咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

0

奥出雲の未来を語る

夏が終わりましたね!
9月に入り、稲穂もずいぶん色づき秋の気配を感じるようになりました。
ご無沙汰していますが、皆様お元気ですか?!

さて、今日はこんな話題を!
皆さんご存知の通り、「地方創生」のもと各都道府県・市町村単位で「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定していますよね!
でも具体的にどんな取り組みを行っているか、知っている人は少ないのではないでしょうか?!

私もその一人。私自身今まで特に行政がやっている事に、関心が無いわけではなかったですが、意味が分からなかったというのが本音。
地元を想う気持ちは誰でもが持っていることで、私は私のやり方で・・・と思い、特に行政がやっていることにあまり期待もしていなければ、そう関心もなかったです。

5月に仲良しの役場職員の女性から、咲子さん、是非参加して下さい!と誘われたのが、『奥出雲・若もん未来会議』。
企画振興課の取り組みですが、新たなまちづくりの可能性を探るべく始まった会議。6月から21名で自分達の取り組みたいテーマに別れ、チームを作りそのチームで実行可能を探り本気で取り組むアイディアをまとめていくというもの。
現在4チーム(雇用創出・高校魅力化・子育て・町の魅力)で会議を重ねています。

私は、「町の魅力」及び「教育」に関係するチームに所属し、公式会議は4回ですが、それ以外にもメンバー4人で集まり、議論を重ねています。

そしていよいよ、その4チームがそれぞれ考えて、実行したいアイディアを9月13日(日)に発表します!!!

100人会議

まず、「町の現状と将来、まちひとしごと総合戦略の中間報告」が行われ、その後「横田高校生からの発表」そして「若もん未来会議からの発表」と続きます!!

休憩を挟んで、ワールドカフェでみんなで思いを共有、みんなが必ず何か発言して、話し合いを発展させていくというものです。
このワールドカフェのファシリテーターは、私も何度かお世話になっている「田坂逸朗さん」。
(田坂さんのファシリテーターっぷりは凄いですので、是非体感してください☆)

この会議に参加してみて、ホント思った以上に大変でした。
でも、この町が大好きで、何かの役に立ちたいと思っている人が多くて、ビックリしました。
40歳を超え、自分が「若者の部類」ではなくなったなぁと思っている今日この頃ですが、20・30代の若者と接したり、みんなと議論し合えるのは、本当に幸せなことだなぁと感じています。

この会議の進行役、山元さんから私たちのチームに対して教えてもらった本。
『シビックプライド』
FullSizeRender (12)
シビックプライドとは直訳すれば、“市民の誇り”な感じですよね。
でも日本の郷土愛とはちょっと違って、この中に書いてあったのは「自分はこのまちを構成する一員でここをより良い場所にするために関わっているという意識を伴い、当事者意識に基づく自負心と言える」という概念だそうです。

奥出雲に帰ってきて16年、最初は「みんなこの町の人は何も無いつまらない町だと言っている、だからここの価値を掘り起こし発信していこう!」と色々やってきましたが、今はまさにこの『シビックプライド』を持った人達がたくさん増えたなぁという印象です!

そして、こちら↓↓
https://newspicks.com/news/1136267
(※登録しないと読めませんが、興味ある方は是非どうぞ☆)

私も色んな出逢いをさせてもらっていますが、最近博報堂の深谷信介さんと知り合い今色々お世話になっています。
このように書いてありました。
「実際にUIターンで地元に戻ったり、移り住んだりしてきた人たちと、行政が密にコミュニケーションをとることも大切です。直接、会話を繰り返す中で、彼らの次に続く人たちを増やしていく道筋が見えてくるはずだと思います。」

まさにこの若もん会議はそれだなと。
行政批判は多々聞きますが(私もその一人ですが)、最近行政の方々と関わって思うことは、本当に頑張っておられる方もたくさんいるということ。そして自分の気持ちとは裏腹に、こうしかできない悩みを抱えておられるということ。
目に見えて気が付かなくても、今まで頑張ってくれた人達のお陰で、今このようなカタチになって表れているのです。
何かがカタチになっていくには、やはり時間は必要だと最近つくづく・・・。
行政批判をする前に、自分の言動行動を見直したいものです。


この100人未来会議が、「どうせ何も変わらないでしょ」とか「私一人が出たところで」なんて思わないで下さい。
この行動や想いは、必ず次の1歩に繋がります!!

是非皆さん、13日(日)13時~、カルチャープラザ仁多・大ホールで行われる“100人未来会議”、ご参加ください。
特別意見を言わなくったっていい、この場所にいて、感じて、自分がここで暮らす毎日の何かエッセンスを感じて帰っていただければと思っています。
未来を変えるのは、今ここに住む人たちだけです!


奥出雲、ホント凄い町ですよ。
自然や食や歴史や文化はもちろん本当に凄いですが、やっぱり『人』が面白い♪♪

13日、この『面白い人たち』に会いに来て下さい、お待ちしています☆

コメント

非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR