奥出雲ツアー 2010-03-08

奥出雲

おはようございます!

すっかり御無沙汰をしてしまいましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 3月5日に妹夫婦に待望の女の子が誕生しました♪♪ 知人から『赤ちゃんが生まれてくると同時に幸せも運んでくる予感です!』とメールをもらっていましたが、本当にそうなったような気がしています!!

最近色んな事がありましてブログが書けない状態が続いていましたが、3月に入り春めいてきて(と言ってもまた今日から寒くなってきましたが...)、赤ちゃんも誕生し、春大好き内田咲子、ようやく元気を取り戻しブログ再開です☆

そしてもう一つ嬉しかったのが、3~5日2泊3日で従弟のShinちゃんから紹介を受けた女子大生Ayaさんが私に会いたいからと山梨から遊びにきてくれました!
色々考える事があったようで、「ちょっと気分転換に旅でもしたいと思っていたらShinちゃんから'咲ちゃんに会ってみて。'と言われたから来ました。」と...。嬉しいじゃありませんか♪

そんな訳で3日の夜生山駅まで迎えに行き、その後『焚菜』で夕食。翌日二人きりの"奥出雲ツアー"をしました!

ツアー内容です↓↓

ループ橋→三井野原(広島県県境まで)→馬木の金言寺→糸原記念館→三成の街並み→亀嵩駅(扇そばでランチ)→湯野神社→キャロットハウスで'奥出雲バーガー'購入→松葉屋にてちょっと休憩→大市本通り&教会前通過→稲田姫神社→ト蔵庭園→民宿たなべにて温泉→日刀保(日立安来鳥上工場)前通過→宿で休憩→松葉屋で夕食

と結構盛り沢山な感じで奥出雲を案内しました! たたらの事、食の事、そろばんの事、仁多と横田が合併してできた事等々、私が知る限りの奥出雲を説明しながら町内をグルっと一周してきました。

説明しながら思ったのですが、やはりここ奥出雲は"たたら"がキーワードの町だなぁと。全てがたたらに通じ、たたらから興った町なんだなぁと、今までちょっとずつ勉強してきた事が繋がり、たたらはこの町から切っても切り離せないというか、たたら知らずして奥出雲分からずって感じがしました。

2日目の夜はうちの家族と一緒に食事をしたのですが、妹夫婦が「Ayaさんは僕達がまだ行った事のない所に今日一日で行って来たんだね!」と。彼女を連れまわしている時、「実は奥出雲の人の方が地元を知らなかったりするんだよ。」と言っていたので、それを証明する言葉に彼女も驚いていました!

昨夜、Ayaさんから御礼メールが届きました。

そのまちの歴史をのぞくこと、
そのまちの自然にふれること、
そのまちに生きる人たちとふれあうこと...
そして、自分の思いを重ねること...
観光ではない素敵な時間を過ごすことができました。

奥出雲というまちが、そこに住む人々の心がどう変わっていくのか、とても楽しみです!
今よりもっと素敵なまちになることを祈っています♪

全く縁もゆかりもなかったこの地に訪れ人と出逢いこのまちを体感する。心と心が繋がり、遠く離れていてもお互いを思いやる気持ちが生まれる。
私は、奥出雲はこういう土地だと思っています。何か凄い観光名所がある訳ではありません、そして必要だとも思いません。
ここに住む人々がこのまちに誇りを持ち、日々幸せに暮らすことが私は町の活性化だと思っています。現に私が'この町大好き'と言っているだけで、色々な人が私に会いに奥出雲を体感しに来て下さっています。

今回私よりひと回り以上も歳の離れた大学生と2日間に渡り話をしましたが、'最近の若い子は...'とあまり良く言われませんが、本当に色々と真剣に考えているAyaさんと出逢い'今の若い人、捨てたもんじゃないなぁ!'と偉そうですがそう思わされました。

老若男女関わらず、先輩からは教えを請い、若者たちからは刺激をもらう、それぞれに役割があるので、その役割の中で皆が一生懸命働き、助け合いながら幸せを感じ生きられる町になったらいいなぁとまた今回改めて思わされました。

先日勉強会に参加した時、素晴らしい社長の講演を聴く機会に恵まれました。

『会社はねぇ、年寄りから若い人までバランス良くいなきゃいけないんだよ。実は65歳以上の人がいい仕事するんだよねぇ。そして彼らの持っている物を若者に伝えていかなければならないんだ。』と...。

私は、町にも同じことが言えると思いました。そしてたくさんヒントを頂きました。
奥出雲も、そして日本も...こういう風になっていけばなぁと思っています。

金言寺からの眺め.jpg






コメント

ご無沙汰しています。
最近特に奥出雲の素晴らしさに気付かされる事が多くて咲子さんの文章をしみじみ読ませて頂きました。
本当にたたら文化の土地なんでしょうね。
因みに扇屋そばの大将は同級生です。浪花旅館の大将もですが・・・。帰りたくなってきました。

>和秀-藤原様
おはようございます!いつもコメントありがとうございます。
そうですか、扇屋の大将も同級生なんですか!!
是非帰ってきて違った角度からの奥出雲を体感してみて下さいね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okuizumosanka.blog.fc2.com/tb.php/127-4bf2b8a2

 | HOME | 

Calendar

2019 / 09月  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks