咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

0

『女子ログ』連載

山陰中央新報社の‘くらし・読者’ページに『女子ログ』というコーナーがあります。ここは、山陰の20代半ば~40代の女性にターゲットを絞り、ライフスタイルや日々感じること、生き方へのこだわりなどを連載のミニエッセーで綴ってもらうものだそうで、なんと奥出雲女子会へ依頼が来たのでした!!今回この話を受け、女子会メンバー6人が引き受ける事になり、順番に書いていきます。トップバッターを私が引き受け、昨日6月25日付...
0

奥出雲女子会企画 『デザインマネジメントセミナー』

先週は恵の雨で数日間ずっと降っていましたが、今日はまたお天気の良い奥出雲です今日はちょっと奥出雲女子会の活動をご紹介しますゆる~くですが、しっかりと続いている女子会の活動。今までにヨガ教室・Facebook講座・交流パーティー・デザインセミナー等行ってきました。昨年「POPを上手に作れるようになりたい!」という想いから実施したデザイン講座、デザインの基礎を学ぶうち、デザインの元になるアイディアや企画の考え方...
0

温泉で楽しい笹巻き作り体験

どんより曇った奥出雲、降りそうで降りません。今日はスタッフからの情報で、‘笹巻き作り体験’のご案内です!!奥出雲の方は‘笹巻き’と言えば何かすぐ分かりますが、そうでない方へは‘ちまき’と言えば分かって頂けると思います。(でもちょっと笹巻きとちまきは違いますけどね…。)過去のブログで写真付きで投稿してますので、是非こちらをご覧ください↓↓『2010年6月27日投稿 ‘笹巻~親から子へ孫へ~』昨年出来た奥出雲の新しい...
0

遺作展 日本画安部弘延とその弟子たち~ふるさとを愛して~

数年前、父がスタッフの研修会で語ったことがある。わしが中学1年の時、父親が病に倒れ帰らぬ人となった。そして高校を卒業と同時に和菓子の修行へ。父親のいない家庭で貧乏だった為、母親は早く俺に帰って来て欲しくせがまれ、技術もまだそこそこ、もう少し学んで帰りたかったが、4年の修行で22歳で帰ってきた。その1年後、鳥上にある‘妙厳寺’のご住職から夏のお寺の行事に使うお菓子の注文を頂いた。当時200~300個のお菓子の注...
0

恵の雨

ようやく雨が降りました今日の地元のお客様との会話は『やっと降りましたねぇ!』が大半です。みんな待ち望んでいました。本来土日はお天気であって欲しいのですが、今日は嬉しくホッとしています!13・14日と大阪に行ってきました。13日は仕事、14日は休みを取ってせっかく来たので色々見て帰ろうと思って…。4月26日にオープンした『グランフロント大阪』に事務所移転された会社さんとの打ち合わせだったので、そのままここの見学...
0

雨乞い

皆さん、こんにちは。雨が降りそうで降らない、奥出雲です。いつでしたっけ、梅雨入りしたのは?! 梅雨入り宣言を聞いた途端、雨が降らなくなりました農家さんから、「お水が足りない」と切実な声をよく聞くようになりました。今年は、雪もあまり降らなかったので水不足が心配されていましたが、ここに来て雨まで降らずかなり深刻な状況です。今日うちのスタッフが、「私がお嫁に来て11年。今までは山から流れ出るお水だけで田ん...
2

最近思う事

ちょっと最近考えてることを日記にしてみる事にします。このブログを読んでくださってる方ならお分かりだと思いますが、何故か私は『奥出雲が大好き』なのです。だからこんな風に奥出雲に特化したブログを書いているわけであって、とにかく奥出雲の人に奥出雲の価値を知ってもらい、奥出雲外の人達に奥出雲の魅力を伝えたいと思い、色んな事に首を突っ込んでいます。奥出雲女子会が立ち上がったきっかけも実はそんなところにあって...
0

お田植え祭り in 悦ちゃん農園

奥出雲でお米の完全無農薬栽培をされている‘悦ちゃん農園’のお田植え祭りが5月31日に行われ、参加させて頂きました!!心配されたお天気でしたが、この通り総勢60名くらい集まり、厳かに執り行われました。こちらが、悦ちゃん農園の渡部悦義さんですが、私も悦ちゃんと呼ばせてもらってます写真の奥の方、分かりますでしょうか?!田植え歌を歌っておられます実は私も一緒に歌わせて頂きました。前日無茶ぶりの依頼(笑)、でしたがC...
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR