スポンサーサイト --------

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のまほろばシンポジウム 2016-05-31

奥出雲 『イベント』

あぁぁぁぁ、今月気が付けば1回しかブログ書いておりませんでしたー

本当は、GWに高校卒業以来会った同級生(現在東京在住)の奥出雲ツアーの様子とか、5月14日に枕木山・華蔵寺で行われた結婚式の様子とか6日間の東京滞在の話とか・・・色々書きたい事あったのですが。
すみません、今月、超多忙でした(。>ω<。)ノ
今週末までのお仕事終わると、ちょっと余裕が出るので、上記特に「結婚式」は絶対ブログに書きますので、少々お待ちください。


さて、この週末は↓↓
FullSizeRender (19)
こちらに参加してきました~(* ´ ▽ ` *)

FullSizeRender (20)
そうです、こちら日本遺産に認定された【出雲國たたら風土記~鉄づくり千年が生んだ物語~】の記念シンポジウムです!

なんかいっぱいメモしましたが・・・すみません。私の頭ではまとめてここで書けません。
ちょっと難しかったです(汗)

私の思う「たたら製鉄」については、また改めてここに書きたいと思います。
参加してみて、たたら製鉄に想いを馳せる方々とお話しして、本当に誇れる素晴らしい文化だと思うので、知ってもらいたいと思っています!!

FullSizeRender (22)
とりあえず、説明ができないので、まずはこの本読んでください♪
昨年の1月から今年の3月まで山陰中央新報に連載された「鉄のまほろば」が1冊の本になり発売されました☆
たたらの何が凄いのか、日本遺産に認定された理由など、これ1冊読めばわかる本です。
(決して山陰中央新報さんの回し者ではありません(笑))
ずっと、新聞を集めていましたが本になって嬉しい限りです♡

FullSizeRender (21)
中身は、こんな感じです!
この紙面からスタートしました!!


田部家の田部長右衛門氏は「たたら文化は日本の誉」と、山陰中央新報社の取材班・森田一平氏は「語り継ぎたいたたらの文化」という事で、コメントを寄せておられます。
この日本遺産認定を契機に、安来市・雲南市・奥出雲町の鉄の道文化圏のみならず、中国山地一帯の文化として世界に発信できればいいなぁと思っています。

まずは知ること。
今度、奥出雲町観光文化協会のサミーラさんが、「たたら勉強会」という事で、6月13日にバスを準備し町内の方向けに勉強会を開催されます!
奥出雲たたらと刀剣館→ト蔵家(追谷周辺散策)→絲原家(絲原記念館)→櫻井家(可部屋集成館)をガイド付きで見学できます!
是非ご参加下さい。 詳しくは「奥出雲町観光文化協会 担当:サミーラ 電話0854-54-2260」まで!


では、たたらについてはまたブログに書きまーす☆

スポンサーサイト

奥出雲観光文化協会開設記念講演 2016-05-01

奥出雲 『イベント』

奥出雲町の観光協会が、この度新たなメンバーで、そして場所もサイクリングターミナル内に移動し4月よりスタートしました!
事務局長には前島根県観光連盟事務局長の早川正樹氏、そして3名のスタッフはスリランカ出身で海士町の観光協会に10年務めておられたサミーラ・グナワラデナさん、韓国出身で地域おこし協力隊の李 蓮玉さん、奥出雲に来て5年たたらやそろばんなどの伝統産業の振興に努めておられた石原淳子さんの4名体制でスタートされました!

その開設記念ということで、サミーラさんの発案でリッツカールトンの前日本支社長・高野登氏を講師に迎え、基調講演・ワークショップそして懇親会が4月29日にカルチャープラザ仁多で行われました!!

IMG_5518.jpg

『私たちの魅せたい光を考える』ということで、奥出雲のこれからの観光を考える上で、貴重なお話をしていただきました!
〝観光とは光を観る″と書きますよね。「光」とは、その土地の営みをみることです、と冒頭に話されました。

高野氏は21歳の時に渡米され、20年間ニューヨークのホテルキタノやプラザホテル等勤務後、リッツカールトンに移籍。ザ・リッツカールトン大阪の開業に日本支社長として参画されたホテルマン、おもてなしのプロでいらっしゃいます。

リッツカールトンの戦略、他がやらないことをやるということ(バリュープロポジション)、
自分たちはどこに所属するのか? オンリーワン・ファーストワン・ベストワン
お客様は何を求められているのか(センターピン)を常に意識した言葉遣い、行動をし、
全ての人との出逢いに感謝することを以って、ワクワクドキドキを届けるということを為す

まとめると、そんな話だったと思います。

「おもてなし」という言葉、広辞苑に載っていないそうなのです。
それであれこれ調べて辿り着いたのが、

聖徳太子の「和を以って尊しと為す」→「以って・為す

奥出雲の観光の目的は?
お客様に何をもたらすことができるのか、どこに行きたいのか、明確な目標を持ち、チームで一丸となる。

お客様の為に→上から目線が外せない ので、高野さんは常に、
お客様の立場に立って→自分の中の価値観を一旦ゼロにする を意識されているそうです。

具体的なお話をしてもらいながら、ヒントをたくさんいただきました!!


IMG_5520.jpg
200人以上の聴衆でした。2部は限定50名ということで、高野氏を交えてワークショップを開催。
町内・町外の人が混じって10チーム。ぞれぞれ、奥出雲の良さを話し合いました!
私のチームは6名で、町内3名町外3名で特に町外から見た奥出雲の良さと、もうちょっとこうだったらいいなということを話し合いました。

IMG_5533.jpg
そして、3部は懇親会!! こちらも定員50名で、町外・町内半々くらいで、玉峰山荘で奥出雲の幸を堪能しました♪
すみません、大好きな日本酒を前にニヤケ過ぎですよね(笑)

IMG_5525.jpg
同じテーブルは、奥出雲で女性の活躍のけん引役、前キャロットハウス、現奥出雲屋の和泉恵さんと、
玉造温泉の仕掛人・角幸治さん。大好きなお二人に囲まれてとってもHappyでした♪♪

IMG_5529.jpg
そしてこちらが、今回の仕掛人。サミーラさんです!!
日本人より日本人の心を持つサミーラさん。とっても熱い素敵な方ですので、是非観光協会に会いに行ってあげてくださいね!


IMG_5532.jpg
そして翌日、高野氏の奥出雲案内を仰せつかり、事務局長&サミーラさんと共に色々なところをご案内しました!
玉峰山荘→湯野神社→絲原記念館→たたらと刀剣館→久司アヴェリーヌ偕子氏記念碑→椿庵(ランチ)→日刀保たたら(外観)→松葉屋→奥出雲多根自然博物館→空港
サミーラさんの計らいで、松葉屋にも寄ってもらい、記念撮影~

奥出雲のたたら製鉄の歴史を中心にご案内させてもらいましたが、「奥が深い」と感激していただきました。
そして、「絶品」と太鼓判を押してもらったが、椿庵さんのお食事でした!
IMG_5531.jpg
奥出雲は、神話・たたら・食・・・・と本当に資源に恵まれていますねとも仰っていただきました。
絞るのが大変だねぇとも・・・。

この町の営みの切り取り方のアイディアをたくさん教えていただきました!


高野氏は、現在「百年塾」というのを全国各地13ヶ所で開催されています。
〝百年先を見てどう生きようか。″ものごとを原点から学び合うコミュニティを作り、学びを深めておられます。
今回サミーラさんは、「奥出雲百年塾」を開きたいという想いから、高野氏を呼ばれました。
奥出雲の100年先に、何を残していたいかを一緒に考えていきたいと思いました。

私も、たくさんの素晴らしい方々と出逢い、何が大切かを今、学んでいます。
おこがましい言い方ですが、また今後の奥出雲が日本がこうあって欲しいという想いが同じ方と出逢え、ワクワクしています♪♪

これからどんな形に発展していくか分かりませんが、私もお役に立てるよう頑張りたいと思います!


今回は参加できなかった皆さま(本当はここで事前に紹介したかったのですが、できずごめんなさい)
今後もきっと高野さん、奥出雲に関わってくださることと思います。
おもてなしのスペシャリストから是非多くを学びましょう!!!
皆で一緒に学びの場を作っていけたらいいですよね☆











トラックバック

 | HOME | 

Calendar

2016 / 05月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。