咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

8

『横田相愛教会』

皆さん、素敵なクリスマスを過ごされましたか?

クリスマスと言えば、本来キリスト教徒がイエス様が生まれてきた事を祝う祝日ですね。
ほとんどがキリスト教徒ではない日本人誰もがクリスマスと言って浮かれているのは面白いですよねぇ♪

さて、ブログを書くにあたり『奥出雲でクリスマスらしいことって?!』と思ったら、ふと、「そうだ!私小さい頃教会に・日曜礼拝に通っていたなぁ」と思いだしました。
実は松葉屋の旧店舗(私が生まれ育った店兼住居)の目と鼻の先に素敵な教会、『横田相愛教会』が建っているのです!

キリスト教徒ではない私ですが小学生の頃、毎週日曜日に礼拝に通っていました。何故通い始めたのかは謎ですが、賛美歌を歌ったりお話を聞いたりするのが楽しかったのでしょうね、何年間か通っていたのを覚えています。多分小学校6年生のクリスマスだったと思いますが、私がイエス・キリスト役になり近所の友達と一緒に劇をしたことも今思い出しました。
子供の頃は何とも思っていませんでした、今考えてみると、こんな小さな町にキリスト教会があるなんて凄いよなと・・・。


さて、この『横田相愛教会』ですが、近所に岡崎家というのがあり、そこの何代か前のおじい様(岡崎喜一郎氏)が私財で建てられました。大正12年(1923年)今から85年前です。
岡崎喜一郎氏は同志社大学を出て島根県下で2番目となる幼稚園や女学校創立されたり、病院や銀行も作られたとても素晴らしい方です。学生時代、内村鑑三と友人関係にあったそうですが、岡崎氏はここ奥出雲・横田をどのような町にしたかったのでしょうね?この町を思い私財でこういった事をされた方がおられたことを誇りに思います!

横田歴史本に、大正時代この教会前で撮った写真が載っています。ここにUPできないのが残念ですが、奥出雲・横田がとても裕福だったのだなと感じさせられた一枚でした。
今より金銭的には裕福ではなかったはずなのに、心が豊かだったんだなと感じさせられる写真でした。

今この町に何名位キリスト教徒の方がいらっしゃるか分かりませんが、今も牧師さんが何年か交代でこの町に来て住んで礼拝をされています。
85年も変わることなくこの地で信仰され、小さい町の教会に牧師さんがいる事は凄いことだなと、今日クリスマスブログを書きながら思わされました。

私の甥っ子姪っ子も先日この教会のクリスマスパーティーに行って来たようです♪
なんか、こういう事が続いてるって事、嬉しく思います。

自分で撮った写真をUPしたかったのですが、ここ最近バタバタと出歩いていたので写真を撮りに行けませんでした。その代りネット上で見つけた関連ページをUPしますので、雰囲気を味わって下さいね☆

■文化遺産オンライン

■横田の郷愁風景

コメント

お久しぶりです。シカゴからです。
今年の秋、横田相愛教会にお邪魔してからご連絡をたびたびいただいております。皆様によろしくお伝えください。
Merry Christmas & Happy New Year!

>おやじ様
明けましておめでとうございます!
ホント、ご無沙汰しております。いかがお過ごしでしょうか?シカゴは奥出雲より寒かったはずですよね?!
そうですか、去年教会に行かれていたんですね!何とも味のある教会ですよね。
しかし私もここ最近足を運んでいないので、またおやじ様からのメッセージを伝えに行ってみますね!

 岡崎喜一郎を研究している公立学校教員です。
 岡崎は晩年、東京府下小笠原諸島の母島の、さらに奥地の孤島で、児童自立支援施設を経営しました。奥様もご一緒です。当時の何か情報、たとえば手紙、写真、絵はがきなどをお持ちの方がいらしたら、拝見したいのですが。
 また、昭和14年の横田大火をご記憶の方、何か思い出はございませんか?岡崎が最晩年に勤務した鉄材会社名をご存じありませんか?お伺いします。

>丸山聖一様
コメント頂き、ありがとうございました。
知らなかった情報をありがとうございます。
両親や知り合いに少し聞いてみましたが、今のところ情報がありません。
もう少し調べてみますので、お待ち頂けますでしょうか。
何か分かりましたら、書いて頂いたメールに送付させて頂きます。

岡崎喜一郎は八雲銀行役員でした。八雲銀行は後年山陰合同銀行になります。奏任官待遇で横田郵便局長を退官して、今で言う少年院を設立し、戦後病没しました。この人物に関する情報をお教えください。留岡幸助、山室軍平、本間俊平、金森通倫、小崎弘道らと交遊がありますが、青年時代に太田清三郎という津山中学教員と懇意です。この太田という人物は津山市の市長か町長をやったように思われますが、どなたかご存じですか。

《岡崎喜一郎》
早稲田大学 専修英語科 明治30年得業
横田郵便局長
八雲銀行 取締役
松江銀行 横田支店長
【早稲田大学校友会会員名簿】
[第1冊]大正4年11月調
明治三十年得業  専修英語科
岡崎喜一郎(島根) 島根県横田町 p142/189
[第2冊]大正14年11月調
明治三十年得業  専修英語科
岡崎喜一郎 郵便局長 島根県仁多郡横田村横田 p359/517
【大日本紳士名鑑】大正5年7月15日発行
島根県仁多郡 横田村
岡崎喜一郎 横田郵便局長 八雲銀行取締役 p724/1086
【日本全国諸会社役員録】
八雲銀行 仁多郡横田村 設立明治33年10月
取締役 岡崎喜一郎 仁多郡横田村
[第11冊]明治36年 p728/947
[第12冊]明治40年 p811/1053
[第13冊]明治41年 p800/1053
[第14冊]明治42年 p817/1092
[第15冊]明治43年 p846/1125
[第16冊]明治44年 p896/1198
[第21回]大正2年  p1026/1362
[第23回](第2冊)大正4年  p400/714
[第24回]大正5年  p927/1256
松江銀行 横田支店 仁多郡横田村 電話二
支店長 岡崎喜一郎
[第25回]大正6年  p979/1327
[第26回]大正7年  p755/1029
[第27回]大正8年  p672/911
[第28回]大正9年 p841/1153
[第29回]大正10年 p712/971
【国立国会図書館・近代デジタルライブラリー】より
[銀行変遷史データベース]
八雲銀行   設立 明治33年10月
松江銀行   合併 大正5年
山陰合同銀行 合併 昭和16年
http://www.zenginkyo.or.jp/library/hensen/" rel="nofollow">http://www.zenginkyo.or.jp/library/hensen/

《太田清三郎》
津山中学校 苫田郡津山町
【職員録】
[第26冊]明治33年(乙) p171/231
助教諭心得(月二五)太田清三郎
[第28冊]明治34年(乙) p187-188/256
助教諭心得(月三〇)太田清三郎
[第30冊]明治35年(乙) p201/276
教諭心得(月四〇)太田清三郎
[第32冊]明治36年(乙) p194/268
教諭心得(月四〇)太田清三郎
[第34冊]明治37年(乙) p197/272
教諭心得(月四〇)太田清三郎
[第36冊]明治38年(乙) p200/273
教諭心得(月四〇)太田清三郎
[第38冊]明治39年(乙) p205-206/284
教諭心得(月四〇)太田清三郎
【中等教育諸学校職員録】
[第1冊]明治37年版 p304-305/539
県立津山中学校 岡山県津山町椿高下
明治28年創立 現在生徒 441人
教諭心得 数、幾、代 太田徳(ママ)三郎
[第2冊]明治39年10月現在 p161/366
県立津山中学校 岡山県苫田郡津山町
創立 明治28年9月 現在生徒 489人
教諭心得 代、幾、三 太田清三郎
【国立国会図書館・近代デジタルライブラリー】より

《太田清三郎》
【職員録】明治19年-45年現在
[第38冊]明治39年(乙) p205-206/284
津山中学校 苫田郡津山町
教諭心得(月四〇)太田清三郎
これ以降、『岡山県苫田郡役所 苫田郡津山町』に、
太田清三郎の記載は、ありません。
昭和期は、公開されておりません。
[第40冊]明治40年(乙) p215/296
[第42冊]明治41年(乙) p236-237/321
[第44冊]明治42年(乙) p249/338
[第46冊]明治43年(乙) p263-264/359
[第48冊]明治44年(乙) p278-279/377
[第50冊]明治45年(乙) p291/397
【職員録】大正2年甲-大正6年乙
[第2冊]大正2年乙 p286/388
[第4冊]大正3年乙 p300/403
[第6冊]大正4年乙 p304/411
[第8冊]大正5年乙 p314/422
[第10冊]大正6年乙 p323/436
【職員録】大正7-13年
[第1冊]大正7年 p517/578
[第2冊]大正8年 p578-579/641
[第3冊]大正9年 p683/751
[第4冊]大正10年 p739/813
[第5冊]大正11年 p700/768
[第6冊]大正12年 p245/268
[第7冊]大正13年 p695/763
【職員録】大正14-15年
[第1冊]大正14年1月1日現在 p202/221
[第2冊]大正14年7月1日現在 p678/746
[第3冊]大正15年1月1日現在 p214/236
[第4冊]大正15年7月1日現在 p525/575
【岡山県職員録】大正15年10月1日現在
P78/177
【国立国会図書館・近代デジタルライブラリー】より
非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR