大学生さんによる奥出雲の調査報告 2016-03-05

奥出雲

昨年9月、大阪市立大学文学部地理学教室の先生が、学生さんを連れ奥出雲町に現地調査にお越しになりました。
咲楽の私たちにも話が聞きたいと、島大の作野先生と2人でお越しになり、奥出雲について私たちの思うことをお話しさせてもらいました。

あれから半年・・・、祖田先生から学生さんのまとめられた『奥出雲における地域資源の活用 ~自然・産業・文化・ひと~』という100pに渡る報告書が私どもにも送られてきました。

IMG_4778.jpg


*奥出雲町の「玄関」としての佐白  2名
*「地域内交流」が村落を元気にする -奥出雲町三沢地区を事例にー 3名
*変わりゆくそろばんの役割と雲州の産地戦略 -産業・教育・文化の視点からー 3名
*国営農地が果たしている役割とは何か -奥出雲町の事例からー 3名
*景観の価値づけを契機とした地域活性 -奥出雲町のたたら製鉄と棚田を例にー 3名

5つのトピックを2~3名の学生さんたちで関係のある現地の人にインタビュー等をし、報告書をまとめられ、最後に編集後記が綴られていました。
まだ全部が読めていませんが、私が今一番関心のある「そろばん」と「たたら」の2つだけ読みましたが、素晴らしい報告に感動しています!!

IMG_4782.jpg
まず、「そろばん」
第Ⅰ章は、「はじめに」ということで、現在電卓やパソコンで計算ができるようになり、そろばんをほとんど見かけなくなった中、そろばん産地である奥出雲町はこの現状にどう向き合い、新しい取り組みがあるのかなど、生存戦略について考察するとありました。
聞き取り調査と仕事場の見学、約10名の関係者へコンタクトを取り、下記のようにまとめておられます。

第Ⅱ章「そろばんの発展と衰退の歴史」
 1.地場産業として残った雲州そろばん 
 2.そろばん生産の隆盛と停滞期
 3.雲州そろばんと播州そろばんの相違と共存関係
第Ⅲ章「そろばん企業の現状と後継者問題」
 1.各そろばん企業の現状や生産形態
 2.企業存続のための後継者不足に関する諸問題
第Ⅳ章「教育で活用されるそろばん」
 1.小学校新学習試行要綱とそろばん
 2.尼崎市でのそろばん教育への注目
 3.教育面でそろばんを活用する際の諸問題
第Ⅴ章「そろばんの新しい価値」
 1.海外へ伝えられる教育器具としてのそろばん活用
 2.そろばんを活用した認知症予防
第Ⅵ章「そろばんの新たな販売戦略と今後の在り方」

現状がどうで、何が課題で、それをどう解決していけばいいのか、解決の具体案はなかったですが、非常に分かりやすくまとめてありました。
そろばんを「文化」として残す方法と、「産業・ビジネス」として残す方法、この2つの考えをうまくバランスを取りながら展開することが今後の発展に繋がるのではないかと書いておられました。

IMG_4780.jpg
そして、「たたら」。
こちらもたった5日間の滞在(聞き取り調査)で、ここまで把握し、最後には「文化的景観を活かした地域活性の提案」までしてくださっています。

内容は、こちらです。
第Ⅰ章「調査の目的」
 1.遺す本能
 2.調査方法と予想
第Ⅱ章「重要文化的景観の概要」
 1.重要文化的景観とは何か
 2.奥出雲町のたたらと棚田
 3.奥出雲町の文化的景観における行政の役割
第Ⅲ章「住民の動き」
 1.重要文化的景観選定前の住民の声
 2.現在の活動
   1)追谷地区での聞き取り
   2)羽内谷鉱山鉄穴流し本場での聞き取り
 3.住民活動の課題
第Ⅳ章「文化的景観と観光産業の関係」
 1.奥出雲町の観光客の推移
 2.観光推進課の取組み
 3.文化的景観は観光資源となりうるのか
第Ⅴ章「文化的景観を活かした地域活性の提案」
 1.解決すべきテーマ
 2.有機的につながりあう観光資源
 3.住民活動を継続させるサイクル
第Ⅵ章「まとめ」
 1.奥出雲町の特徴とこれから
 2.重要文化的景観は何を遺すのか

私自身、たたらを色々と調べていくうちに「繋いでいかなければならない・遺していかなければならない大切な事」がたたら製鉄にはあると感じています。
ただ本当に課題も多いのが現状。しかし3名の学生さんたちはちゃんと何が良くて何が課題で、だったらこうしてみたらと・・・、たった5日で解決策まで提案してくださっていて、驚きと同時にやっぱりそうだよね!と思わせてもらえてので、とても嬉しかったです!!

最後に編集後記として14名全員と2名の先生の感想が載っていました。
ほとんどの学生さんが、奥出雲の大自然と田園風景の美しさ、そしてごはんの美味しさ(仁多米とかお野菜とか)、人々の温かさを書いてくれていました。そしてまた今度はプライベートで来たいと!!
そして先生方の指導が素晴らしかったのだなとも感じました。

あまりに感動して、まず祖田先生へ御礼のメールを送り、教えていただいた「そろばん班」「たたら班」の学生さんたちにもメールをさせてもらいました。
いつかこの学生さんたちと会せもらい、逆インタビューをしてみたいと思います。
そして是非住民と学生さんたちとで地域振興に対してのディスカッションをしてみたい、そんな夢も膨らみました。

失礼ながら、全く期待をしていなかった調査報告書でしたが、本当に嬉しく、是非多くの人に読んでもらいたいと思い、祖田先生に許可をいただき、ブログで紹介することとさせていただきました。

もし、このブログを読んで関心を持たれた方、是非ご連絡下さい。貸出いたします!

この場を借りて、祖田先生、学生の皆さん奥出雲を選び調査いただき、このような素晴らしい報告書をありがとうございました!!
ご縁をいただいたことに、感謝しております。
またいつか奥出雲でお会いすることを楽しみにしています♪♪





トラックバック

 | HOME | 

Calendar

2016 / 03月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks