咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

8

公開講座 『Webの力』

おはようございます。昨日わたくし、公開講座に参加してきました♪島根デザイン専門学校と奥出雲町商工会が主催で、ニフティ㈱のWebディレクターをされている山崎瑠美さんによる"Webの力と活用法"という講座でした。山崎さんとデザイン学校の校長先生がお知り合いで実現したこの企画、昨日はデザイン学校の学生も含め町民他50名位の方が聞きに来られていました!奥出雲町は全国でも最先端(?!)、光ファイバーが全戸に引かれている町...
5

『仁多産業』

皆さん、こんばんは! 最近なかなか奥出雲の取材ができない...、と嘆いていたところに'チャンス'到来♪ 『'ごっくん馬路村'の村おこし~ちっちゃな村のおっきな感動物語~』の著者であり、村・町おこしのアドバイザーや講演会等しておられる"大歳昌彦"氏が昨日仕事で奥出雲に来られた際わたくしに会いに来て下さいまして、色々なお話をさせてもらい帰られる時、『これから仁多産業さんに寄ります。』と...!"えぇぇぇ~、仁多産業...
0

島根ふるさとフェア 出店中♪

皆さん、こんばんは! 雪がチラチラ寒い奥出雲です。さて、今日・明日と開催される『島根ふるさとフェア2010 in 広島グリーンアリーナ』に当店も出店中です♪ わたくし、内田咲子は今日は待機中で本店におりましたが、明日参加致します!!今日の様子がメールで送られてきましたので、ご紹介しますね☆↓松葉屋は①奥出雲町ブースで販売しています。(奥の方ですので、お見落としなく!)↓全体的にとっても賑わっているとの事でした...
2

奥出雲の風物詩~たたら操業~

おはようございます! 寒さの底を打ったのでしょうか?!ここのところ気温の高い奥出雲です。今朝は霧が凄かったのですが、今とっても良いお天気です♪さて、最近奥出雲の話題がないなぁと思っていたのですが、"そうだ・そうだ奥出雲と言ったら!"という話題がありました!!20日(水)に"たたら"の火入れ式があったようです。これから2月6日(土)まで3回の操業が行われるます。3昼夜寝ずの操業ですから、村下さん達は今気合いが入っ...
0

心暖まるひととき

皆さん、こんにちは! 今週12・13・14日と雪が降り続き、13日は夜8時で-5℃だったり、日中でも-2℃だったりと、寒さが厳しい奥出雲でした...。今朝8時過ぎに配達に出かけたのですが、気温-4℃、その時はまだ道路に雪がありアイスバーン状態でしたが、松江から帰ってくる時(10時以降)はお天気も良くなり、雪も溶け始めていました。奥出雲に帰ったら気温1℃。車を運転しているとポカポカと日差しが暖かく、たった1℃なのに、"暖かい...
2

"七草粥"

今日、スタッフと休憩時間に"七草粥"の話になった。『今日は七草粥を食べる日だよね。』と...。さっそく、『では皆さんこちらの人から順に言ってみて下さい!』とあててみたがが、答えられたのは6~7人中、1人だけ...。言えた彼女も3つくらいまで。もちろん私は一つも言えない(汗)そしてもう一つ、『では1月7日に七草粥を食べる理由は?』と聞いてみたが、これまた答えられる人はいなかった。『じゃぁ今日は七草粥だな♪』と思い...
5

『奥出雲1・2・3』 高橋一郎編著

皆さんこんばんは。2010年最初に素敵な本を紹介できることを嬉しく思います!タイトルにあります『奥出雲』という本ですが、90歳代半ばになられます高橋一郎先生が1975年~2003年に毎月発行された機関誌"奥出雲"を編纂されたものです。この度増版があり知人が教えてくれましたので、購入しました!!'この本を読むと奥出雲の(特に横田の)歴史が良く分かる'と聞いていたので、本日手に入り大変喜んでいます♪♪高橋一郎先生は、中学...
2

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

皆さま、新年明けましておめでとうございます!2010年がスタートしましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?私共はイオン日吉津店を2008年9月にオープンしましたので、昨年より元旦から仕事となりましたが、わたくしは昨日お休みを頂き、本日より松江店勤務をさせて頂きました。 元旦よりイオン日吉津店へ、そして本店松江店の初売りは本日より、たくさんのお客様にお越し頂きありがとうございます! 本年も変わりま...
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR