咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

2

『ベンチャー・キッズ・プログラム』

本日、講師を務めた内田咲子です!

ハイ、どういうことかと言うと、今日『ベンチャーキッズプログラム』と言ってここ奥出雲のNPO団体が行っている小中学生対象とした教育プログラムの一環で「奥出雲で採れたブルーベリーでジャムを作り、それを売りに行こうプロジェクト☆」の3回目。今日私は『POP&プライスカード制作講座』の講師(?!)として招かれ、子供達にPOP&プライスカード作りの指導を行ってきました。

IMG_0005縮小.JPG

お喋り大好き、ブログ書いたりするのも好き、あちこち出没して人と交流するのが大好きですが、実は人前で話す(人に向かって自分ひとりが話す)のは苦手なのです。色んなところに顔を出しているのでみんな私がこういうこと得意と思っておらるのですが、実は人前で話すのは大の苦手です。
今日も子供の前とはいえ、かなり緊張して何を話したか全く覚えていません(苦笑)

「子供とはいえ、売ることがどういうことかちゃんと説明して下さい!」と言われていたので商品を作って売るという説明と、売る為にすること・しなければならないこと、POP&プライスカードの役割等を説明したのですが、果たしてあんな説明で子供たちは理解してくれたかは『?』、小学4年生から中学1年生までの7名の子供たちにPOP制作に取り掛かってもらいました!
最初みんななかなか書かないので、「私がお手本!」と書いたのは良かったのですが、私のが一番最悪、全然お手本にはならないし...、これはまずいと。


更に最初は『えぇ、何書こう・書いたらいいの?』となかなか子供たちは書こうとしないし、困った困ったと思っていたのですが、主催者の方が『休憩だぁ!』と言って子供たちの作ったジャムを持ってきて下さり、実際に食べてみることに!そしたらそれが良かったのか、『美味しい♪』と言って食べたジャムを売りたい・買ってもらいたいというのが芽生えたのか、急にペンの動きが進み始めました!

IMG_0008縮小.JPG

IMG_0009縮小.JPG

そこからは流石子供です!感性が素晴らしい☆あっという間に書き上げ、ではプライスカードも書いてみましょう!と別の紙を渡したら、説明もしていないのに、一番小さかった4年生の女の子はプライスカード立が必要のないように、立体的にプライスカードを作ったのです。これには驚かされました!!
全く役に立たない講師でしたが、子供たちの素直な感性のお陰でとっても素敵なPOP&プライスカードが完成しました☆
今日は逆に私の方が子供たちからたくさん学ばせてもらい、有意義な一日を過ごすことができました♪

来週18日(土)に、170個のジャムを持って、倉敷市の『おはようナーム』さんというパン屋さんへ売りに行きます☆
地元奥出雲のブルーベリー農園へ摘みに行き、新鮮な実を使い、子供たちが一生懸命作ったジャムです。是非倉敷市内・近隣の皆様、この子供たちの『思い』を買いに来てやって下さいね☆

この日私は一緒に行くことは出来ませんが、子供たちが一生懸命売り、何かを学んで帰ってくれたらなぁと。そして欲をを言えば全部売り切って喜んで帰ってくれたらなぁと思います。

IMG_0017縮小.JPG

みんなの思いが届きますように...☆


コメント

講師お疲れ様でした。
人前で話す事、得意なんだろうなぁ~って思いましたが、
意外です。驚きました。
しかしこの先、様々な経験をされ、
将来きっと講演会を沢山されてるような気がします。
企画も素晴らしいですね。
この子たちが大きくなって、
一緒に商売で出会える日が来ると思うと
本当に楽しみです。

>taniyan様
あはははは、やはり『得意』と思っておられたんですね…。
将来講演会なんて…ありえません。
明後日子供たち売りに行きます!
ここで良い結果が報告できればいいなぁと思っています。
非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR