咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

2

奥出雲オーガニックコットンタオル、完成!

毎日雨の続く奥出雲です
農家さん、稲刈りが出来なくて困っておられるそうです。
私も草刈りに行けず、気になる毎日を過ごしております・・・。


さて、やっと皆様に紹介できる日がやってきました


2012年3月、奥出雲でここの文化や風土に根差したオーガニックな食の普及を唱え長年活動しておられる一味同心塾館長・中村成子先生が、奥出雲でオーガニックコットン栽培を思い立ち、横浜に本社のある㈱新藤・藤澤徹社長に相談を持ちかけられたのが始まりでした。
㈱新藤は、ブランド名『天衣無縫』としてオーガニックコットン製品製造・販売を展開するこの業界のパイオニア企業です。経営理念に「社会貢献(上質なオーガニックコットン製品を企画販売することによって地域社会の生活文化の向上と地球環境の保全に貢献する)」、「生産者とのパートナーシップ(生産現場の方々との結びつきを大切にします)」(一部抜粋)を掲げている同社は、現在、海外での生産に頼っているオーガニックコットンの国内生産を模索していました。
強い意志を持ってオーガニックな暮らしを提唱する中村先生・藤澤社長の想いはすぐに一致、そして同じく奥出雲で熱い想いをもってオーガニックな生き方を実践しようと試みる様々な立場のメンバーが集い、同年6月奥出雲に綿花畑ができ、ここに「奥出雲オーガニックコットンプロジェクト」が始まりました。
初年度は、実験的な位置づけの栽培でしたが、中心メンバーの熱心な手入れにより45㎏ものコットンを収穫することができました。藤澤社長は、初年度収穫分が5%入ったオーガニックコットンの糸を作り、その糸を使ったタオルの製品化を決め、翌2013年8月、本生産を開始。「奥出雲オーガニックコットン」というタグのついたタオルが完成したのです。


私は昨年秋に声を掛けてもらい、プロジェクトの意味も分からず興味があり綿を採りに行ったのが最初で、その後今年の5月に種まきにもお邪魔し、このプロジェクトの意味を知り、私にもできることがあればと思い参加させて頂きました!!

OOCP種まき作業風景②(20130520)
今年5月の種まき風景


では、‘オーガニックな生き方とは?!’という疑問が湧いてくると思いますが、このプロジェクトではこのように位置づけられています。
『100年後の未来、次世代を意識した‘つながる’生き方。ひとりひとりが、ひとつひとつ、ゆっくりとであっても自然と共生した持続可能な産業づくり、暮らしを奥出雲から始めることを目指し、このプロジェクトの活動を通じてこのような生き方を知って頂き、賛同、そして協同へとつなげていくきっかけにしたいと思っています。』


私自身、賛同はしているものの実際自分がこのような生き方ができているかというとそうでもありません。
でも、まず知ること・参加してみることに意義があるような気がして、程遠い生き方をしているとは思いますが、素敵な皆様と楽しく活動させてもらっています。
こんな私が、早起きして草刈りに出掛けたりしているのですから・・・(笑)

そして天衣無縫さんのオーガニックコットンタオルを使うようになり、肌触りの良さにもう手放せなくなりました♪
まだまだ奥出雲のコットンの栽培量(=収穫量)は少ないですが、それでも国産の‘奥出雲’とついたタオルが出来上がった事、感動しています


まずは「奥出雲オーガニックコットンタオル」、9月17日(火)~19日(木)まで、下阿井にある一味同心塾において展示会が行われ、いよいよ販売できることとなりました。

松葉屋で販売も決まりましたので、是非皆様お手に取ってその肌触りを実感して頂き、このプロジェクトに賛同・協同して頂けたらと思っています。

オーガニックコットンタオル

『奥出雲オーガニックコットンタオル』
 *ミニタオル
 *ウオッシュタオル
 *フェイスタオル
 *バスタオル
 *おくるみ
(オレンジ・グリーン・ブルーの3色)

コメント

goodですね!

あることをきっかけに、2014年発行「女子百花」を拝読し、驚きました! こんなに良いものが近くにあることを知らず驚きの発見です。この春からUIターンで奥出雲町民なので、今後お店に行かせていただく機会増える思います。どうぞよろしくお願いします!

Re: goodですね!

>ママ様

初めまして!コメント頂きありがとうございます。
ちょっとここのところブログに向かえていなくて、お返事遅くなりました。
もう奥出雲にいらっしゃっていますか?!
最近私は松葉屋の方で仕事をほとんどしていなくて別の事務所におります。
いつかお目にかかれる日を楽しみにしています!!
非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR