咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

2

2009年、ありがとうございました!

皆さん、2009年も残すところあとわずかとなりました。 どのように年末をお過ごしでしょうか?

ブログを書くに辺り、2009年を振り返ってみました!

【1月】 
・大雪から始まった奥出雲、東京出張で奥出雲を離れている間にかなり降る。
・内田咲子、出張先で胃腸炎にかかり4日間寝込む。
・オバマ米大統領就任、同じ頃20年続いた奥出雲町長の次期出馬しない意向のニュースが飛び込んでた。
・弊社スタッフ由美ちゃんに第一子誕生♪ 
 
【2月】
・生どらを持ってアメリカへ!この出張後、内田咲子考える1年となる...。

【3月】
・内田咲子、初めてのインフルエンザにかかって1週間ダウン。
・弊社スタッフ直ちゃんに第一子誕生♪

【4月】
・23日、"鉄の彫刻美術館"オープン!!
・28日、「新型インフルエンザ発生」宣言。

【5月】
・奥出雲町新町長誕生♪
・内田咲子イギリスへ旅に・・・。
 
【6月】
・毎年行っているシカゴ、ストリームウッドハイスクールの高校生ホームステイプログラムが新型インフルエンザ流行の為中止に...。

【7月】
・弊社社長交代
・毎年恒例「ブルーベリー狩りツアー」開催!
・人生初のそば打ち体験を木屋谷地区の皆さんと♪ 

【8月】
・イラストレーターつぼいひろきさんから内田咲子の似顔絵が届く♪
・民主党圧勝!

【9月】
・政権交代、鳩山総理誕生!
・シルバーウイークが始まる。
・出雲で12万年前の旧石器20点発見☆

【10月】
・横田本店移転10周年創業祭

【11月】
・弊社スタッフ井田さん、結婚!
・2日、初雪が30cmの積雪となる。
・イギリスから友人が奥出雲へ遊びに来る。
・22日"手作りのお店 どーこれ"オープン

【12月】
・55年ぶり奥出雲の地へ帰ってきた方や、Iターンで東京からやってきた方と知り合う。
・内田咲子、悩んだ1年が最後明るい未来へと繋がる(笑)

もっと考えれば出てくるのでしょうが、今思いつくまま印象に残った事を挙げてみました。
今年は本店移転10周年という事で、企画準備を進め10月を迎えました。1月にオバマ大統領の就任演説に感動し、2月その感動の地へ降り立ち、5月には奥出雲に新町長誕生!7月には父から兄へ社長を交代し、私も様々考える事が多く、『Change(チェンジ)』の年となりました。
弊社スタッフも入れ替わりがあったり、子供が生まれたり、結婚したり...おめでたいことが続き、松葉屋ファミリーが増えました!!

ブログを書き始めて1年半、今年このブログを通じて出逢いもありました。先日は広島からのお客様に『内田咲子さんですか?いつもブログ拝見してます!』とお店で声を掛けて頂きました!ありがとうございます☆

嬉しいこと、楽しいこと、辛いこと、淋しいこと...色々ありましたが、お陰様で元気に新年を迎えられそうです!!内田咲子は本当に多くの方々に支えられこうして人生を歩ませてもらえていることに心から感謝しています☆

悩み苦しみから抜け出し、内田咲子エンジン全開です(笑) 2010年、走らせて頂きます!!
1年間のご愛顧に心より感謝し、2010年も変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
本当に本当に、ありがとうございました。

それでは皆さま、良いお年をお迎え下さい! 


有限会社松葉屋
  内田咲子

 uchidasan web.jpg



 
 

コメント

今年一年、色々お世話になりました。なんか2009年あっという間でした。
 11月の終わりにお会いできたらよかったのですが、お忙しかったようで残念でした。ただしっかり松葉屋テーストはアップデートしておきましたよ!新製品のりんご、旨かったです。また今回お土産に持って帰ってきた虎模様の羊羹、これも大好評で社内で30秒売り切れでした。そういえば来年は虎年!人気が出るかも??
 
 来年もまたよろしくお願いします。
シカゴより!

>おやじ様
こちらこそ、色々お世話になりありがとうございました!
11月にはお会いできず、残念でした。いつもお土産すみません!!
またアメリカ行きがあるかもしれません、いや行きたいです(笑)その時にはまたよろしくお願いします。
それでは良いお年をお迎え下さい。
2010年もよろしくお願い致します☆
非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR