草刈り 2010-07-10

つぶやき

今日、別の事務所で仕事中、

『あら咲ちゃん達、仕事しちょうかね。わしゃ今朝5時からブルーベリー畑の草刈りやら笹取りやら、今は公民館で祭りの準備で子供たちに灯篭に貼る絵を書いてもらっちょうわ。今からみんなでカレーライス食べるけど、咲ちゃん達も来んかや?!』

とお誘いを頂いた。そして早速、お昼ご飯をご馳走になりに行って来た。

カレーライス.jpg

そしてそこにはこの自治会の小学生の子供達が10人、灯篭に貼る絵は描き終わりみんなでご飯を食べていた。
ご飯を食べながら、一人ずつ順番に自分の書いた絵を披露♪♪ みんな、うっ上手い☆ 絵ごころに感動!!

灯篭.jpg

そして食事が済み、子供達はみんなで遊びに出掛けた。
子供達.jpg

そうこうしているうちに、続々と自治会の人達が集まってきて、何となくみんなでにぎやかに食事。ほとんどが農家のお宅のおじ様達、もちろん会社務めとの兼業農家だが、話題は米作りの話や、畑、笹取り&笹巻き、そして草刈りなど私の家庭では聞かない話をたくさん聞かせてもらう。

現在約120軒の集落、小学生の子供の人数は17人だそうだ。多いのか少ないのかよく分からず聞いてみると、60代位の人が『わし達が子供の頃はここの集落に学年で10人位はおったで。』と...、という事は小学生だけで60人位はいたという事なので、少ない訳だ。
『限界集落だわね、ここは。』と淋しい言葉が...。

米作りの話を聞いた。『草取りが大変でだからみんな農薬使うけど、無農薬にすると今度は草取りがねぇ。色んな農法を考え付いてやってはみるけど、なかなかそれはそれで大変でね。』

4月30日付けのブログ'心の余裕'にも書いたが、今年初めて草刈りに目が行き、母と二人で草刈りをした後、数日後にはもう伸びて来ていて、また草刈り。そして母はあれから3・4回草刈りをしている。刈っても刈ってもすぐ伸びて来る草。
たったあれだけの距離でも大変なのに、田んぼを何反もある家はどれだけ大変か...。

この集落の人に限らず、自分の集落で耕作ができなくなった人の田んぼを委託されて集落で管理している田んぼがどんどん増えてきた。そう、農業(米作り)をしていたお年寄りが亡くなり、若い人は都会地へ出て行っているので田んぼを作る事ができないから...。

何とかしなきゃ、この現状...。とは思っても何もしていない私の横でここのおじ様達は、私にカレーライスをご馳走してくれたおじ様達は"とにかくやるしかない!"と集落で協力しあいながら、そして自分は毎朝5時に起きて田んぼや畑仕事を、会社に行く前に、会社が休みの日にしている。

本当に凄いの一言

今まで私の目に入って来なかった、興味のなかった農業や農作業。お米を作る事の大変さ、野菜を作る大変さ、果物を作る大変さ、天候に左右されるし大変だとは認識していたが、まさか"草刈り"という作業がこんなに大変だとは...。物凄く大変な思いの上に出来上がっている食物、本当に感謝して頂かなければ罰が当たると思わされる。

『大変だけど、採れたての新鮮な野菜や果物、美味しいお米を食べられる贅沢。ほんに旨いんだな、これが!』
と笑顔のおじ様達に、疲れは全く見えなかった。

子供達のにぎやかな声を聞きながら、
素敵な絵を見せてもらいながら、
地元のおじ様達に自分の知らない話を聞かせてもらいながら、
扇風機もクーラーもいらない風通しの良い公民館で、
愛情たっぷりのカレーライスに採れたてキュウリの漬け物。

町の活性化って何だろう?!
実はこんなところにヒントがあったりする。
悩んだり落ち込んだりする気持ちを癒してもらった。

帰り道、目にとまった草刈り途中の畦。
草刈り.jpg

義務感ではなく、楽しんでやっておられる皆さんの姿は本当に私を癒してくれた。





















コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okuizumosanka.blog.fc2.com/tb.php/151-59f86cb4

 | HOME | 

Calendar

2019 / 09月  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks