咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

0

夏祭り

ここ数日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?!
夏祭りの季節ですね~
私の実家、横田・大市も先日19・20日愛宕祭りと恵比寿祭りでした。

今年はお隣のKさん宅が『当屋(とうや)』でした。
皆さんは『当屋』ってご存知ですか?!
当屋とは、自分の地域の氏神をまつる神社の祭礼にあたり、神事や行事の主宰者となる家で、その家にお祭りの期間神様がおいでになるのです。
ですので、当屋が自分の家の番になると皆さん数カ月前から家を直したり掃除したり、神様を迎える準備をします。
当屋を受けることはとても名誉なことなのですが、その準備はとても大変で、最近は一つの地区の軒数が減ってきているので何十年に1回回ってくる当屋が最近は意外と速い段階で回ってきていると聞き、こういったところでも田舎の問題点を感じたりしています。

私も本当に最近までこういったことの重要性など意識していませんでしたので、お祭りや当屋の意味などもう一度地域にいる若い人たちが把握し、繋げて行きたいなぁと思う今日この頃です。なので私も今後は積極的に関わっていきたいと思っています。


今年のお祭りはこんな感じでした~
恵比寿祭り5

恵比寿祭り6 (1)
恵比寿祭りの意味をこれで知ることができました!!


ここから恒例「一式飾りです」
常会毎に趣向を凝らし、展示されています。因みに大市は10常会ありますので、10の飾り物が見れます。
恵比寿祭り2 (1)

こちら、我らが大市下組常会の算盤による一式飾りです
恵比寿祭り3

去年奥出雲に出来た「恋吊り橋」をされた常会さん。
恵比寿祭り2 (2)

話題となった「ベタ踏み坂」を作られたことろもありました!
恵比寿祭り6 (2)


20日の夜は小学校の校庭で賑わいもありました。
子どもたちの楽しそうな姿は、やっぱりいいですね
お祭り準備に携わる方達は本当に大変ですが、ずっと続いて欲しいとおもいます!!

コメント

非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR