奥出雲の歴史を探る 2015-03-11

奥出雲 『歴史』

3月最後にもう一度雪が降るものですが、今回は大雪&寒さが厳しかったです。
昨夜9:30頃自宅に帰ろうと車を走らせていると、目に入ったのは「-7℃」の温度計でした。
寒いはずです・・・


さて、ブログやFacebookで情報提供を依頼した「安部十二造氏」について、多くの方のご好意で色々と分かってきました。
2月16日に初めて「安部十二造」という名前を聞き、興味を覚え調べ始め3週間経ちましたが、幸運にも『安部十二造 遺稿と追想録』が手元に届き、「安部十二造氏」の息子様とメールでやり取りさせていただくことが出来ました。

遺稿と追想録

遺稿と追想録1

この本、ネット上では「国会図書館」と「島根大学図書館」にあるとしか出てこなかったので、国会図書館まで行かないと読めないと思っていましたが、「島根県立図書館」にもあり、奥出雲町の図書館から依頼をすれば貸し出しが出来ると教えていただき、昨日私の手元に届きました。

息子様に宛てた幼少期から58歳までの自伝から始まり、詠まれた和歌や俳句集、氏が設立された団体での挨拶や刊行された会報への寄稿文などが掲載、そして追想録として交友関係のあった方々から寄稿文が載っていました。
言葉遣いが‘候文’というのでしょうか、今は使われていない「~候」や「~たり」など、そして分からない漢字・言葉遣いなども多く、理解するのに難しい部分が多々ありますが、それでも氏のしてこられた事が分かり、その時の想いを知ることができ、大変興味深く読ませてもらっています。

ただ、もっと大きな問題はやはり私のこの当時の時代背景が分かっていないという事。
実は、安部十二造氏の事を調べたからそう思ったのではなく、他の方々や、現在一番興味のある「たたら」についても、本当の意味で理解するには、歴史が分かっていて、その当時の時代背景が分かっていないと理解でいないとつくずく感じています。

たたら新聞


山陰在住の方は知っておられると思いますが、山陰中央新報さんの連載「鉄のまほろばシリーズ」。第1回からずっと読み集めていますが、製鉄技術だけではなく、景観までもたたらによって生み出されたものということを知る、たたらを理解するとても素晴らしい連載記事ですが、3月9日号は櫻井家の角炉のお話。太平洋戦争が終わった頃の時代背景とともに櫻井家のたたらの歴史、奥出雲のたたらの歴史が書いてありました。

今のこの豊かな日本があるのは、本当にこの頃将来の日本を案じ国の為、地域の為に生きて下さった先人達のお陰だと思うのですが、その歴史というか繋がりが全く私の中で途切れていました。


こうやって、奥出雲出身の偉人や歴史を調べていくことで日本への誇りや地域への誇りが生れてきています。
今更ながらに勉強をしてこなかった学生時代を悔やんでいますが、逆に知る楽しさ・喜びを地域を調べる事で教わっています。

さて、やはり今必要なのは「明治維新から戦後」くらいまでの歴史の勉強だなぁと・・・。
そして、ここのところなかなか書けていなかったブログに色々まとめて書くことが勉強の1つだとも思っていますので、これから当分の間は歴史にまつわることを書いていこうと思っています。


そうだ!!
もし、「明治維新から戦後」くらいまでのまずは基礎知識を勉強するにあたって、これオススメだよ、という本がありました是非教えてください。 
よろしくお願いします☆


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okuizumosanka.blog.fc2.com/tb.php/443-a4cfbdd4

 | HOME | 

Calendar

2019 / 11月  
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks