咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

0

一期一会

最近、色々な出逢いをさせてもらっています!

今日は、島根大学の学生さん達が私を訪ねてきてくれました。奥出雲情報が知りたいからと...。
GOTO君と言って2回生の彼は島根の産品を関西で販売したりしている、最近よくメディアにも取り上げられている有名人!学生と地域の人達を結びつけたりしているようです。

Maikoちゃんは昨年島大生が『奥出雲の歩き方』というフリー雑誌の編集に携わり、私を取材にきた彼女。奥出雲で国際交流をした時、参加してくれました。

4回生の○○君(失礼、名前ド忘れ)、来年から奥出雲に住み何やら奥出雲活性化に一役買うとか...。

そんな3名がどうやら何か企んでいるらしく(笑)、私を訪ねて来てくれました! 早速私の知っている奥出雲情報を提供し、その後奥出雲探索に出掛けて行きました。 また一人・二人・三人と奥出雲ファンが増えていく喜び♪
"奥出雲って良いところよ☆"と言ってる甲斐がある、嬉しい瞬間です!

013.JPG

そして夜、また新しい出逢いをさせてもらいました。東京でお仕事をされているTさん。島根に毎月出張で来られるそうです。
島根の食材・料理に魅了され、食べ歩き三昧&食材を買って自分で料理をされているそうで、"仁多米の美味しさに感動した"と、取り寄せて食べておられるそうです。

『東京で島根の認知度ってどうですか?』と伺ったら、『ほとんど知らないね。鳥取・島根・山口の位置関係がよく分からないみたい。』と。 "やっぱり..."

私の周りにいる東京出身や東京に長く住んでおられた方達は皆、『島根って奥出雲って良い所♪』と口を揃えて言って下さいます。そしてTさんも、すっかり島根にはまってしまったとおっしゃってました。

でもTさん、まだ奥出雲へは来た事がないとおっしゃっていたので是非お蕎麦を食べに仁多米おにぎりを食べにお越し下さい、とお誘いしました! 
また一人ファンが増えそうです♪

色々な場所で、場面で思いもよらない方達と出逢わせてもらっている喜び☆
7月の終わりにそんな事を思いながら...、出逢った全ての方に感謝を込めて!




コメント

非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR