咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

0

‘THE 世界一展’ にたたら製鉄展示!

6月に出張で大阪に行った際、今話題の大阪駅周辺の『グランフロント大阪』に行ってきました。
そこで‘THE 世界一展’をやっているのを横目で見ながら帰って来たのですが、今日取材でお邪魔した方から、
『今世界一展でね、たたらやそろばんの事展示してあるんだよ』と教えて頂きました。

あぁぁぁぁ、もっと早く知っていれば見て帰ったのに~(>_<)と・・・。

この世界一展のコンセプトは、『見せますニッポンの技と人』ということで、伝統からハイテク技術までニッポンが世界に誇るスゴいモノ・人が大集結しているようです!!

そんな中に、たたら製鉄のことと雲州算盤が展示されているようですので、興味のある方は是非行かれてみて下さい。

許可を頂きましたので、下記引用させてもらいます。


たたら製鉄―自然の恵みで鉄をつくる (展示パネルから引用)

古来より続く「鉄」をつくる技術、「たたら製鉄」。森から得られる砂鉄、木炭、 粘土、そして風という自然の素材だけを使う製鉄技術です。その技術は、世界でもっとも古い方法の一つでありながら、現代の技術でも難しい高品質を保ち、日本刀のような最高の刃物から、茶釜などの生活の道具にいたるまで、ものづくりの文化を育み、産業を発展させ、人々の生活を豊かにしてきました。
湿潤な気候のおかげで約30年という短時間でよみがえる森と、その森から得られる素材のみを使うというシステムにより、長きにわたり同じ土地で鉄を作ることを可能にしました。「たたら製鉄」は、日本における「自然との共生」によるものづくりの伝統であり、シンボルともいえる存在です。

展示協力: 奥出雲町 /公益財団法人日本美術刀剣保存協会/角谷征一(茶釜師)/高見良一(刀匠)



KIMG1079.jpg

コメント

非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR