外から来るお客様によって考えさせられる事 2010-11-13

奥出雲

皆さんこんにちは!先日2日半程奥出雲に帰ってきました。帰った翌日、なんと朝の気温4℃と雪が降りそうなくらい寒く、やはり奥出雲の寒さは厳しいなぁと感じた所でした。
紅葉ももうちょっとという感じで、今年は遅いようなので今日明日がどうやら見頃のようです!

前回ご案内した『米-1グランプリ』が明日開催されるし、父が会長を務めている'横田ブラザーズクラブ'の公開講座も明日の13:30~伝統産業会館で開催されるし、『あじわいロード』も開催中ですので、明日は奥出雲に行かない訳にはいきませんね(笑)

奥出雲の情報は家族からとネット。でも片道1時間の通勤途中で見るツイッタ―での奥出雲の皆さんのツイートが一番の情報源かも!!それを読んで、『そうか今こんなイベントがあるんだ』とか『こんな事が起こってるんだ』とか知っています。
やはり色んな情報を得るにはネットは凄く重要だし、リアルタイムで早いなぁとつくずく感じている今日この頃です。

私が東京に来てから私や私の友人を訪ね色んな方が奥出雲に来られています。島根も初めて、もちろん奥出雲に来るのも初めてという方が3組。その方達の感想が、『島根に行こうと思って色々ガイドブック等調べたけど、連れて行ってもらったのはガイドブック以外のところ。奥出雲もしかり。こんな素晴らしい所がたくさんあるのに、宣伝が下手ねぇ。』というのが皆さんの感想だったようです。
もちろん私の友人のガイドが良かった事や車で案内出来た事が良かったのが理由の大部分を占めると思いますが、それでも魅力の伝え方が下手なのは私達島根人には共通していると思います。

先日私の友人が北海道から初めて島根を訪れるという事、とある観光地の事を聞かれたので答える為そこのHPを開いたのですが、回答できる情報が載っていなかったのです。
例えば2泊3日で来ようと思ったら、行ける場所には限りがあります。アクセスと所要時間は必ず必要ですが、「ここに行く価値があるのか?」というのが、プランを立てる人にとっては一番重要なことです。だから、ここに行く価値を一番PRできるかにかかっていると思うのですが、以外にそれが出来ていないのですよね。どうしても私達にとっては当たり前すぎて当たり前を前提として情報提供しているので、その前というのか、お客様やユーザーが何を欲しがっているのか知りたがっているのかが抜けているなぁと感じます。

魅力の伝え方...。私達の商売にももちろん繋がりますし、島根・奥出雲にも。
もっと勉強しなきゃいけないなぁと思わされています。

そして一番お客さまからの意見が多い事。宿泊施設です!
今のお客様は個人で動かれる方がほとんどです。多くて4人くらい...。
皆さん声を揃えて言われた事が、
『洋式トイレがない所はダメ。ウォッシュレット必須』
『温泉なら共同でもちろんOKだけど、旅館のお風呂は×。だって時間を気にしたり誰かが入ってくるのではないかと気が気ではない。』と...。
もちろんわがままに聞こえるかもしれませんが、ある意味これが必須なんですよね、今の時代。
・プライバシーが守られる個室。
 (知らないお客さんと襖だけで仕切られるのは×)
・お風呂も時間を気にせず入れる。
 (夜でも朝でも好きな時間に入りたい)
・ウォッシュレット付きの洋式トイレ。
 (いまどきもう和式じゃできない)
・色々な所にアクセスが良い。
 (夜食事に出かけたいし、飲みにも行きたい)
・宿以外でも食事ができるようになっている。
 (素泊まりプランもあり)
実はこれを兼ね備えている宿泊施設が奥出雲にはないのです...。何か1つは欠けています。
もちろん改装等しようと思ったらお金がかかる事なので簡単にはいかないとは思いますが、これを兼ね備えた宿泊施設が町の中心部にあれば間違いなく流行ると思います。

最後に、来られた方でお一人、来る前にネットで奥出雲を調べたたそうです。『奥出雲 ○○○』で検索するとほとんど私のブログが出てきてそれを参考にさせてもらったと聞きました。多少役立っているようで嬉しかったです。
しかし、上記の観点からすると、お客様(奥出雲に来ようとしている人達)が本当に欲しい情報というのは奥出雲から発進されていないなぁと感じています。

もちろん色んな理由で来られますし、ニーズがありますから一概には言えない所もありますが、観光に力を入れようと思ったらまずアクセスと宿泊施設には力を入れるべきだなぁと思う今日この頃です。

奥出雲の方達のご意見、そして奥出雲に来られた方のご意見、これから行こうと思っておられる方のご意見、伺えたら幸いです。お待ちしております!









コメント

 11/13(土)の19:30頃、エキュートにお伺いした者です。連日長時間営業おつかれさまです。
 地方にお客さんを呼ぼうとしたら、観光名所やある程度の宿泊施設も重要ですが、やはり詰まるところ、魅力的な人と食べ物ではないでしょうか。
 いくら魅力的な観光名所でも、一度訪れてしまえば大抵の場合は満足してそれで終わりということになると思いますが、魅力的な人となると、またお会いたいと思ったり、メールなどで関係が続けば、リピートしてもらえる可能性も秘めていると思いますし、人が集まればさらに人を呼ぶ効果も生まれてくるのではないかと思います。
 食べ物に関しては、各々の土地の文化や創意工夫、人に対するもてなし方が、食事にそのまま表れている気がするので、食事への満足度とその土地への満足度には、何かしらの関連があるように感じます。
 しかし、奥出雲についていえば、このふたつはおおむね満たしている気がしたので、あとはどんなきっかけでもいいので、とにかく足を運んでもらう方法を考えなければならないということでしょうか。たとえ嫌々訪れた場所であっても、上記のふたつを満たしていれば、また来てもいいよということになるのではないかと思います。
 私事ですが、4年ほど前に真冬の山陰(益田・米子)へ出張することになり、21時頃まで残業したあと、朝の4時起きで羽田から石見空港に飛び、外回りで1泊2日みっちり働いてきましたが、その後は毎年1回以上島根のどこかに出没していますので。
 これでも、はし折って書いたつもりですが、長々と失礼いたしました。
 奥出雲の魅力がもっと伝わってほしい気がするので、何らかの形でお力添えできればと思います。そして、次回は横田にも足を運びたいと思います。

>かに様
コメントありがとうございます!そして、先日はエキュート立川店にお越し頂きありがとうございました。
‘魅力的な人と食べ物’そうですね、これ重要ですよね!
私も一人旅が好きでかなりあちこち行きましたが、印象に残っていてまた行きたいと思う所はやはり‘人’との出逢いがあったところですね。
そしてここの部分は大前提として、やはりどういった人がここ奥い出雲に来るかだと思います。私のような一人旅で寝る所は全然構わない人と、友人同士やカップルで来られる方々は少し求める物が違うかなと…。やはり‘宿’というのは結構重要なポイントになるような気がしますが。
しかし、魅力的な人と食べ物が良ければ、それもカバーできるのかなと思いました。
街で出会う人々が生き生きとして、自分の町に誇りをもっているような町ならば訪れたすべての人を魅了するだろうなぁと思っているので、そんな町になったらいいなぁと願い、これからも奥出雲の魅力を発信して行きたいと思っています!
是非今度は横田へお越し下さい♪お待ちしております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okuizumosanka.blog.fc2.com/tb.php/171-8c0afe3a

 | HOME | 

Calendar

2019 / 09月  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks