稲田神社奉賛会 2015-06-01

奥出雲『神社』

6月に入りました!月日経つ早さを感じる今日この頃です。


先日、稲田神社のお掃除のお手伝いにお邪魔して来ました。
その際出てきたのが、こちら↓↓
稲田神社奉賛会

いつ作られたものかは分かりませんが、奉賛会の趣意書です。

稲田神社奉賛会1

奉賛会役員氏名が五十音順で書かれてあるのですが、
会長が絲原武太郎氏、顧問に名前が連ねてあるのが安部十二造氏・桜内義雄氏・櫻井三郎右衛門氏・千家尊紀氏、賛助員に竹下登氏・若槻礼次郎氏など、そうそうたるメンバーの名前がありました。
この神社を守ろうという多くの方々の気持ちをここ見ることができ、感激しているところです。

そして、今は「稲田神社」と言っていますがこの当時は「稲田姫神社」と“姫”が入っていることも知りました。


現在の稲田神社奉賛会の会長は絲原徳康氏、事務局が岡田篤志氏。
そうお二人のおじい様が会長及び事務局長を勤めておられ、そのまま現在孫達がその役目を引き受けておられるという・・・。
素晴らしいですね!!


こう書かれてあります。
「天の叢雲の剣発祥の地として名高い簸の川上、稲田の里に古くより鎮座まします稲田姫神社はヤマタノオロチ退治の素盞鳴尊の妃であり出雲文化開拓の先哲大国主の命の母神であり、また縁結びの神として地元民の崇敬をあつめております。去る昭和七年に当地方に因縁深い実業家故小林徳一郎翁の寄進により県下にも稀有の広壮優美な神殿となり、附近には姫誕生の折産湯を使われた産湯の池が鬱蒼たる老樹に囲まれ今も滾々たる清水を湛え姫塚或いは脱衣塚と呼ばれ姫誕生の折臍の緒を切られたと伝えられた篠竹叢生する笹宮跡(今尚その篠笹をとりて安産の守りとする風習あり)風光明媚な自然の美と附近に散在する古き由緒を物語る旧跡出土品と相まってその森厳壮美な社殿は参詣者に深い感銘を与えています。つきましてはこの度社殿整備に併せ吾妻山・船通山国定公園の一環としての施設を拡充し信仰と観光を兼ねて郷土発展に資し度く有志相はかり汎く江湖に寄進仰ぎ之が完成を期する所存であります。何卒微衷お汲みとりいただき格別のご協力をお願いいたします。」


先人達がこうやって守ってこられた大切な神社。
次は今に生きる私達の番だと改めて感じました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okuizumosanka.blog.fc2.com/tb.php/457-ced8443b

 | HOME | 

Calendar

2019 / 10月  
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks