咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

0

奥出雲たたら製鉄及び棚田のと文化的景観~追谷地区・綿打公園~

寒~~~い1日でしたが、夕方とっても良いお天気になったので、前から行きたかった追谷地区の“綿打公園”に行って来ました!!




追谷たたら1

ジャーン、こちらです

たたら製鉄がもたらした棚田の文化的景観。
山を削って、砂鉄を採って、削った後を田んぼにし自然と共存してきたこの地域の先人達。
お邪魔した時この田んぼの主の方々に会いましたが、皆さん5月の田植えに向けて農作業をしておられました。
ずっとこうやって代々守られてきた姿は、派手さや観光資源では全く無いですが、ずっと残して行きたい日本の原風景です。


昨年秋、お客様をご案内したのはこちら福頼地区です。
福頼地区
こちらもいいですよね~
福頼地区はまだ整備されていないので、誰でも見に行くことは出来ません。
まず棚田の文化的景観をご覧になりたい方は、綿打公園がオススメです!!!


では、追谷地区“綿打公園”の行き方です。
横田の駅前から県道107号線→108号線を船通山方面に向かって10分くらい車を走らせると、右手に“ト蔵橋”が見えますので、ここを右折して越えてください。
ト蔵橋
こちらが、新しくなった“ト蔵橋”


この橋を越え、真っ直ぐ約300mくらい行くと、看板が左手に見えてきます。

それがこちら
綿打公園看板

この看板の横の道路に車を停めて、歩いて上がって下さい。この先Uターンできるところありませんので・・・。


5月のGW頃が田植え時期になります。
水が張られ、苗が植わった頃や青々と茂った頃、そして稲穂が黄金色に色づく頃、雪景色、その時々で映し出される風景が違いますので、それぞれの景色を楽しんで下さいね。

私も今年は良い時期を狙って訪れたいと思います




コメント

非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR