咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

3

山陰の大雪の話

皆さんこんばんは!

この年末年始、山陰地方は大変な大雪だったのはもう皆さんもご存じの事ですが、私の周りからも大変な思いをしたという声がチラホラ聞こえてきました。
先日ツイッタ―を覗いていたら奥出雲の方が帰省で寝台車に乗ったら、動かなくなり24時間缶詰だったと。
そして今日、いつもコメントを下さる『ゆうすけ』さんがお店に来て下さり、ゆうすけさんもやくもに缶詰めになったと話して帰られました。
ゆうすけさん、出雲出身で現在東京にいらっしゃる方ですが、年末年始の帰省でやくも号に乗ったところ、31日の夜10時に電車が泊まりそのまま1日は動かないまま、そして日付が変わり2日の夜中2時にようやく動き始め、出雲に着いたのは夜の9時だったそうです...。
聞いていてこちらが辛くなりました(涙)

止まった駅の歩いて10分くらいの所にコンビニがあったそうなので、時々はそこに食料を調達しに行かれたようですが、電車内で配られたものはパンが1・2個とちょっとしたおやつのみ。そしてこういう場合料金って帰ってくるのですか?と聞いたら、なっなんと、特急料金の'1500円'だけが返ってきたそうです。これも辛い...。
そしてゆうすけさんは、2日の夜9時に過ぎに実家に着き、翌日3日にはまた東京に向けて帰ってきたそうです。

「高い料金を払って俺は何しに帰ってきたんだ!」

やるせない気持ちで、もう二度とあんな思いはしたくない。と言われ帰って行かれました。

そして大変な思いの話を聞きましたが、最後に今日こんなメールも頂いたのでご紹介します!

"TVなどで見る限り、東京は本当に良い天気で羨ましい限りです。
私は鳥取県の大山町に住んでいるのですが、おそらく今回の大雪で最も目立ったところではないかと思います。
知人でも何名かが国道の事故による大渋滞に巻き込まれ30時間も車内で過ごしたり、3日間も停電になる地域があったりなど、あまり経験のないことを目の当たりにしました。
このように年末年始非常に暗いニュースが多かったように思われがちですが、自分としては、その中で経験できた助け合いの心や人の温かさ、ピンチの時にこそ力を発揮する人生の諸先輩方のパワーなどを感じることができ、前向きに良いスタートが切れたと思っております。"


先日もこちら関東の方と話した際『奥出雲の人とか島根の人って優しい人が多いですよね。』と嬉しい言葉を頂きました。山陰全般に当てはまるのではないかと、今日のこのメールを読みそう思わされました。

色んな意味で協力しなければ生きていけない地域ですからね!!
山陰の皆様、是非誇りに思って頂きたいと思います。

何だかまた明日から山陰地方に大雪の恐れとニュースにありました。心配です。
山陰にお住まいの方、行かれる方・出られる方お気を付け下さいね。



コメント

おはようございます、ゆうすけです。咲子さん、投稿ありがとうございます。 まぁ、続きというか単なる「グチ」になりますが… 再度出発したものの、度重なる停車(説明が二点三点したり)、線路上に倒木やらまたまたポイント故障… とどめは、踏み切りで車が立ち往生をしてるため停車します… などなど、「28時間」あまり停車していた駅から、地元の駅まで本来なら「1時間」あまりで行けるところを、「7時間」かけて到着したという、トータルで『35時間缶詰状態』というありえない話。ホントに参りました。

咲子さん、新年は東京で過ごされたのですね。
年末の大雪、私は年越そばの米子天満屋で
販売応援を行ってました。
夕方5時頃に、米子市を出発しました。
米子南インターを上がり、
今年の年末は早く帰社出来ると期待し、
調子よく走っていましたが、
米子中インターで強制的に下され、
9号線に合流。
ここから約5時間・・・
それでも会社には帰社出来ませんでした。
あきらめて自宅に直帰しました。
本当にすごい雪でした。
米子市、東出雲町、松江市・・・
こんなに雪が降るなんて予想してませんでした。
(きっと誰もそうだったのでしょう)
↑ゆうすけさんは、もっと大変でしたね。
それに比べると私はまだマシな方でした。
大渋滞のため、9号線では、
ポプラ(コンビニ)の従業員さんが、
ドライバーに、おにぎりを1個ずつ配られたそうです。
(後で知った話ですが。。。)
困った時、親切にして頂く人も居るんですね。
それからタイガーマスクブームですね。
助け合い、大切ですね。
長々とすみません。

>ゆうすけ様
>咲也様
コメントありがとうございます!
すみません、遅くなりまして。
皆さんホントに大変な思いをされたのですね。
心が痛みます。
また週末荒れそうですね、お気をつけください。
取り急ぎですみません。
またお返事します。
非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR