スポンサーサイト --------

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道からのお客様 2015-09-14

奥出雲 『人物』

8月下旬、1通の手紙が届きました。


差出人は、北海道旭川市にある「北海道教育大学」に勤務されている二井様。
さて、北海道の大学から一体私に何の手紙だろうと封を開けてみると、そこには“岡崎喜一郎氏”の事を調べていて、私のブログに行き当たり、岡崎家の方をご紹介いただけないかという内容でした。

ご本人様と電話で話し事情をお聞きし、岡崎の奥様と連絡を取りお繋ぎしたところ、9月11日に旭川からお越しになると連絡をいただきました。


そして、当日。
私も岡崎家へお邪魔しお会いし、1時間ほどご一緒させていただきました。
調べてブログや季刊誌で発表してからずいぶん時間が経っていましたので、だんだん私の記憶も薄れ、しかも喜一郎氏が60代になってから横田の地を離れ、小笠原諸島の姉島へ行かれた辺りについてはまだ殆ど調べていなかったので、また改めてよい勉強の機会となりました。

IMG_3389.jpg

見てください、この資料の山!!!
昭和初期の手紙や、その後、喜一郎氏が亡くなられてから喜一郎氏を研究されている方々と喜一郎氏のお孫さんに当たる洋三氏との手紙のやり取りなど、たくさん残っていました。

この度、旭川から来られた二井氏は、様々な家庭事情を抱えた子ども達を支援する児童福祉施設の歴史を専門に研究されている方で、喜一郎氏が横田を離れ、家庭学校の教師として着任していた当時の事を調べたくて、今回来られたのでした。

たくさんのお手紙や資料を私も少し拝見し、また調べたい衝動に駆られましたが、この後予定があり1時間で退散。
二井様はこの日奥出雲にお泊りという事でしたので、夜宿へお邪魔し近くの飲食店にて遅くまでおしゃべりさせてもらいました!


二井様がずっと研究されている内容のお話を伺い、色々と思うことがありました。
喜一郎氏の事を知り、こんな凄い方が奥出雲におられたという事に衝撃を受け、伝える義務のようなものを感じ調べては発表していましたが、この度、人間の“光と影”に触れる事となりました。
どんなに立派な方にも、“影”があるということ。

それは今私自身がぶち当たっている壁でもあり、自分の中で消化し切れない感情や想い。

そんな時、こんなタイミングで二井様の来訪を受け、全くの初対面の方なのに、“岡崎喜一郎”という人を介し、色々なお話をさせてもらったことで、少し壁を登れたような気がしています。


ブログのご縁。
最近なかなか更新できていませんが、こうやって書く事で繋がるご縁を大切にしていきたいと思っています。


実は、この二井様とお会いした後は「そろばん」に関することで、まち巡りをしてきました。
この日、この町に影響を与えた方々の歴史を辿る日となり、これまたご縁を感じました!!
「そろばん」については、また後日☆



さて、地方創生が叫ばれる今。
少子高齢化が進み、この町の行く末を想う今。
歴史に学ぶ事がたくさんあると実感しています。

ここ数日で起こった出来事は、全て繋がっていて、今の私の思考へとなっています。
また追々、ここに綴っていこうと思います。
そして誰かと、そんな想いを共有できたら嬉しいと思う今日この頃です♪










スポンサーサイト

☆咲楽HP&カタログギフト完成☆ 2015-09-02

咲楽の話

http://www.sa9ra.jp/


2006年「有限会社咲楽」を立ち上げてから、9年目を迎えています。
殆ど活動できないまま、一時はあきらめかけ‘休眠会社’にしていた時もあります。
でも、素敵な人たちとの出逢いの中で、またチャレンジしたくなりました。

そして昨年、不思議なご縁この町にIターンでやってきた『松崎百合子』と咲楽を再スタート。
1年間彼女と色々と模索しながら方向性を探っていました。


ここ奥出雲で、『人とモノの交流』のお手伝いがしたい。
奥出雲で暮らす女性達の、活躍の場を創りたい。


具体的なプランも無いまま再スタートしましたが、これまたご縁に恵まれて、ツアーを開催したり、結婚式のお手伝いをさせてもらったり、やりたいと思っていたことを少しずつさせていただいています。


そしてこの度、奥出雲・雲南・安来エリアに限定した食のカタログギフト『奥の幸』を作成しました。
‘島根’と言えば、「出雲大社」「松江城」「玉造温泉」「石見銀山」など、どちらかというと海沿い・国道9号線沿いのイメージが強く、また公共交通機関も少なくアクセスの悪いこのエリアは、まだまだ知名度不足です。

その‘奥’にも、素敵なモノ・場所・人があるよ・いるよというのを伝えたくて、この3エリアに絞りました。

カタログは10社(奥出雲4社・雲南4社・安来2社)の合計10アイテムの中から選べるようになっています。
そして、付録として観光ガイドブック『奥の道』も作りました。
カタログだけでは伝えきれない「作り手の想い・技・土地の景色」を取材し、手に取った方々に“行ってみたい!”と思ってもらえるように・・・。

カタログギフト 奥の幸


咲楽のHPも作り、こちらで購入できるようにしています。 是非大切な方への贈り物にご用命ください!

http://www.sa9ra.jp/





カタログギフト・旅冊子・HP作成にあたり、多くの方にご協力いただきました。
それぞれの想いが届きますように☆






~Special Thanks~

 大正屋醤油様・わたなべ牧場様・奥出雲讃菓松葉屋様・舞茸奥出雲様・えっちゃん農園様
 森田醤油店様・木次乳業様・田部様・簸上堂様・吉田ふるさと村様

 鍛冶工房弘光様・天野紺屋様・八幡焼窯元様・金屋子神社及び金屋子神話民俗館様・清水寺様
 さぎの湯荘様・紅葉館様・稲田神社及び姫のそばゆかり庵様・民宿たなべ様・ビストロソラ様
 八川そば様・純そば一風庵様・扇屋そば様・須我神社様・斐伊川和紙様・奥出雲葡萄園様
 木の花工房様・出雲湯村温泉漆仁乃湯様・オーベルジュ雲南様
 
 安来市観光協会様・公益財団法人日本刀剣保存協会様・奥出雲観光文化協会様・雲南広域連合様
 一般社団法人雲南市観光協会様・公益財団法人鉄の歴史村地域振興事業団様

 島根クリエイティブ研究所 青木和幸様 ・ コシラエ 拵友彦様 ・ 松浦恵子様 ・ 矢田睦美様 
 飯塚紙商事米原様 ・ 日本ワイドコミュニケーションズ 錦織芙美様・橋本康則様 ・ I様


 大変お世話になり、ありがとうございました!!


奥出雲の未来を語る 2015-09-02

奥出雲

夏が終わりましたね!
9月に入り、稲穂もずいぶん色づき秋の気配を感じるようになりました。
ご無沙汰していますが、皆様お元気ですか?!

さて、今日はこんな話題を!
皆さんご存知の通り、「地方創生」のもと各都道府県・市町村単位で「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定していますよね!
でも具体的にどんな取り組みを行っているか、知っている人は少ないのではないでしょうか?!

私もその一人。私自身今まで特に行政がやっている事に、関心が無いわけではなかったですが、意味が分からなかったというのが本音。
地元を想う気持ちは誰でもが持っていることで、私は私のやり方で・・・と思い、特に行政がやっていることにあまり期待もしていなければ、そう関心もなかったです。

5月に仲良しの役場職員の女性から、咲子さん、是非参加して下さい!と誘われたのが、『奥出雲・若もん未来会議』。
企画振興課の取り組みですが、新たなまちづくりの可能性を探るべく始まった会議。6月から21名で自分達の取り組みたいテーマに別れ、チームを作りそのチームで実行可能を探り本気で取り組むアイディアをまとめていくというもの。
現在4チーム(雇用創出・高校魅力化・子育て・町の魅力)で会議を重ねています。

私は、「町の魅力」及び「教育」に関係するチームに所属し、公式会議は4回ですが、それ以外にもメンバー4人で集まり、議論を重ねています。

そしていよいよ、その4チームがそれぞれ考えて、実行したいアイディアを9月13日(日)に発表します!!!

100人会議

まず、「町の現状と将来、まちひとしごと総合戦略の中間報告」が行われ、その後「横田高校生からの発表」そして「若もん未来会議からの発表」と続きます!!

休憩を挟んで、ワールドカフェでみんなで思いを共有、みんなが必ず何か発言して、話し合いを発展させていくというものです。
このワールドカフェのファシリテーターは、私も何度かお世話になっている「田坂逸朗さん」。
(田坂さんのファシリテーターっぷりは凄いですので、是非体感してください☆)

この会議に参加してみて、ホント思った以上に大変でした。
でも、この町が大好きで、何かの役に立ちたいと思っている人が多くて、ビックリしました。
40歳を超え、自分が「若者の部類」ではなくなったなぁと思っている今日この頃ですが、20・30代の若者と接したり、みんなと議論し合えるのは、本当に幸せなことだなぁと感じています。

この会議の進行役、山元さんから私たちのチームに対して教えてもらった本。
『シビックプライド』
FullSizeRender (12)
シビックプライドとは直訳すれば、“市民の誇り”な感じですよね。
でも日本の郷土愛とはちょっと違って、この中に書いてあったのは「自分はこのまちを構成する一員でここをより良い場所にするために関わっているという意識を伴い、当事者意識に基づく自負心と言える」という概念だそうです。

奥出雲に帰ってきて16年、最初は「みんなこの町の人は何も無いつまらない町だと言っている、だからここの価値を掘り起こし発信していこう!」と色々やってきましたが、今はまさにこの『シビックプライド』を持った人達がたくさん増えたなぁという印象です!

そして、こちら↓↓
https://newspicks.com/news/1136267
(※登録しないと読めませんが、興味ある方は是非どうぞ☆)

私も色んな出逢いをさせてもらっていますが、最近博報堂の深谷信介さんと知り合い今色々お世話になっています。
このように書いてありました。
「実際にUIターンで地元に戻ったり、移り住んだりしてきた人たちと、行政が密にコミュニケーションをとることも大切です。直接、会話を繰り返す中で、彼らの次に続く人たちを増やしていく道筋が見えてくるはずだと思います。」

まさにこの若もん会議はそれだなと。
行政批判は多々聞きますが(私もその一人ですが)、最近行政の方々と関わって思うことは、本当に頑張っておられる方もたくさんいるということ。そして自分の気持ちとは裏腹に、こうしかできない悩みを抱えておられるということ。
目に見えて気が付かなくても、今まで頑張ってくれた人達のお陰で、今このようなカタチになって表れているのです。
何かがカタチになっていくには、やはり時間は必要だと最近つくづく・・・。
行政批判をする前に、自分の言動行動を見直したいものです。


この100人未来会議が、「どうせ何も変わらないでしょ」とか「私一人が出たところで」なんて思わないで下さい。
この行動や想いは、必ず次の1歩に繋がります!!

是非皆さん、13日(日)13時~、カルチャープラザ仁多・大ホールで行われる“100人未来会議”、ご参加ください。
特別意見を言わなくったっていい、この場所にいて、感じて、自分がここで暮らす毎日の何かエッセンスを感じて帰っていただければと思っています。
未来を変えるのは、今ここに住む人たちだけです!


奥出雲、ホント凄い町ですよ。
自然や食や歴史や文化はもちろん本当に凄いですが、やっぱり『人』が面白い♪♪

13日、この『面白い人たち』に会いに来て下さい、お待ちしています☆

トラックバック

 | HOME | 

Calendar

2015 / 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。