池」ですが、本当にどこにあったのかはっきりとは分からず、3つの節があるそうです。
ここにはまだ行っていないので、近々行ってみたいと思っています。
時間が無くて写真も撮れなかったので、今度は社殿と池の写真を載せたいと思います。


『出雲国風土記』の神社巡り、楽しくなってきました♪♪






スポンサーサイト

奥出雲神社巡り~大原神社~ 2015-04-17

奥出雲『神社』

暖かいと感じる日が訪れたかと思いきや、また冬の寒さに逆戻り・・・。
お天気も悪いですし、早く暖かい日が来て欲しいと願うばかりです


先日、久しぶりに奥出雲の神社巡りをしてきました!!
上阿井にある「大原神社」と三沢にある「三澤神社」です。
両神社の宮司を務めておられる、後藤和彦さんに連絡を取らせてもらい、お話しを伺いに行って来ました。

大原神社
初めて行く大原神社、鳥居の前に立ち、長く続く階段を見て歴史を感じました。

大原神社1
あいにくの雨で、ほとんど写真は撮らず仕舞い・・・。
立派な社殿は是非皆さんご自分の目で確かめに行って下さいね!!


お話しを伺って分かったこと。

成務天皇5年(135年)のとき上阿井雲崎地区に勧請。(573年間ここにあったそうです)
その後、和銅2年(709年)、上阿井神田地区へ移転。(951年間)
そして現在の場所に上阿井大森地区に移転し450年くらいになるそうです。

国主や藩主の崇敬が篤い神社だったのだそうで、天文20年(1551年)に仁多郡主三澤為清が崇敬して社殿を造営したということです。

聞いてビックリです!!
だって、古事記1300年(712年)とか言っている以前の、135年にはここ阿井に神社があったという事が分かっているなんて、凄くないですか!!!

人々が1,880年間ずーっと守り続けているんですよ、ここ奥出雲阿井地区で・・・。
今も10月9日の例祭前は、地域の人達が100人くらい集まり掃除や手入れをしておられるそうです。
そして例祭では神楽を舞ったり、神輿を担いだり、神事をずっとされているという事でした。

御祭神は『大名牟遅命(オオナムチノミコト)』 そうです、大国主命(オオクニヌシノミコト)の別名です。
オオクニヌシは色々な呼び名があるのですが、ここ大原神社のオオナムチノミコトの漢字は珍しいのだそうです。


昨年8月に仰支斯里神社の石原宮司に伺った奥出雲町内の「出雲国風土記」に載っている神社を知りたいと思って、それがきっかけでこの度「出雲国風土記」に載っている「大原神社」と「三澤神社」にお邪魔しました。


ではちょっとだけ、現在私が知った情報を!!
733年に完成した「出雲国風土記」に「仁多郷」として載っているのが、三所郷・三沢郷・布施郷・横田郷の4つ。
その4つの中に12の村があり載っています。
そして、10社奥出雲の神社がのっているのですが、記載順に
1.三澤神社(弎澤社)・・・奥出雲町三沢
2.伊賀多気神社(伊我多氣社)・・・奥出雲町横田
3.(玉作社)・・・奥出雲町亀嵩の玉峰山上にあったが今はない
4.(須我之非社)・・・奥出雲町上三所の城山にあったが江戸初期には既に廃社
5.湯野神社(湯野社)・・・奥出雲町亀嵩
6.比太神社(比太社)・・・安来市広瀬町西比田
7.温泉神社(漆仁社)・・・雲南市木次町湯村
8.大原神社(大原社)・・・奥出雲町上阿井
9.仰支斯里神社(印支斯里社)・・・奥出雲町八代
10.石壺神社(石壺社)・・・雲南市木次町平田

ということですが、昔は木次町の一部、広瀬町の一部は奥出雲町という言い方は変ですが仁多郷だったようです。
現在奥出雲町に現存している神社は5社のみ。
fudoki.jpg

こちらの冊子を頂いたので、現在勉強中!!!
また追々ご紹介していきますね☆



稲田神社・巫女体験のご案内 2015-04-09

咲楽の話

今日は良いお天気になりました
奥出雲町内全ての小中高校の入学式だったようです。
満開の桜の元、ピカピカの1年生達は何を思ったのでしょうね おめでとうございます!!

さて、今日はご案内です
昨年11月に開催した、稲田神社での“巫女体験”、ご好評につき今年もやっちゃいます

miko_chirashi (2)

稲田神社の二十四節気祭にあわせ企画しました!!
巫女として境内の掃除、お祭りの準備、参拝のお客様へお神酒の振る舞いなどのご奉仕をしてみられませんか?!

記念写真を撮り終了後は、「姫のそば ゆかり庵」の絶品十割そば御膳をお召し上がり頂けます。

11月の巫女体験は30代・40代・50代の方々にご参加頂きました。 
女性であれば未婚既婚、年齢問いませんので、ご興味のある方は是非ご参加下さい!!




年間日程 : 5月6日(水・祝)  立夏祭   9:00~14:00
         6月21日(日)   夏至祭   9:00~14:00
         9月23日(水・祝) 秋分祭   9:00~14:00 ※お好きな日程をお選び下さい。 
場   所 : 稲田神社  奥出雲町稲原2128-1
定   員 : 各6名 (先着順)
参 加 費 : 9千円/1回 (貸衣装代・昼食代・記念写真代込)
参加資格 : 女性 (未婚既婚/年齢 不問) 
準 備 物 : 足袋・白襦袢・腰紐2本 (無い方はご相談下さい)
主   催 : 有限会社咲楽(さくら)
申込/問合 : 咲楽/内田・松崎  電話&FAX 0854-52-0705
          ※お名前・ご住所・年齢・電話番号・Emailアドレス・足のサイズをお書きの上お申込下さい。

奥出雲たたら製鉄及び棚田のと文化的景観~追谷地区・綿打公園~ 2015-04-08

奥出雲

寒~~~い1日でしたが、夕方とっても良いお天気になったので、前から行きたかった追谷地区の“綿打公園”に行って来ました!!




追谷たたら1

ジャーン、こちらです

たたら製鉄がもたらした棚田の文化的景観。
山を削って、砂鉄を採って、削った後を田んぼにし自然と共存してきたこの地域の先人達。
お邪魔した時この田んぼの主の方々に会いましたが、皆さん5月の田植えに向けて農作業をしておられました。
ずっとこうやって代々守られてきた姿は、派手さや観光資源では全く無いですが、ずっと残して行きたい日本の原風景です。


昨年秋、お客様をご案内したのはこちら福頼地区です。
福頼地区
こちらもいいですよね~
福頼地区はまだ整備されていないので、誰でも見に行くことは出来ません。
まず棚田の文化的景観をご覧になりたい方は、綿打公園がオススメです!!!


では、追谷地区“綿打公園”の行き方です。
横田の駅前から県道107号線→108号線を船通山方面に向かって10分くらい車を走らせると、右手に“ト蔵橋”が見えますので、ここを右折して越えてください。
ト蔵橋
こちらが、新しくなった“ト蔵橋”


この橋を越え、真っ直ぐ約300mくらい行くと、看板が左手に見えてきます。

それがこちら
綿打公園看板

この看板の横の道路に車を停めて、歩いて上がって下さい。この先Uターンできるところありませんので・・・。


5月のGW頃が田植え時期になります。
水が張られ、苗が植わった頃や青々と茂った頃、そして稲穂が黄金色に色づく頃、雪景色、その時々で映し出される風景が違いますので、それぞれの景色を楽しんで下さいね。

私も今年は良い時期を狙って訪れたいと思います




日経新聞「ふるさと再訪」連載スタート☆ 2015-04-07

奥出雲

ちょっとご案内が遅くなりました。
4月4日(土)の日本経済新聞の文化面、シニア記者がつくるこころのページ「ふるさと再訪」で奥出雲地方の連載がスタートしました!!

3月上旬、記者の平田さんより『奥出雲女子会の話を聞かせて欲しい』と電話を頂きました。
お会いし話を伺ってみると、平田記者は10年前松江支局に赴任、その後島根が第二のふるさとになるくらい気に入られ、この度この紙面を連載することが決まり、奥出雲地方を書いてみたいということで、3月の1ヶ月間奥出雲に住み、取材をするということでした。

滞在中3回お会いし、奥出雲を離れる最後の日にもお話させてもらいましたが、滞在中100人以上にインタビューを重ね、奥出雲奥深さにすっかりはまったと言っておられる姿、そして外から見た奥出雲の魅力をたっぷりと聞かせてもらいとっても嬉しくなりました。

私の抱いていた新聞記者というイメージ(どんなイメージ?!)からかけ離れた平田記者の人柄に魅了されて、たった3回しかお会いしていませんが、きっとまたどこかで会うのだろうなとそんな予感さえしています。


4月~6月までの毎週土曜日、合計13回の連載です!!
最初はたたらの話からスタートですが、今後どのような展開になるのか楽しみです♪♪

日本経済新聞を購読の皆様、是非読んでみてくださいね☆


写真 (4)

新年度☆ 2015-04-01

咲楽の話

新年度を迎えました。
『咲楽』もLちゃんを迎えて丸1年経ちました。

そして私の周りの友人知人が新たなスタートを切ったり、移動し新部署でスタートしたりしています。
心ワクワク、そしてドキドキの中でスタートした1年前を思い出したとき、新たな門出の友人達もきっと同じようにワクワク・ドキドキの‘今日’を迎えてるのではないでしょうか?!

論理的でない私は、想いだけで突っ走るタイプ。 私の周りもまたそんな友人達が多いような気がします。
胸に秘めた熱い思いをどう表現していくのか・・・、いつか一緒に満開の花を咲かせたいと思っています


『咲楽』はこの1年、人材育成サポート・イベント及びツアー企画・事務局や事務代行などを業務をさせて頂きました。
今までやってきた‘お菓子を作って販売する’という仕事とは全然違い、戸惑いもありましたが、相棒Lちゃんを始め多くの素敵な応援団に恵まれ、色々な仕事をさせて頂きました。

これからも一人でも多く奥出雲ファンになってもらえるよう、またこの町に暮らす人々の「より良い暮らしのお手伝い」ができるよう、特に女性の活躍の場創造の為、頑張っていこうと思います!!



奥出雲が笑顔の花で満開になりますように
今年度もどうぞ、よろしくお願い致します。

111.jpg

トラックバック

 | HOME | 

Calendar

2015 / 04月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。