奥出雲神社巡り~大原神社~ 2015-04-17

奥出雲『神社』

暖かいと感じる日が訪れたかと思いきや、また冬の寒さに逆戻り・・・。
お天気も悪いですし、早く暖かい日が来て欲しいと願うばかりです


先日、久しぶりに奥出雲の神社巡りをしてきました!!
上阿井にある「大原神社」と三沢にある「三澤神社」です。
両神社の宮司を務めておられる、後藤和彦さんに連絡を取らせてもらい、お話しを伺いに行って来ました。

大原神社
初めて行く大原神社、鳥居の前に立ち、長く続く階段を見て歴史を感じました。

大原神社1
あいにくの雨で、ほとんど写真は撮らず仕舞い・・・。
立派な社殿は是非皆さんご自分の目で確かめに行って下さいね!!


お話しを伺って分かったこと。

成務天皇5年(135年)のとき上阿井雲崎地区に勧請。(573年間ここにあったそうです)
その後、和銅2年(709年)、上阿井神田地区へ移転。(951年間)
そして現在の場所に上阿井大森地区に移転し450年くらいになるそうです。

国主や藩主の崇敬が篤い神社だったのだそうで、天文20年(1551年)に仁多郡主三澤為清が崇敬して社殿を造営したということです。

聞いてビックリです!!
だって、古事記1300年(712年)とか言っている以前の、135年にはここ阿井に神社があったという事が分かっているなんて、凄くないですか!!!

人々が1,880年間ずーっと守り続けているんですよ、ここ奥出雲阿井地区で・・・。
今も10月9日の例祭前は、地域の人達が100人くらい集まり掃除や手入れをしておられるそうです。
そして例祭では神楽を舞ったり、神輿を担いだり、神事をずっとされているという事でした。

御祭神は『大名牟遅命(オオナムチノミコト)』 そうです、大国主命(オオクニヌシノミコト)の別名です。
オオクニヌシは色々な呼び名があるのですが、ここ大原神社のオオナムチノミコトの漢字は珍しいのだそうです。


昨年8月に仰支斯里神社の石原宮司に伺った奥出雲町内の「出雲国風土記」に載っている神社を知りたいと思って、それがきっかけでこの度「出雲国風土記」に載っている「大原神社」と「三澤神社」にお邪魔しました。


ではちょっとだけ、現在私が知った情報を!!
733年に完成した「出雲国風土記」に「仁多郷」として載っているのが、三所郷・三沢郷・布施郷・横田郷の4つ。
その4つの中に12の村があり載っています。
そして、10社奥出雲の神社がのっているのですが、記載順に
1.三澤神社(弎澤社)・・・奥出雲町三沢
2.伊賀多気神社(伊我多氣社)・・・奥出雲町横田
3.(玉作社)・・・奥出雲町亀嵩の玉峰山上にあったが今はない
4.(須我之非社)・・・奥出雲町上三所の城山にあったが江戸初期には既に廃社
5.湯野神社(湯野社)・・・奥出雲町亀嵩
6.比太神社(比太社)・・・安来市広瀬町西比田
7.温泉神社(漆仁社)・・・雲南市木次町湯村
8.大原神社(大原社)・・・奥出雲町上阿井
9.仰支斯里神社(印支斯里社)・・・奥出雲町八代
10.石壺神社(石壺社)・・・雲南市木次町平田

ということですが、昔は木次町の一部、広瀬町の一部は奥出雲町という言い方は変ですが仁多郷だったようです。
現在奥出雲町に現存している神社は5社のみ。
fudoki.jpg

こちらの冊子を頂いたので、現在勉強中!!!
また追々ご紹介していきますね☆



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okuizumosanka.blog.fc2.com/tb.php/453-8e6294a5

 | HOME | 

Calendar

2019 / 10月  
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks