台湾への興味 パート2 ~和菓子職人・エミリーさん~ 2014-04-20

つぶやき

4月2日、台湾からお客様をお迎えしました!!

和菓子職人・吳蕙菁さん(通称エリミーさん)


友人から「台湾で和菓子職人をしている人が島根に来られるので案内したい。」と3月末に連絡を受け、
詳しいことも分からず当日を迎え、弊社の工場で和菓子を作りたいというお話だったので、場所をお貸し
したのでした。


エミリー

なんとエミリーさん、和服姿で登場!!そこから驚かされたのでした。


エミリー2

そして台湾から持ってきた材料で、上生菓子作りをされ始めました。
こちら‘はさみ’を使って菊の花びらを表現する「はさみ菊」という和菓子。


エミリー6

ちょうど桜の季節だったので、まずは「桜」にちなんだ和菓子を作って下さいました!!
右上に写っているのは台湾から持って来てもらった、うさぎの形をした「落雁」。
パッケージも含め可愛いです♪♪

KIMG1615.jpg

そして途中から、時間も迫ってきて「咲子も手伝って下さい!」と言われ、まさかの参戦(^_^.)
実は私・・・和菓子屋でありながら上生菓子は作ったことないのです。
というか、お菓子作れないのです・・・

KIMG1618.jpg

ジャン↑↑咲子作です 
形はいびつですが、エミリーさんに教えてもらい何とか形になりまりた


エミリー4

そしてこちら、ご覧ください エミリーさん作の上生菓子たちです!!
もともとエミリーさんはグラフィックデザイナー。パッケージデザインもご自分でされたのだとか。
日本に無い色彩ですが、素晴らしいです

エミリー5

終わって、記念撮影 どちらが和菓子屋の人間か分かりませんね~



元々グラフィックデザイナーとして活躍されていたエミリーさん、クライアントの指示で自分が良いと
思ったデザインでも変えなければならないことが嫌になり、自分の思うモノを作り表現したいと最初は
ケーキやクッキーなど洋菓子を学ばれたそうです。すると使う原材料のバターや油の多さに自分で食べ
たくないと思い、ヘルシーな和菓子に興味を持たれ、6年前日本にある和菓子の学校へ留学。卒業後
1年間東京の和菓子屋で修業し、現在台湾で「唐和家」という和菓子店を経営され、上生菓子教室も
開き台湾の方に和菓子の魅力を伝えているのだそうです!!
そしてエミリーさん、日本語堪能です☆

唐和家HPはこちら→http://www.toukaya.com/index.php


日本の和菓子文化に魅了され、台湾で和菓子や日本文化を伝えているエミリーさんと出逢い、私は
日本人でありながら、しかも和菓子屋に生まれながら本当の意味で何も分かっていないという事を
思い知らされました。

しかしたった1時間くらいでしたが、教えてもらいながら一緒に和菓子を作ってみて楽しかったです。
そして日本の和菓子の繊細さに、作ってみて初めて素敵だなぁと思いました。


自分で着物を着こなし、日本文化を伝えている私と同年代のエミリーさん。
私が忘れていた事、近すぎて見えなかったものを気付かせてくれました。


「一緒に台湾と日本(出雲)の交流をしましょ!
 出雲には日本が残っている、素晴らしい場所です!!」


と言ってくれた言葉が嬉しく、そう遠くない将来、エミリーさんを訪ね台湾へ行きたいと思っています!!





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okuizumosanka.blog.fc2.com/tb.php/400-396ed962

 | HOME | 

Calendar

2019 / 11月  
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks