2014 A Happy New Year!! 2014-01-06

松葉屋

         ♥新年明けましておめでとうございます♥
20140106樋口からの景色

1月6日、晴天に恵まれた奥出雲です!
改めまして皆さま明けましておめでとうございます。
いつも松葉屋をご贔屓に、そしてこのブログを読みに来て頂き本当にありがとうございます。
今年の初売りはお天気にも恵まれ、多くのお客様にお越しいただき、皆元気に新年を迎えられ幸先の良いスタートとなりました!!
今年の目標は1カ月のブログ投稿数が10回を切らないよう頑張っていきたいと思っています!!
本年もどうぞ、よろしくお願い致します☆




今日から仕事初めという所が多いと思いますが、私共は初売りは2日からでしたが製造が今日からスタートでしたので、今朝会長・社長の年頭の挨拶があり、松葉屋も今日から本格的に動きはじめました!!

2014年頭の挨拶2

いつもより皆30分早く出勤し、会長から今年にかける想いと松葉屋の歴史の話を聞きました。
今までに何度か話をしたことはありましたが、今年はまた違う想いで話をしてくれたのでした。


『社長から昨年、2014年をどのような年にしていくか相談があり、社長がこうしたいという想いを聞き、わしはこう思うと議論を重ね、二人の意見が一致することが大事たと12月に二人で話し合いを進めてきた。本来社長が年頭の挨拶をするが今年はわしにさせてくれといい、今日今からわしの想いと歴史を話させてもらう。

 わしが中学1年の時、父親が病に倒れ帰らぬ人となった。そして高校を卒業と同時に和菓子の修行へ。父親のいない家庭で貧乏だった為、本当は大学にも行きたかったが母親は早くわしに和菓子の技術を学んで継いで欲しくてな、進学は諦め丁稚奉公に。4年修行しもう少しと思っていたが技術もまだそこそこなのに22歳で帰ってきた。

 帰って来ても技術はイマイチだし、なかなか売れなかったとき、帰郷して1年後、鳥上にある‘妙厳寺’のご住職から夏のお寺の行事に使うお菓子の注文を頂いた。当時300個のお菓子の注文、そりゃぁ嬉しかったわ。この時はまだ和尚さんとは面識がなく、ただ作って持って行き、多分奥さんだったかなぁ、渡して帰って来たんだよ。

 そしたらまた半年後、今度は年始の行事に使われるお菓子の注文をまた300個くらいもらってな、作って持って行ったら今度は和尚さんが出て来られて、こんな話をして下さったんだよ。



 和尚 『あなたが松葉屋さんかね。予想していたより若かったわ。何故私があなたのお菓子を注文したか分かりますか?』

 会長 『いえ、分かりません。』

 和尚 『あなたのお菓子をもらって食べた事がありました。正直、技術は大したことないなと思ったけど、一生懸命さを感じました。この想いを忘れずに、頑張りなさい。』


 そして、和尚から「いいものをあなたにあげよう!何て書いてあるか分かりますか。」と。


 会長 『‘みてござる’でしょうか。』

 和尚 『そうです。これは僕の大学時代の恩師、教育者であり哲学者である“森 信三氏(号:不尽)”が私に書いて下さった書です。この意味は説明しません。あなたなら自分で解釈して活かしてくれると思うから、差し上げます。』

 この時、わしは驚愕したんだよ。確かにあの時まだ帰って間もない頃で、そんなに注文もない時に300個のお菓子の注文。そりゃぁ嬉しくてな、本当に一生懸命作ったんだ。
 世の中には、技術は大したことなくても、そういう想いをちゃんと見てくれる人がいるんだと、本当に驚いた事を覚えている。

 そして、人は見ていなくても神さんがみてくれているんだ。そして例え神さんが見ていなくても、自分の心がちゃんと自分をみている。 手を抜けば手を抜いた事もみているし、一生懸命したことも必ず自分は分かっているし、それは誰かに伝わるんだと、俺はこの‘みてござる’という意味をそう解釈したんだ。
 
 頂いた書は半紙に書いてあったので自分で表装。以来わしの宝物、原点を忘れない為時々見ている。

 そしてわしが今73歳、50年前にこのことがあり、以来ずっと、弘延先生はお亡くなりになったが、今年のお正月もお菓子の注文を頂いた。50年間ずっとお菓子の注文を頂くという事は本当に凄い事、有り難い事だと思う。

 私達はこうやって支えられ、ここまで来ているので感謝して一生懸命働く事だ。それがお客様に伝わり支持して頂く事に繋がるから。』



今日会長が皆に伝えたかったこと、『雑念を捨てて一生懸命働けば、気持ちが充実し、必ず道は開ける。』



今年松葉屋は移転後10月で15周年を迎えます。
祖父が横田の地で松葉屋をスタートさせ77年になり、会長が22歳から始め50年経ちました。
そして現社長になり5年目を迎えます。
各個人・家庭・会社、それぞれにドラマがあり歴史があります。私共も本当に色々な事がありました。
希望をもって2014年を歩んでいきたいと思っています!!


お菓子は家族の団らんや笑顔、幸せを与えるものだと信じています。
私共の作るお菓子が皆様の幸せのお手伝いが出来るものでありたいと願い、皆で一生懸命頑張りたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okuizumosanka.blog.fc2.com/tb.php/384-bbc98268

 | HOME | 

Calendar

2019 / 11月  
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks