咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

2

創業3百年・簸上清酒 新酒まつり

簸上正宗会社.jpg
私の大好きなお酒『大吟醸 玉鋼』を作っておられる'簸上清酒(合)'さん。酒造りをしていたと文献に残っているのが、1712年。そうです今年が2012年ですので、創業3百年の老舗酒蔵さんです!!
毎年3月には新酒まつりを開いておられるのですが、なかなかお邪魔できず、今年こそは!と先ほど行っていました♪♪ 本当はもう少し前にこちらで紹介して、皆さんにも行ってみてもらいたかったのですが...。ごめんなさい、今頃で。

冨田屋.jpg
そしてこちらが創業3百年記念のお酒『冨田屋(とだや)』
ヒカミさんは田村家なのですが、田村家の屋号が'冨田屋'だそうでして、このお酒は歴史に想いを馳せ飲んで頂きたいという思いで作られました。兵庫県産の山田錦を100%使用し、精米歩合は50%の吟醸酒です! 試飲させてもらいましたが、美味しかったですよ~♪♪ もちろん買わせて頂きましたv
しかし、300年続く企業というのか続く家があるというのは、本当に凄い事ですよね。歴史を感じさせられます。

毎年行われている新酒まつりは年に一度の酒蔵見学もさせて頂けるそうで、私も早速説明を受けながら見学させてもらいました!!
残念ながら酒蔵内は撮影禁止でしたので、お店できませんが、お酒を造る工程を説明してもらい、『だからヒカミさんのお酒は美味しいんだ☆』と妙に納得でした。

初めてお会いしましたが、こちらの杜氏・松本年正さんともお話をさせて頂きました。松本杜氏.jpg
松本杜氏は平田の方で、ヒカミさんに33年勤務され、杜氏になり15年。その間全国新酒鑑評会で5年連続金賞受賞(合計6回受賞)の他、出雲の品評会でも6回最優秀賞を受賞されています。ANA国際線のファーストクラスのお酒にも選ばれたり、松本杜氏の腕が良いという事が証明されていますよね☆

美味しいお酒を造るポイントは、水・酒米・環境の良さ・杜氏の腕とあるようですが、どれもこれも優れているなぁと実感!!

お水は斐伊川の伏流水、井戸水を使用されています。実は知る人ぞ知るの美味しい湧水があるのですが、そのお水を使って造っておられるのでそれは美味しいものができますよねって感じです。
湧水.jpg
場所をお教えして、ある場所のように水汲みの方が殺到していはいけませんので、伏せておきますが、お茶を点てる方やコーヒーを淹れる方に人気のお水なんですよ!

酒米は兵庫県産の山田錦や奥出雲産の佐香錦など。
酒米1.jpg
精米所も見せてもらいましたが、お米を60~50%にまで精米されるんですよ!要は米粒が半分になるということなので、美味しいところだけを使っておられるという事です。

環境の良さというのは、寒さです。悪い菌が繁殖しないから雑味のない美味しいお酒になるそうです。今年のように寒い寒い冬はお酒造りには最適なのだそうですよ。

そして杜氏の腕。金賞や最優秀賞が物語っていますよね!

そしてなんと言っても田村家が美味しいお酒を造りたいと思われているから、この奥出雲の食文化に合ったお酒造りをしておられるので、こうして素晴らしいお酒が出来るのだと...。300年続く理由が分かる気がします。

酵母の話も伺い驚いたのが、今全国で使われている'泡無酵母'というのが昭和30年代に先代の社長様がこの蔵で発見し、全国に広まったという、色んな意味で素晴らしい酒蔵さんです。※詳しくは簸上清酒さんのHPで。
泡無酵母発祥の地.jpg

私の一押しは『大吟醸 玉鋼』ですが、その他人気の『七冠馬』、そして新商品『冨田屋』など、HPでも買えますので是非一度試してみて下さいね☆
 
簸上清酒(合)
 住所:奥出雲町横田1222番地
 電話:0854‐52‐1331
 HP:http://www.sake-hikami.co.jp/






コメント

おはようございます、ゆうすけです。大変ご無沙汰しています、お元気ですか?  田舎育ちなのに、花粉症と闘う毎日です…
 七冠馬、たまに東京の居酒屋さんで拝見します。 地元のお酒があるなんて… と思いますが、知ってる人は知ってるんですね。 

>ゆうすけ様
すみません、コメント頂いていたのに見逃していました…。
今日から4月ですが、小雨が降る寒い奥出雲です。
花粉症は大丈夫ですか?!私は乾燥と戦っています…。
東京で地元のお酒が飲めると嬉しいですよね♪
非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR