咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

0

‘たたら’がもたらしたもの

新聞記事0715

先日7月15日付けの山陰中央新報の16面に載ったこの記事、読まれましたでしょうか?!
読まれていない方は、下記クリックしてどうぞ↓↓
山陰中央新報記事『たたらとともに豊穣得る』

リアルタイムで私も読まなかったのですが、先日知人から言われ読んでみました。
奥出雲の1/3の棚田は、砂鉄を採取した(かんな流し)跡地に出来たものという、初めて知った事実。

昨年秋の季刊誌『山里だより』で、仁多米を取り上げたのですが、その取材の中で、たたら製鉄を運搬するために牛や馬をかっていて、その堆肥や、ここの地形によるミネラル分の多い水、寒暖差で美味しいお米が出来ると知ったのですが、鉄穴流しによって出来上がった棚田だったとは・・・。
やはり奥出雲は、たたら製鉄から切っても切り離せないところなんですね~!!

そして、この記事の最後の段に書いてありますが、普通鉱山で鉱物を掘った後は荒廃することが多い中、このように田んぼにし、豊かな食の文化を作り上げてきたことは珍しいのだとか。
この町の先人たちに感謝しなければなりませんね!!


石見銀山も確か、環境に配慮した銀山跡という事で世界遺産になったんですよね?!


そんなことを思うと、奥出雲のこの豊かな田園風景も世界遺産に匹敵するものかもしれませんね!!
また1つ、奥出雲の魅力を知る事ができ嬉しいです♥
山陰中央新報さん、そして教えてくれたOさん、ありがとうございました~\(^o^)/


近いうちに、この新聞記事に載っている田園風景を歩いてみたいなぁと思っています☆




おっと、忘れるところでした。
もう一つご紹介♪♪

7月19日(金) 午後10時~ BS朝日『エコの作法』(再放送)
にて、たたら製鉄やこの鉄穴流しによる棚田形成の話など放送されるようです。
是非ご覧ください!!


0719棚田
今日の奥出雲、田園風景。

コメント

非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR