咲子の奥出雲山里だより - 奥出雲讃菓 松葉屋

生まれ育った田舎町をこよなく愛し、一人でも多くの人にここを知ってもらい訪れて欲しいと願いながら和菓子屋の専務として日々奮闘中!家業と地域の発展にどう貢献できるか…ここでどう心豊かに暮らしていくか、そんなこと考えながら日々の暮らしを綴っていきます。

2

奥出雲の自慢

やっと夏らしくなってきた奥出雲です♪ 皆さんこんにちは、最近飲み会続きの内田咲子です(笑)

今日からお盆休みという方もおられるのではないでしょうか?子供達の夏休みも折り返し地点ですね。今日は朝からお店、なんとなくバタバタしたので人が動き始めたなぁと感じました。
これから奥出雲も帰省で帰ってくる人達が増えるので、いつもよりちょっと賑わいます♪ いつもは夫婦二人のお家も楽しみな時だと思います。

さて、先日の飲み会で『そうだぁ、これって奥出雲の自慢だよなぁ☆』という出来事があったので紹介しますね!

奥出雲には9つの小学校と2つの中学校と1つ高校があります。私は横田小学校→横田中学校→横田高校でしたが、2クラス→3クラス→5クラスありましたが、現在は1クラス→2クラス→4クラスと減っています。

でも、子供の数は減っていても、変わらない事が一つ!!
それは『挨拶』です♪

飲み会の席に奥出雲在住者でない方がおられ、『奥出雲に来てビックリした事は、ここ駅前を歩いていたら知らない僕にでも子供達が挨拶してくれるんですよ~♪』と...。『こんな光景が未だにあるのかと嬉しかった。』とおっしゃっていました!

都会では『知らない人に話しかけるな、ついて行くな。』という教育。でもここ奥出雲は『すれ違う人には挨拶をしましょう!』という教育。
もちろん都会には都会の事情、田舎には田舎の事情がありますからどっちが良いとか悪いという訳ではありませんが、やはり挨拶をするというのは何とも気持の良いものです。

実は小中学生だけではなく、高校生も挨拶してくれるんですよ~!!もちろん全員ってことはないですけでね...。
私はほとんど歩く事がなく、車で移動するのであまり遭遇しませんが、それでも子供達に挨拶をされると"えっ、私に?!だよね..."と驚く事があります。そう、私から挨拶をしないで子供達からされているんですよね~。自分から先に挨拶をするという、基本的な事を子供達から教わっています。

私が読んだ本に、挨拶とは

 '挨'・・・心を開いて
 '拶'・・・相手に迫る

と書いてありました。 今の世の中に必要なことですね!

自分から心を開いてくれている子供達。先日の飲み会で奥出雲の子供達を褒めてもらい、とっても嬉しくなりました!! 本当にこれは自慢していいことだよなとしみじみ。
そして子供達だけでなく、奥出雲の誰でもが気持ち良い挨拶をする町になればいいなぁと思いました。
町の活性化って実はこんなところからなのかもしれませんね!

コメント

久しぶりです。また秋に行きますので、よろしくお願いします。さて、この挨拶の件、まさにそうなんですよね。私の毎回の日課、奥出雲散歩のとき、この「おはようございます!」に何回、何十回と癒されたことか・・これは、奥出雲名物っていってもいいかもしれません。確か、町内の看板でも、挨拶をしよう!みたいなことが書いたのがありました。(確か、生協の近くの看板だったような・・・)

>おやじ様
ご無沙汰しております!秋にお越しになるのですね、楽しみにお待ちしております!!
秋はいつ頃でしょうか?もし都合が付けば10月31日~11月15日の間で来て下さい。というのも今年もまた『あじわいロード』をこの期間中にするので、特別メニュー満載ですからこれは外せませんよ☆
『挨拶』、やはりここにもおられましたか…。本当に皆さん町外から来られた方はこの挨拶に癒されるようです!
町に看板あったかもしれません。また見ておきますね。
では、秋にお待ちしておりま~す♪
非公開コメント
My profile

Author : 内田咲子

奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

プロフィール

内田咲子

Author:内田咲子
奥出雲をこよなく愛し、町内外のひとたちにこの地方の良さを伝えていきたいと思っています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR