再会 2014-01-11

つぶやき

1月10日、カナダで12年暮らしている友人が久しぶりの長期休暇で帰国、訪ねて来てくれました♪
友人とは今から15年前ニュージーランド滞在中に出逢い、帰国後数年して東京で会い、その後カナダに行ってしまったので随分と会っておらず、連絡も途絶えていたのですがFacebookで見つけてくれ、10年ぶり以上での再会となりました。
海外生活が長いので、日本に帰ってくると浦島太郎状態とのこと、出雲大社の遷宮もつい最近知り、私もいるし来てくれたのでした!!
そんな訳で、『出雲大社~稲佐の浜~日御碕神社』に一緒に行ってきたのでそのお話です!!

出雲大社

12月4・5日に『伊勢神宮』にお参りに行ってきたので、どうしても近いうちに『出雲大社』にもお参りしたいと思っていたところだったので、Goodタイミング☆
全日の荒れ模様がウソのように、ちょうど晴れ間の除く良い時間にお参りできました!!
そして、独身アラフォー女子の私達は良縁を願い、そして、めったに引かないおみくじをひいてみました!!!

KIMG1472.jpg

なんと~!!!多分『大吉』です
何故「多分」がつくかというと、出雲大社のおみくじは大吉とか小吉とかではなく、番号が書いてあるからです!
私の引いたおみくじは‘第二十五番’だったのですが、全てがよかったんですよ~。
例えば、願望ー叶う。結婚ーよい。病気ー長引くともなおる。旅行ーよい。などなど・・・
2014年、幸先良いスタートです

そして友人と積もる話もあるので、カフェでお茶。
その間に友人が「稲佐の浜って近いの?!」と「出雲大社のおやがみさまっていう神社が出雲大社の裏にあるって聞いたけど、どこ?」と質問してきたのですが、両方知らないという恥ずかしさ・・・
カフェでマスターにとりあえず稲佐の浜の場所を聞き、行ってみました。

稲佐の浜

稲砂の浜1

ちょうど夕暮れ時、雲の切れ間から光が差し私達のテンションはMAX
カナダでも日本でも海を見ることがほとんどない彼女は、この景色にいたく感動していました。


夕食までにはちょっと時間もあったので、ならば日御碕灯台の方に行けば日御碕神社が分かるかもってことで車を走らせ向かってみると、看板が出てきて、次の瞬間!!
眼下に見た事もない綺麗な神社が
なんだあの綺麗な神社は~と驚いていると「日御碕神社⇒」という看板が出てきたので沿って行ってみることにしました。



着いたら、こちら↓↓
日御碕神社
このブログ読者の島根県内の皆さんはこの神社の事、ご存じなのでしょうか?!
着いてビックリ、まず人の住む集落が存在していて、こんな綺麗な色の立派な神社があったなんて・・・。
41年生きてきて初めて知り、ここでもテンション上がりまくりでした

写真に見える最初の門をくぐると2つの社が存在していて、
下の本社は「日沈宮・ひしずみのみや」と言われ、‘天照大神’が祀られ、上の本社(神の宮)は‘素戔嗚尊’が祀られてるのです。
そして「日沈宮」の名前の由来は、創建の由緒が、伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守れ」 との「勅命」を受けた神社である事によるのだとか!!!

『日御碕神社紹介HP(出雲観光協会HPより)』 http://www.izumo-kankou.gr.jp/678

そしてこの神社は友人が言っていた通り、出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」なのだそうです。
そりゃそうですよね、出雲大社の主祭神は‘大国主命’ですから‘素戔嗚尊’の6代あとの子孫(古事記による)or息子(日本書紀による)になる訳ですもの・・・。




せっかく友人が来てくれたのだから、色々ガイドしたかったのに出雲大社の主祭神が‘大国主命’くらいしか言えず、国引き神話も語れず、挙句の果てには「稲佐の浜」も「日御碕神社」も友人が話してくれたから行けたようなもので、「本当にあなたは出雲人ですか?!」と聞かれても、とてもそうですとは答えられないようなこの現実
奥出雲の事も知らないからと奥出雲のことばかりに目を向けていましたが、もう少し範囲を広げて、特に神話・神社は勉強が必要と感じました。


おみくじにあった「訓」にこのようなことが書いてありました。

「神の恩恵を知り、感謝篤き報恩を思う人は、決して悪心を持たず。
必ず福縁に結ばる。」


今年の私のキーワードは、‘神道・神話・神社’のようです。


友人のお蔭で学ばせてもらいました。
感謝

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Re: 再開?再会

> こんにちは!
> いつも読んで頂き、そしてコメント頂きありがとうございました。
> 間違っていましたね・・・(^_^.)
> 修正しました!
>
>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okuizumosanka.blog.fc2.com/tb.php/385-1edab6ce

 | HOME | 

Calendar

2019 / 09月  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks