北海道からのお客様 2015-09-14

奥出雲 『人物』

8月下旬、1通の手紙が届きました。


差出人は、北海道旭川市にある「北海道教育大学」に勤務されている二井様。
さて、北海道の大学から一体私に何の手紙だろうと封を開けてみると、そこには“岡崎喜一郎氏”の事を調べていて、私のブログに行き当たり、岡崎家の方をご紹介いただけないかという内容でした。

ご本人様と電話で話し事情をお聞きし、岡崎の奥様と連絡を取りお繋ぎしたところ、9月11日に旭川からお越しになると連絡をいただきました。


そして、当日。
私も岡崎家へお邪魔しお会いし、1時間ほどご一緒させていただきました。
調べてブログや季刊誌で発表してからずいぶん時間が経っていましたので、だんだん私の記憶も薄れ、しかも喜一郎氏が60代になってから横田の地を離れ、小笠原諸島の姉島へ行かれた辺りについてはまだ殆ど調べていなかったので、また改めてよい勉強の機会となりました。

IMG_3389.jpg

見てください、この資料の山!!!
昭和初期の手紙や、その後、喜一郎氏が亡くなられてから喜一郎氏を研究されている方々と喜一郎氏のお孫さんに当たる洋三氏との手紙のやり取りなど、たくさん残っていました。

この度、旭川から来られた二井氏は、様々な家庭事情を抱えた子ども達を支援する児童福祉施設の歴史を専門に研究されている方で、喜一郎氏が横田を離れ、家庭学校の教師として着任していた当時の事を調べたくて、今回来られたのでした。

たくさんのお手紙や資料を私も少し拝見し、また調べたい衝動に駆られましたが、この後予定があり1時間で退散。
二井様はこの日奥出雲にお泊りという事でしたので、夜宿へお邪魔し近くの飲食店にて遅くまでおしゃべりさせてもらいました!


二井様がずっと研究されている内容のお話を伺い、色々と思うことがありました。
喜一郎氏の事を知り、こんな凄い方が奥出雲におられたという事に衝撃を受け、伝える義務のようなものを感じ調べては発表していましたが、この度、人間の“光と影”に触れる事となりました。
どんなに立派な方にも、“影”があるということ。

それは今私自身がぶち当たっている壁でもあり、自分の中で消化し切れない感情や想い。

そんな時、こんなタイミングで二井様の来訪を受け、全くの初対面の方なのに、“岡崎喜一郎”という人を介し、色々なお話をさせてもらったことで、少し壁を登れたような気がしています。


ブログのご縁。
最近なかなか更新できていませんが、こうやって書く事で繋がるご縁を大切にしていきたいと思っています。


実は、この二井様とお会いした後は「そろばん」に関することで、まち巡りをしてきました。
この日、この町に影響を与えた方々の歴史を辿る日となり、これまたご縁を感じました!!
「そろばん」については、また後日☆



さて、地方創生が叫ばれる今。
少子高齢化が進み、この町の行く末を想う今。
歴史に学ぶ事がたくさんあると実感しています。

ここ数日で起こった出来事は、全て繋がっていて、今の私の思考へとなっています。
また追々、ここに綴っていこうと思います。
そして誰かと、そんな想いを共有できたら嬉しいと思う今日この頃です♪










コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okuizumosanka.blog.fc2.com/tb.php/465-702ec544

 | HOME | 

Calendar

2019 / 09月  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks