咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

2

『純そば 一風庵』

"そんなに美味しいお蕎麦なら、是非食べに行かなければ!"

という事で、早速Tさん奥出雲へお越しになりました。 そしてお連れした先が当店から2・300m離れた所にある『純そば 一風庵』さん♪
ここ奥出雲・横田地域にはお蕎麦屋さんが5軒あります。どこもそれぞれの味でとても美味しいのですが、まずこちらの一風庵さんへ。

004.JPG

一風庵さんの特徴は、お店で出す蕎麦は全て奥出雲産、そして風味や食感を損なわないよう奥出雲で初めて石臼を導入され、その日使う分だけ自家製粉されています。
そしてつなぎを使わない10割そば! 'つゆ'には町内の『森田醤油店』の醤油を使い、野菜や卵等ももちろん地元産。その他厳選素材ばかりのこだわりのお店です!!

案内版.JPG

Tさんは"野の香"といって、この地方でのみ採れる'横田小そば'(幻の在来種だそうです)を使った1日限定15食の貴重な蕎麦を召し上がられました。
Tさん談、"今まで食べた蕎麦のベスト3にはいるな!"と...。

SN3E0025.jpg

私はこちら↓↓

090801_1315~01.jpg

このブログでも紹介したことのある『石田食品』さんの'ゆば'を使った"ゆばそば"です♪
こ~んなにふんだんに入っているのに、お値段なんとたった870円です☆驚きの価格ですよね。
"野の香"も1,080円ととってもリーズナブル。

そしてここで忘れてはいけないのが、写真にも写っていますが"仁多米おにぎり"です! 艶が違います!米粒の弾力が違います!! こちらの仁多米、こだわりのハデ干しを使われています。
ハデ干しのお米、本当に美味しいですから...♪
'サケ'か'昆布'を選べるようになっていて、二人とも昆布にしたのですが、Tさん『塩むすびで良かったな。』と。 仁多米おにぎりは具っていらないのだと、私も思いました。

素材にこだわり、製法にこだわって、人一倍情熱を注いでいらっしゃるのがこちらのご主人↓↓

ご主人.JPG

土日はいつも超満員ですが、平日は比較的ゆっくりなので平日を狙い、ご主人から色々うんちくを聞くのもまた一つの楽しみだと思います!

こちらの看板が目印です♪ 当店と同じ国道314号線沿いにありますので、是非一度訪ねてみて下さいね! 

一風庵看板.JPG

『純そば 一風庵』

住所:奥出雲町下横田89-2
電話:0854‐52‐9870
営業時間:午前11時~午後4時まで
定休日:木曜日
HP:http://ippuuan.web.fc2.com/


コメント

こんばんは、ゆうすけです。美味しそうなお蕎麦ですね。蕎麦好きな自分にはタマラナイ写真です。一度味わいたいです! 場所は、松葉屋さんから見てループ橋寄りにあるのかな? 一つ前のブログで「島根の位置がワカラナイ…」とのコメントがありましたが、確かに東京にいて周りの方々に聞いてみると『どの辺だっけ?』とのコメントばかり。 ちょっと悲しいけど、「そんなもんかな」と切り替えて、どんどん島根の良さ・楽しさを伝えていければなぁと思います! 

>ゆうすけ様
おはようございます!
そうですか、ゆうすけさんはお蕎麦好きなんですね!!それなら絶対奥出雲の蕎麦は外せませんよ☆
いつ来ていただいても美味しいですが、秋には新そば祭り(あじわいロード期間中)というのがありますので、その時も狙い目かもしれません!
島根は全然知名度ありませんが、一度来られた人達ははまります!期待していなかった分良かった♪というのが理由だと思いますが、とにかく宝物いっぱいです!
お互い島根の良さを伝えて行きましょうね☆
非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR